AQUAVISION HOME体外離脱の世界 > 体験集

体外離脱の世界 ~無効の世界の探索~

体験集

正夢、超常体験など

2001年5月17日(木)予知夢?

5月7日の朝に見た夢のことを記録してなかったことを思い出したので、今から記録する。

夢の中、女性が線路わきにいるのが見える。もう一人の人が、その女性がそんなに死にたいならと、走ってきた列車に引きずりこんだ。

女性は両腕を切り落とされた。死んだかどうかはわからない。

その後テープの早回しみたいな感覚があった。未来から現在に戻ったのか、過去から現在に帰ったのかは、わからなかった。

その日、夜7時40分に、人身事故が近所の踏み切りであった(女性が特急列車に飛び込み自殺)。

2001年2月27日(火)遠隔視?

午後1時20分からFreedom Tape 2(Remote Viewing)を横になって聞く。

職場にいる家内に届こうとするが、いまいちイメージがはっきりしない。30分後に家に電話するようメッセージを送った。テープの最後のところで、Focus 10でリラックスするように指示される。ほっとしていると、知り合いのAさんとアメリカ人のGがホテルの部屋にいるのが見える。AさんがGに何か上品な日本語で言った(こんな言い方しないだろ)。おれは窓際のAさんのそばからベッドの上のGの方に動いて行って、別の窓の方に近寄った。壁が白っぽかった。

テープが終わらないうちに、家内が帰ってきた。突然おなかが痛くなったという。関係ない?

今、Gは日本に来ている。数日後Gに電話で聞いたら、ありうることだと言う。彼女は良く窓際に立って、日本語で話しかけると言う。

2001年2月26日(月)家内が空を飛んできた

朝6時に起きトイレに行く。Freedom Tape 1(Liftoff)を聞く。

ちょっとうとうとしながら10~15分ぐらい聞いている(ところどころ夢見状態で、聞き逃すところがあった)。と、家内が北の方から低空ですーとやってきて体に入った。

と、ガバッと起きて目覚ましを確認し、布団から出て行った。

この間、おれは左を向いていて家内には背を向けていた。姿や何かが視覚的に見えたのではない。気配を感じたのだ。3メートルぐらいのところからヒューッと飛んできたのがわかった。その前はわからない。家内に聞くと、うとうとしていたと言う。