AQUAVISION HOMEメールマガジン バックナンバー > 第2号 2007年6月22日

第2号 2007年6月22日メールマガジン バックナンバー

第2号 2007年6月22日

 みなさん、こんにちは!
 いつも、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク(R)セミナーやCDをご利用いただき、ありがとうございます。
 メールマガジン『Aquavision Times』第二号をお届けします。今回は第7回ゲートウェイ・ヴォエッジの様子を中心にお伝えします。
 このバックナンバーページにたくさんの写真が載っています。じっくりご覧ください。

                   『Aquavision Times』編集部

■━━[記事内容]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1. 第7回ゲートウェイ・ヴォエッジのご報告
 2. セミナー情報
 3. マス・ミッツィ情報

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

1. 第7回ゲートウェイ・ヴォエッジのご報告

Dsc01375  6月16日、坂本と植田は、第7回ゲートウェイ・ヴォエッジを終え、無事帰国いたしました。いつものことながら、今回も感動の連続だったようです。

 参加者24名に坂本と植田を含めた一行26名は、6月9日に成田を出発し、ワシントンに到着しました。ワシントンからの現地合流組は4名。

 日本からのツアーのチャーターバスが到着すると、いつも笑顔で出迎えてくれたのは、所長のローリー・モンロー。でも、もう彼女はいません。本当にさみしい...。そうなんです。今回は、去年の12月に彼女が亡くなってから初めてのゲートウェイ・ヴォエッジでした。
 ローリーの代わりは、現所長のスキップ・アットウォーター。いつものように、温かく迎え入れてくれました。研究部門トップのダーリーン・ミラーは休暇中で不在でした。残念。

Dsc01389  Dsc01388  Dsc01385

 トレーナーは、日本人ツアーではおなじみの「フランシーン」と「ポール」。フランシーンは、4月に日本で開催されたライフライン・プログラムに参加してくれましたよね。

Dsc01412  Dsc01410 Dsc01402

 また、いつものように、リモートヴューイングの第一人者ジョー・マクモニーグルも、講義に駆けつけてくれました。

Dsc01370  Dsc01416

Dsc01419  Dsc01421

 今回のツアーで坂本と植田は、モンロー研究所のレジデンス(滞在型)プログラムのファシリテーターになるためのトレーニングを兼ねていました。二人はいくつものセッションの説明やデブリーフィングを任されました。二人が、モンロー研でも20名ほどしかいない、公認のファシリテーターになる日は近そうです。頑張ってください。

 6月のモンロー研は、昼間は晴れて最高気温が30度ぐらいの日が多いものの、朝夕は肌寒かったようです。午後には夕立になって、瞬時の停電が起こったことが数回あったようです。

Dsc01374 Dsc01381 Dsc01404

 いつものように、参加者の皆さんは日を追うごとに親しくなっていかれます。今回は女性が16名と多く、終始女性パワーに圧倒されていたとのこと。
今回も豪傑(?)がいました! レイク・ミラノンで泳いだ人がいたのです。ほかの人は、トレーナーのポールと一緒にボート漕ぎ。牧場の牛たちは草を食み...、のどかです。熱い日でした。

Dsc01366 Dsc01360 Dsc01363

恒例のハッピーバースデイ♪――今回はお二人でした。おめでとうございます。ツアー最終日。出発当日の朝食は、ミィツィ(植田)の手作り!

Dsc01458 Dsc01460 Dsc01461

 
■参加者の不思議体験

▼別の星で一緒に生きていたことがわかった人が3名いました。その内の二人は、そのことを別々に思い出しました。しかも、星の名前まで思い出したのです。名前を聞いてびっくり。スペルがそっくりでした。

Dsc01399  Dsc01400

▼午後の休憩時のことです。外の草原を散歩していた6名が鐘の音を聞き、午後のセッションが開始になったのかと思って、ナンシー・ペンセンターに戻りました。すると実際には、まだ鐘は鳴っていなかったのです。そのときは「おかしなこともあるもんだ」と、けげんに思うだけでしたが、実はちょうどそのとき、昼寝をしていて体外離脱した人が、体脱の状態でベランダを移動中、鐘にぶつかりそうになって、そのまま鐘を通過していたらしいのです。
▼坂本の日記から:「たぶん非物質の体で、鐘のエネルギー体?にぶつかり、非物質の音が生じ、それを非物質的に感知したのではないでしょうか。音は実際の物質空間での音ではなかったので、普通には聞こえなかったのでしょう。(Mas)」

Dsc01398  Dsc01396

Dsc01394_2▼ある男性参加者がサイレント・ウォークの際に、歩きながらフォーカス12へ行き、ふと木の枝を見上げたところ、なんと、来年に生えてくるところにちゃんと枝が見えたと言うのです。だから枝を切る際には、その見えない枝を活かすように剪定しなければならないことがわかった、とのこと。

 
■感動のプレ結婚式

Dsc01433  参加者の中に、帰国後に結婚するカップルがいました。そこで、モンロー研でプレ結婚式をすることになったのです。トレーナーのポールは元牧師、フランシーンは現役の牧師です。お任せください。

Dsc01430  Dsc01429

Dsc01425 デービッド・フランシス・ホールに臨時の式場を設け、ポールが牧師役、植田が通訳、フランシーンが新婦のブライドメイド、坂本が新郎のベストマンになりました。

 モンロー研で急遽購入した指輪を交換したあと、新郎が新婦にキス。参加者の拍手喝采を浴びる中、新婦と新郎は互いに相手への手紙を読みあげました。まずは英語で、そして日本語で。そして恒例の、新婦によるブーケトス、新郎によるガータートス。

Dsc01435 Dsc01445

Dsc01453 Dsc01447 Dsc01448

 日本人対象モンロー研ツアーで、プレ結婚式を行なうのは初めてです。
坂本曰く「ツアーのオプションとして考えてもいいかなあ(Mas)」。殺到しますよ!

おめでとうございます。末長く、お幸せに。

 
Dsc01454  モンロー研ツアーは今年で3年目。7期生の誕生です。修了生は157名。11C1倶楽部も大所帯になりました。
 坂本も植田も、参加者のみなさんの感動と喜びの様子を見るたびに、これからも、ツアーを続けていきたいと、心を新たにするようです。
 

2. セミナー情報

■9月15日からの「第8回ゲートウェイ・ヴォエッジ」は、おかげさまで締め切りとなりました。12月1日からの「第9回ゲートウェイ・ヴォエッジ」は、すでに募集を開始していますので、お問い合わせください。

■7月5日からの「時空スペシャル@熱海」に、まだ若干の余裕があるようです。迷っている方はチャンスです。ぜひご参加ください。
▼坂本からのメッセージ。「2012年にかけて地球生命系に一大変化が起こると言われています。実際何が起こり、どう変わるのか、このセミナーでは、2012年以降の世界を見てきます(Mas)」。楽しみですね。

■9月1日からの「死後体験セミナー@熱海」の募集が開始されました。
フォーカス23に囚われている人たちの救出や、亡くなった肉親との再会、ガイドとの交信など、毎回、感動的な体験が続出しています。

■アクアヴィジョン・アカデミー公認ヘミシンク・トレーナーの主催するセミナーが好評です。日本各地で開催中です。受講できるコースは、基礎コース、時空を超える旅コース、フォーカス21探索コース。
ヘミシンクの輪がどんどん広がっています。皆さんもぜひ応援してください。

 詳しくは「セミナー情報」をご覧ください。⇒
 「あたみ百万石」のホームページはこちら。⇒

 
3. マス・ミッツィ情報

001041■坂本政道の近著「マンガ死後世界ガイド」(徳間書店)の販売が好調です。
マンガで表現するという初の試みですが、若い女性にも読者が広がっているようです。

■2007年にんげんクラブ全国大会(船井幸雄オープンワールド2007)「びっくりと本物と感動」で、坂本が講演します。(9月30日、15:00~16:20)。
テーマは「2012年に何が起こるか」--3回目、4回目、5回目のスターラインズで坂本が得た情報をもとに、「死後体験IV」で書かれた内容について話す予定とのこと。貴重な情報です。楽しみですね。
申し込み方法など、詳細が決まりましたら、追ってお知らせします。

001042◆植田睦子の最新刊「マクモニーグルが語るリモート・ヴューイングの世界」(ハート出版)が発売されました。全国の書店、オンライン書店にて好評発売 中です。発売四日目にして増刷が決まりました。すごい売れ行きです。
UICのオフィシャルサイトも合わせてご覧ください⇒

001043 
◆ミッツィ植田 翻訳・解説・ナレーションのDVD「チャクラ、この神秘なる輝き」が絶賛発売中です。大量注文が続いているようです。
お求めは、アクアヴィジョン・アカデミーで⇒

 

◆植田の講演会です。サトルエネルギー学会の第10回「意識科学研究会」で、テーマは「私たちは肉体を超える存在である」。
日時/場所:8月18日(土)13:15~16:30、東京産業貿易会館
お申し込み:「意識科学研究会」事務局 前田 TEL/FAX 0463-76-4086、
      Email:maeda_yutaka@nifty.ne.jp
詳しくはUICのオフィシャルサイトに⇒

 
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最後までご覧いただきありがとうございました。
 ゲートウェイ・ヴォエッジでは、毎回新しい思い出や奇跡(?)が積み重ねられていきますね。プレ結婚式のお話には感動しました。
 それでは、次号をお楽しみに。
                           編集担当:NH

──[お問合せ]───────────────────────
 TEL:0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
 Email:reg@aqu-aca.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copy right 2007 by Aquavision Academy. All Rights Reserved.
 無断での引用、転載を禁じます。

カテゴリ: