AQUAVISION HOMEメールマガジン バックナンバー > 第10号 2007年12月18日

第10号 2007年12月18日メールマガジン バックナンバー

第10号 2007年12月18日

 みなさん、こんにちは!
 いつも、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク(R)セミナーやCDをご利用いただき、ありがとうございます。
 メールマガジン『Aquavision Times』第10号をお届けします。
 今号では、第9回「ゲートウェイ・ヴォエッジ」(12月1日~8日)のご報告を中心にお届けします。
                   『Aquavision Times』編集部

■━━[記事内容]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1. 第9回「ゲートウェイ・ヴォエッジ」のご報告
 2. モンローの1作目「体外への旅」の邦訳が遂に出版!
 3. セミナー情報
 4. 商品情報
 5. マス・ミッツィ情報
 6. トレーナー情報
 7. その他のお知らせ

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

1. 第9回「ゲートウェイ・ヴォエッジ」のご報告

 12月1日~8日、第9回「ゲートウェイ・ヴォエッジ」が開催されました。参加者24名に坂本・植田の一行は、8日(土曜日)無事成田に戻ってきました。
Gv0903 ヴァージニアのモンロー研究所は雪のちらつく日が多く、東京に比べてかなり寒い日が続いたようです。思い出すのは、2年前の第3回ゲートウェイ・ヴォエッジです。そのときも12月でした。大雪が降ったうえに、帰国に前日に停電になったのです。寒い中で帰り支度をするのは大変でした。3期生の皆さんには、今思えばいい思い出になっているようです。その時に比べると、今回は大した問題はありませんでした。

Gv0901 Gv0902

Gv0904■さて今回も、さまざまな体験や感動があったようです。そして、いつものように、皆さんとても仲良くなられました。仲良くなればなるほど、グループパワーは高まります。

Gv0905 Aさんは、母と、1年3ヶ月前に亡くなった娘と再会されました。「大丈夫、安心して」と言われたそうです。「会えて本当に良かった。ありがとう」。
 Bさんは、35年前に亡くなった父と、20年前に亡くなった母に再会できたそうです。「長い間、会えなかった」と愚痴ると、「いつもそばにいて見守っているのに、あなたがせっかちなので、見えないし聞こえなかったのよ」と言われたとのこと。
 他にも、亡くなった家族との再会を果たした方が何名かいたようです。

Gv0906 Cさんは、参加者一人ひとりに対して何らかのメッセージを伝えるという役割が、熱海でのセミナーの最中に開花した方です。今回は、その能力にますます磨きがかかりました。モンローがセッションのたびに部屋に来てくれて、いろいろ話しができたそうです。「人類には時間がない、アセンションの動きは2008年に始まる」、「あなたには人類の意識向上のための役割がある」...。

Gv0907  面白かったのは、フォーカス27のユーモアセンター(?)とのつながりが強化された人が若干1名いたことです。寒いおやじギャグを連発され、少々困り果てた参加者も、一部にいたようそうです。本人曰く、「寒いおやじギャグですが、ほとんど覚えていないんですよね。誰か速記録をとる人募集します!!」。知らないうちに癖になって、聞けなくなるのが寂しいと思うようになるかも...。

Gv0912

Gv0913 その他、いくつかの体験をピックアップします。
・ルームメートといっしょに、ロバート・モンロー、エドガー・ケイシーと、アカシックレコードを読みに行きました。
・無条件の愛を体験し、シャワーで涙がとまりませんでした。
Gv0914・これからの生き方、自分の使命についてガイドからメッセージをもらいました。
・自分は肉体を超える存在であることを知りました。
・フォーカス15の癒しの感覚を体感しました。
・無限大に大きく、最小限に小さい自己を体験できました。
・さまざまな個性豊かな参加者の方たちとじっくり話しができて、とても感謝しています。

Gv0915_4 

Gv0911_2

■うれしい報告があります。坂本と植田が、モンロー研究所の正式な「レジデンシャル・トレーナー」の資格試験に合格しました。
 今年の3回のゲートウェイ・ヴォエッジはそのためのトレーニングでもあり、それを無事終了することができたのです。
 おめでとうございます!
Gv0910 来年のゲートウェイ・ヴォエッジからは、坂本と植田の二人がトレーナーとして開催することになります。ただ、モンロー研で行なうので、何かあった場合のことを考えて、アメリカ人トレーナー1名にもいてもらうことになるようです。

▼坂本からのメッセージ:
「レジデンシャル・トレーナーになれたのは、フランシーンというすばらしいメンターのおかげです。フランシーンにおめでとうと言われたときに、『All because of your training』と答えました。」

Gv0909注)これは、熱心な映画スターウォーズ・ファン(?)である坂本ならではのセリフです。同じようなシテュエーションでアナキンがオービワンに言った言葉だそうです。

Gv0908 ▼植田からのメッセージ:
「レジデンシャル・トレーナーになれました。身が引き締まる思いです。でも、なかなか痩せないです(笑)。これからも、みんなのために、頑張るからね~♪」

Gv0916

 

2. モンローの1作目「体外への旅」の邦訳が遂に出版!

Jouraneys_obe89295576■絶版になっていたモンローの「体外への旅」が、ハート出版から、全訳版として出版されました。

     Journeys Out of the Body
    ロバート・モンロー「体外への旅」
   未知世界への探訪はこうして始まった!

  ヘミシンクの発案者ロバート・モンローが
  体外離脱について著した古典的名著の初の全訳

 ロバート・モンロー 著  坂本政道 監訳  川上友子 訳
 2007.12.22 発行  384頁・定価:2100円(本体2000円)

▼坂本からのメッセージ:(「監訳者まえがき」より)
「私は1989年の年末にこの原書に出会った。当時カリフォルニア州のシリコンバレーでエンジニアとして働いていて、臨死体験への興味からたまたま本屋で手にしたのだ。私はこの本に大きな感銘を受けた。この本を読んだことがきっかけとなり、実際に自分でも体外離脱を体験するようになった。......18年後にこの本の監訳者としてまえがきを書いているなどとは想像だにしなかった。実に感慨深いものがある。......彼が切り開いた道は今、彼が本書の最初の部分で夢描いたように、モンロー研の人たちやモンローのフォロワーらによって着実に広がり、さらに先へと大きく伸びてきている。この道は人類の意識の変革につながる道である。」
 

3. セミナー情報

■2008年のモンロー研関係のプログラムは、すべて募集を開始しました!

【モンロー研でのプログラム】
 第10回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 4/12~ ☆募集締め切り
 第11回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 9/13~ ★募集中
 第12回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 12/6~ ★募集中
 第1回 スターラインズ 6/14~      ★募集中

【日本で受けられるモンロー研のプログラム】
 第4回ライフライン 5/17~        ☆募集締め切り
 第5回ライフライン 10/11~       ★募集中
 第3回エクスプロレーション27 10/17~  ★募集中
 第2回スターラインズ 11/15~      ★募集中

※4月のゲートウェイ・ヴォエッジ、5月のライフラインは満員のため、募集を締め切りました。ありがとうございました。
 

■以下2つのセミナーも募集を開始しています。

 死後体験セミナー@熱海 1月30日(水)-2月3日(日)
 ガイドとの邂逅@熱海  3月1日(土)~3月4日(火)
 

■リニューアル! 「フォーカス15探索コース」

 2008年2月以降、これまでの「時空を超える旅コース」が「フォーカス15探索コース」と名前を変え、新たなプログラムに生まれ変わります。
 フォーカス15は「無時間の状態」と言われ、時間の束縛から自由になり、過去(特に自分の過去世)を見たり追体験したりできます。また未来の可能性を探索できます。また「あらゆるポテンシャル(潜在性)を秘めたところ」とも言われ、自分の将来をガイドたちといっしょに設定することも可能です。

 新しい「フォーカス15探索コース」では、自分の過去世を見るだけでなく、創造エネルギーの源にアクセスし、人生における「願いを具現化」させたり、坂本の本にもある「2012年の未来探索」に出かけることを試みます。
 ただいま準備中です。皆さん、お楽しみに。
 

■2008年から1日コースのセミナー開催回数が増えます!

 2008年からは、坂本・植田に加えて、アクアヴィジョン・アカデミー公認トレーナー2人のペアで、1日コースのセミナーを開催する日が設けられることになりました。
 これにより、上野ヘミシンク・センターでのセミナー回数が大幅に増えました。ホームページにてご確認ください。
 

4. 商品情報

■全品 約20%の値下げ!

 号外でもお知らせしましたが、アクアヴィジョン・アカデミーでは、全商品を約20%値下げいたしました。
 メタミュージックやシングルタイトルCDは、一枚3,000円から2,500円に、ゲートウェイ・エクスペリエンスは、一巻15,000円から12,000円に変更されました。二巻セットは20,000円、六巻では60,000円です。
 ゴーイング・ホームも12,000円に、オープニング・ザ・ハートは7,000円。
 ますます、お求めやすくなりました。 これを機会に、ぜひご利用ください。
 

■2007年ニューリリースのメタミュージックの発売を開始しています。
 価格はいずれも2,500円(税込み・送料別)。

Pearl_moon 【チャクラ・ジャーニー】
  チャクラの活性、浄化と調整。(59分)
【コンバージェンス】
  心と魂の珠玉のエッセンスの扉を開く。(55分)
【ディープ・タイム・ドリーミング】
  未知なるスピリチュアル世界の探索。(73分)
【エマージェンス】
  新鮮なアイデア、直感やひらめき。(70分)
【パールムーン】
  潜在的な知覚能力の強化。(67分)
【ザ・リターン】
  ワンネスの中のやすらぎと平和の発見。(46分)
 

■こちらも絶賛発売中!

Heart1_2 【オープニング・ザ・ハート】(日本語版、4CDセット)
 ハートチャクラを開き、愛情体験をより豊かなものにするためのCDセット
 価格8,000円(税込み、送料別)

Lucid1_3【明晰夢シリーズ】(日本語版、DVD 4エクササイズ)
 明晰夢を見るための練習用DVD
 (明晰夢とは夢の中で目覚め、その状態で夢を見続けること)
 価格8,000円(税込み、送料別)

【チャクラ、この神秘なる輝き】~覚醒へのレインボウ・ブリッジ~
Chakra_4 ミッツィ植田 翻訳・解説・ナレーションのDVD(ヘミシンク音なし)
 価格8,000円(税込み、送料別)  発売元:UIC
 モンロー研のゲートウェイ・ヴォエッジ(日本人向け)でも上映するセッションがあります。

アクアヴィジョン・アカデミーのホームページ「商品のご注文」でどうぞ!
 

5. マス・ミッツィ情報

Shigo4「死後体験IV」(ハート出版)が売れています。

 「臨死体験を超える死後体験IV 2012人類大転換」。この本を読んだ影響で、アクアヴィジョンのセミナーに参加される方が増えています。まだ読んでいない方は是非どうぞ。
 「2年半ぶりの待望の続編!!」。2012年は何を意味するのか? ピラミッドは宇宙からの暗号か? ケンタウルスやシリウス、プレアデスなどと人類の深い関係 人間の卒業は何を意味する...衝撃の内容ばかりです。
 

■坂本の特別セッション「基礎コース」が行われました。

 12月11日(火曜日)、坂本の高校の同窓で、作家の山川健一さんと、彼の出版関係の知人、ロックバンド関係者など8名を対象に、上野ヘミシンク・センターで、特別セッションの「基礎コース」が行われました。
 さまざまな方法で瞑想などの経験をしてきた人が多かったためか、狭義あるいは広義の体脱をした人が続出しました。坂本もこれには驚いたようです。
 また、参加者の方々は、ヘミシンクを使うことによって、今まで体験してきた深い瞑想状態に、非常に簡単に入れるのに驚いた人が多かったようです。
 

■植田の船井ビジョンクリエイツ主催「第1回 五感養成セミナー」は、大盛況だったようです。

 2007年12月9日(日)、ビュロー品川にて、定員60名で行われました。
 すでに「次回も講師に」とのオファーが来ているようです。
 詳しくは、船井ビジョンクリエイツで⇒
 

6. トレーナー情報

 各地で活躍中の「アクアヴィジョン・アカデミー公認へミシンク(R)・トレーナー」です。これからは、上野ヘミシンク・センターにもペアで登場されます。よろしくお願いします。
※トレーナー紹介ページを設けました。ご覧ください。

■今井泰一郎(Tai)
 TAIスピリチュアル・トレーニングセンター(TST)@阿蘇

■小島ゆかり(momo)
 スタジオ・カーラ(KARA)@大阪

■大野光弘(mitsu)
 アンジェラ(angella)@静岡

■高柳美伸(Mie)
 なごみ@東京

■芝根秀和(Hide)
 境界を越えて◇トランスパーソナル研究室@東京

■加藤善康(Yoshiyasu)
 函館フォーカス49@函館

■藤由達蔵(Tatsuzo)
 マタス(gonmatus)
  

7. その他のお知らせ

■11C1倶楽部新年会のお知らせ。

 すでに、メンバーの方には案内が届きましたね?
 11C1倶楽部の新年会は、来年の1月26日(土)に東京・銀座で行われます。幹事は、3期生の皆さんです。お楽しみに!

▼幹事からのメッセージ:「1次会はハワイアンダインング、2次会はチャイニーズ。食べ過ぎ飲み過ぎには気をつけましょう! GV参加期を越えて楽しく語り合ってくださいね♪」

 モンロー研ツアー友の会「11C1倶楽部」は、アクアヴィジョン・アカデミーが主催するツアーでモンロー研究所のプログラムに参加したことのある方々のための、親睦と情報交換の場です。12月1日からのゲートウェイ・ヴォエッジで9期生が誕生し、200名を超える大所帯になりました。各期の皆さんは、メーリングリストやミクシィなどを利用して、それぞれ活動されています。
 年に一度のお祭り(?)があります。「11C1倶楽部新年会」――次回で3回目です。北は北海道から南は沖縄まで、全員参加の交流会です。
 

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最後までご覧いただきありがとうございました。
 ゲートウェイ・ヴィエッジは、もう9回目になるんですね。あっという間です。11C1倶楽部も200人を超えています。新年会も楽しみですね。
 たぶん、今年最後の号になると思います。ご愛読ありがとうございます。来年もよろしくおねがいします。
 次号は、新年号として、坂本と植田から、特別メッセージを寄稿していただく予定です。お楽しみに。では、お体に気をつけて。よいお年を!
                           編集担当:NH

──[お問合せ]───────────────────────
 TEL:0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
 Email:reg@aqu-aca.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copy right 2007 by Aquavision Academy. All Rights Reserved.
 無断での引用、転載を禁じます。

カテゴリ: