AQUAVISION HOMEメールマガジン バックナンバー > 第27号 2009年7月10日

第27号 2009年7月10日メールマガジン バックナンバー

第27号 2009年7月10日

 みなさん、こんにちは!
いつも、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク(R)セミナーやCDをご利用いただき、ありがとうございます。
メールマガジン『Aquavision Times』第27号をお届けします。今号は、第1回:トータルセルフへの帰還セミナー(6月13日~17日)をご報告します。藤由(Tatsuzo)さんのレポートです。
『Aquavision Times』編集部

◆━━[今号の内容]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1. 第1回:トータルセルフへの帰還セミナーのご報告(藤由;Tatsuzo)
2. ヘミシンク完全ガイドブックWave Iディスカバリー(発見)発売開始!
3. 坂本の新刊「バシャール×坂本政道」発売中!
4. セミナー・スケジュール
5. 夏期休暇のお知らせ
6. ヘミシンクCDの複製禁止に関するご注意
7. ショップからのご案内

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1. 第1回:トータルセルフへの帰還セミナーのご報告(藤由;Tatsuzo)
 

 去る6月13日~17日、4泊5日の日程で「トータルセルフへの帰還セミナー」が行われました。今回のレポートはTatsuzo(藤由)がお届けします。
参加者は女性8名、男性6名の計14名で、スタッフはトレーナーがMas(坂本)とTai(今井)、アシスタントはTatsuzo(藤由)というメンバーでした。

Img_3257 このセミナーの主な目的は「各フォーカス・レベルの特徴を生かして、トータルセルフとつながるためのさまざまな方法を学ぶ」ことでした。
初日は、「トータルセルフとは何か?」と言うMasのレクチャーからはじまりました。トータルセルフは色々な呼び方もされていますが、自分の別の側面であり、何千何百という別人格の集合として存在していると言われています。ロバート・モンローはI/There(向こうの私)と言いました。時間の概念を超えているので、同時並行的に存在していたり、過去世と感じられたり、ダリル・アンカにとってのバシャールのように、未来の自分として把握されることもあるようです。
トータルセルフ(I/There)は特定のフォーカス・レベルに存在するわけではないので、あらゆるフォーカス・レベルからアクセスできます。また、アクセスの方法にもさまざまなものがあります。この4泊5日のセミナーで私たちは、いくつかの方法を学びました。
今回のプログラムは当初企画した内容から変更がありました。変更はセミナーの開催直前まで続き、さらにセミナー開催中にも起こりました。変更のたびに、素晴らしい内容に変わっていったようです。このことを、Masは次のように説明していました。
「いざ本番となると、セッションの途中で、ガイドからの指示だと思うんですが、どんどん新しいアイディアが降って湧いてきて、セッションを差し替えなければならない、と思うようになったのです。どうも相当な人数のガイドが上からサポートしてくれているようです。決して会場にいる私たちだけでこのプログラムをやっているわけではなさそうです。非物質界からのサポートもすごいようなのです。」

Img_3275 セッションはさまざまな方法で進められました。自分の別の側面を救出するレトリーバルをI/Thereへの帰還という視点からとらえなおす、というセッションもありました。また、フォーカス27に参加者が集まれる宮殿のような神殿のようなところがあるので、そこへアクセスしてみよう、というセッションが追加されました。皆さんそれぞれ把握することができたようです。名称をどうしようかということになり、次のセッションが終わったときに「アクアパレス」と命名されました。
バシャールとの交信を試みるというセッションを2回行いました。Masからダリル・アンカを通してバシャールと対談したときの様子を聞き、YouTubeに載っているバシャールのワークショップ映像を見たあと、セッションを行いました。結果は、3分の2くらいの方が交信に成功したようです。バシャールと交信することの意味を受け取ったり、バシャールとの交信とI/Thereとの交信とはどういう関係になっているのかについてメッセージを受けた方もいました。どうやら、誰もがバシャールとつながることができるようです。
トータルセルフにアクセスするには「努力が必要だ」とか「難しい」とか思わないで。実は「簡単なんです」。簡単にできるはずなのに、それを妨げる信念を持っているのでできないだけなのです。
「今後皆さんは、今回学んだ簡単な方法を使ってどんどんアクセスしてみてください。日常生活でのヒントやメッセージがいたるところからやってきます。大切なことはそれに自分が気づくことです。気づけば向こうも喜びます。」(Mas)

Img_3265 私(Tatsuzo)は、いつもモンロー研究所やアクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーには、何の先入観も持たず、ただワクワクしながら参加します。過度に期待したり、どうなのだろうかと先入観をもってしまうと新鮮な体験ができないのではないか、と個人的に思っているためです。
今回はアシスタントとして参加させていただきましたが、セッション中はしっかりとヘミシンクを聴きました。私もトレーナーのはしくれですからメモを取ります。結構、色々と仕事に関するメッセージを得られました。
それから、今後自宅でI/Thereにアクセスするときには、「ザ・ビジット」や「モーメント・オブ・レバレーション」といった市販のCDを使っても可能だとのこと。私もこれから試してみたいと思います。もっともっとI/Thereにアクセスしていきたいです。

 ある晩、夕食中に激しい雷雨に見舞われ、窓から見える伊豆の街がひと時真っ暗になるというハプニングもありました。ホテル内も停電で真っ暗に。そういったことも含めて、ライブ感のあるセミナーでした。皆さん無事にセミナーを終えられたので一安心でした。
交信とは共鳴することであり、共鳴するためにはメンタルツールを使ったり、音を使ったりする。色々なやり方で共鳴状態をつくることができ、I/Thereとの共鳴状態が作れれば、いつでもI/Thereにアクセスすることはできる、そんなことを学んだような気がしています。セッションも休憩時間や夜の自由時間のおしゃべりなど、楽しい時間をすごすことができました。
いや~、アクアのセミナーってとっても素敵ですね。
ありがとうございました。(tatsuzo)

Img_3307

<体験談抜粋>
・銀河の果てにブドウの房のようなものが見え、想像を超えていたので、自分の知覚の範囲を超える体験だと確信できました。これが一番の成果でした。
・レトリーバルは初体験で、そこそこ救出できたのがとてもよかったです。難しいと思わずに、「簡単です」(by Tatsuzo)と軽々と言い切ってしまうことも学びました。
・「いつでもどこでもI/There」というHideさんの言葉が印象に残っています。
・ガイドと親しむことができました。 ・とても有意義で、楽しかったです。
・こんなに簡単にI/Thereに行けるのかと驚きました。上のフォーカスを知ると、それまでに経験していた下のフォーカスをより理解できることがわかりました。
・参加させてくれた旦那様に感謝します。
・セミナーにはいくつも参加しているので、もう新しいものはないだろうと思って来たのですが、またまた新たな発見をしました。
・見ているのに見ていない自分に気づいたし、日常生活でも自分で壁を作っているということに気付きました。
・最初はバシャールに興味はなかったが、ものすごく楽しかった。

▼今井(Tai)からのメッセージ
「タイです。今回はよい意味で、ドキドキのライブ感を楽しませて頂くことができました。初めて挑戦することや、その場で変更されることが多かったにもかかわらず、皆様の暖かいご協力と非物質界からのエネルギーに支えられ、本当にみんなで最高な"ライヴセッション"を行うことができた感じです。まさに、セミナーは生き物ですね。皆様、本当にありがとうございました。」

▼坂本(Mas)からのメッセージ
「今回のセミナーは、ガイドからのサポートを強く感じることがたくさんありました。いつもならすべてのプログラムは事前に仕込んでおくのですが、今回はその場で変更が入ったり、差し替えたりといったことが頻発しました。急きょナレーションを入れ替えたため、タイさんがマイクでライブのアナウンスを行うといったこともありました。さて、今回のセミナーではトータルセルフ(I/There)へのアクセスをいくつもの違った方法で行いました。驚くべきというか、当然というか、ほとんどの参加者の方がI/Thereへアクセスすることができていました。セミナーの最後には、バシャールに2つの異なる仕方でアクセスしました。これも多くの人がアクセスできていました。バシャールは皆さんが思っているよりも身近な存在なのですね。
新たに作ったアクアパレスは、気に入っていただけたようです。これは、トータルセルフへの帰還セミナーとトータルセルフ体験2日コースで、みなが集まるための場として造られました。F27にいるギリシャ神殿建築のプロのヘルパーが作ったようです。青い海(または湖)が一望できる、高台にある、白亜の建物で、青い空にとてもよく映えます。大理石の柱が多用されていて、中に入ると、丸いプールがあるようです。その中央には水晶が立っています。このあたり一帯は、水(アクア)を使ったヒーリングの場になっているようです。みなさんも、ぜひ、探索してみてください。」

 

2. ヘミシンク完全ガイドブック Wave I ディスカバリー(発見)発売開始!
 

Guidewave_1 このガイドブックは、家庭学習用プログラム「ゲートウェイ・エクスペリエンス」の1巻目(Wave I)を自宅で独学する人のために制作されました。
アクアヴィジョン・アカデミーのセミナー・ノウハウをもとに編集され、実際にセミナーを受講するのと同じようなスタイルで学習できるように構成されています。エクササイズごとの詳しい説明のほかに、ポイント、留意点、テクニック、コツ、心構えなども盛り込まれ、「ヘミシンク入門」よりもさらに詳しい内容になっています。独習者必携の一冊です。
◆監修者および著者のメッセージとサインが入っています。

 坂本政道 監修  芝根秀和 著
出版社:ハート出版  価格:2,625円(税込)  発売日:2009/6/11
※ Wave IからVIまで、順次発売していく予定です。

 ◆ご購入はこちら⇒
 

Wave_1_set ■ゲートウェイ・エクスペリエンス「Wave I ディスカバリー(発見)」と「ヘミシンク完全ガイドブックWave I」をセットでお買い求めいただくと、別々に買うより625円お得になります。
価格14,000円(税込)(CD:11,375円、本:2,625円)
 
◆ご購入はこちら⇒

 

3 坂本の新刊「バシャール×坂本政道」発売開始!
 

 出版社による内容紹介――
41lp0mrozl_ss500__2 「2008年秋、アメリカ大統領選当日から3日間にわたってロサンゼルスで行なわれた坂本政道氏とバシャールの対話集。...(中略)... 今回は、人類の意識の目覚めのためのピラミッド解明、そして、人々がパニックにならないよう啓蒙するというミッションを背景に、バシャールとの対話に臨む。だが、話題は、そのことに限らず、それ以外にも、人類の起源からムー/レムリア、アトランティス、次元の密度と振動数、UFO、人間関係、笑いなど、幅広く展開されている。...(中略)... 坂本政道さんへのインタビューも本書ならでは。ヘミシンクによる意識の探究の概略、また、それらと今回のセッション、バシャールが語ることとのかかわりがホットに述べられている。そのリンクによって両方に対する理解が心地よく深まるにちがいない。こんどの『バシャール』はより親切にコンセプショナル。そして、より具体的。この深さ・広がりとキレで、あなたの意識の次なる扉が開く...。」

バシャール(チャネル:ダリル・アンカ)&坂本政道(著)
出版社:ヴォイス 価格:1,890円 発売日:2009/5/15 大空夢湧子(翻訳)

 ◆詳しくは⇒
 

ホームページに、「参考図書」のコーナーができました。

 ヘミシンク関連の書籍を紹介するコーナーを設けました。現在、30冊を紹介しています。ぜひご覧ください。今後、さらに充実させていきます。

 ◆詳しくは⇒

 

4. セミナー・スケジュール
 

2009年:日本人対象モンロー研プログラム

 9月からのプログラムには、まだ空きがあります。お申し込みをお待ちしています。

 第13回 ゲートウェイ・ヴォエッジ@熱海 4/4~9 ×終了
第 6回 ライフライン@熱海        5/16~21 ×終了
第14回 ゲートウェイ・ヴォエッジ@TMI  7/11~18 ×締切り
第 7回 ライフライン@熱海        9/12~17 ★募集中
第 4回 エクスプロレーション27@熱海   9/18~23 ★募集中
第 3回 スターラインズ@熱海       11/7~12 ★募集中
第 1回 スターラインズII@熱海      11/13~18 ★募集中
第15回 ゲートウェイ・ヴォエッジ@熱海  12/12~17 ★募集中
 

2009年9月「ハートヒーリング・セミナー@熱海」募集中!

 日 程: 2009年9月5日(土)~8日(火) 3泊4日
会 場: あたみ百万石
トレーナー:小島(momo)、高柳(Mie)、芝根(Hide)

 フォーカス10、12のほか、「穏やかで集中した状態(Centered Calm)」やさまざまなヒーリングワークを体験し、ハートでのエネルギーの流れの詰りを取り除き、本来のつながりを回復します。

※初めての方でも受講できますが、事前に基礎コースなどの受講をお勧めしています。

 ◆詳しくは⇒
 

ヘミシンク・セミナーのご案内

 ホームページにて、セミナー内容をご紹介しています。ご一読ください。

 ◆モンロー研プログラムの紹介⇒
◆アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナー⇒
 

セミナーの総合スケジュールとお申し込み

 アクアヴィジョンのホームページでは、セミナーのお申し込み状況を確認することができます。また、オンラインでの申し込み手続きが可能です。ご希望の日程を確認し、<申込>もしくは<再受>ボンタンを押してください。

 ◆総合スケジュール・お申し込み⇒
 

※<再受>とは再受講のことです。同じ1日コースを二回以上受講する場合に適用される割引制度です。
 ◆詳しくは⇒
 

公認トレーナー主催のセミナーも各地で開催中です。

 ◆トレーナーの紹介ページをご覧ください。

 

5 夏期休暇のお知らせ
 

 誠に勝手ながら8月11日(火)から8月17日(月)まで、夏期休暇とさせていただきます。
休暇期間中も当ホームページからのセミナー申込、お問い合わせは承っておりますが、お電話での受け付け、セミナー案内の送付、お問い合わせへの返答は一時休止させていただきます。
8月18日(火)より順次ご対応させていただきます。大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

 

6.  ヘミシンクCDの複製禁止に関するご注意
 

 前号でもお知らせしましたが、モンロー研から改めて、ヘミシンクCDの複製禁止に関して徹底するようアナウンスが届いていますので、繰り返しお知らせします。
モンロー研プログラム参加者に渡される「お土産CD」も、モンロー研の著作物ですのでご注意ください。

「モンロー研究所の許可なく賃貸業に使用すること、個人的な範囲を超える使用目的で複製したり保存すること、ネットワーク等を通じて送信できる状態にすることは、著作権法で禁じられています。モンロー研究所では違反者に対して厳しい措置を講じています。ご承知おきください。」

 ということですので、「お土産CD」をコピーして人に配ったりしないようにしてください。

 

7. ショップからのご案内
 

ショップ会員になると、購入手続きが簡単になります。
また、お得なポイント制度をご利用いただけます。ぜひ、ご利用ください。
ホームページから<Aqu-Aca-Shop>ボタンを押してください。新しいショップページが開かれます。

 ◆直接URL:PC用 http://www.aqu-aca-shop.com/
携帯用 http://www.aqu-aca-shop.com/m/
 

■ヤマト運輸の代金引換(代引き)をご利用いただけるようになりました。
ご希望の方は注文手続きの際にご指定ください。

 

■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最後までご覧いただきありがとうございました。
第14回ゲートウェイ・ヴォエッジのツアーは、明日、成田出発です。
次回ご報告する予定です。 お楽しみに!
編集担当:NH

──[お問合せ]───────────────────────
TEL:0476-73-4114 FAX:0476-73-4173 Email:reg@aqu-aca.com
TEL:03-3267-6006 FAX:03-3267-6013 Email:hemi@aqu-aca.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright 2009 by Aquavision Academy. All Rights Reserved.

カテゴリ: