AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 悪霊との遭遇

悪霊との遭遇 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

悪霊との遭遇

ニックネーム : ヨッシ-
第32回GV(2016年2月)から続く怪異をシェアしたいと思います。
ご心配いただいた方々には、厚く御礼申し上げます。
怪異は収束に向かいつつあるようです。

(1)FF12でカンチョー野郎に襲われた(2/8)
 セミナ-3日目、普段身に着けてる御守りを外してフリフロ-(FF)12に臨みました。
 眠くなり、寝返りを打ってうつ伏せになった途端、我が両足がガッチリ卍固めされました。
 身をよじって足の方を見ると、見知らぬ若い男が下卑た笑いを浮かべて我が両足を卍固めしてました。
 私のようなゴツい中年のオッサンを襲う理由を理解できず混乱してると、その男(以下、カンチョー野郎)は我が肛門付近、会陰のあたりに指を突き立て、グイグイと差し込んできました。
 あまりの痛さに私は「痛い、やめてくれ-!」と絶叫を上げました。
 すると目が覚めました。
 寝相は仰向けのまま乱れておらず、ヘッドフォンからヘミシンク音が静かに続いています。
 痛みもケガも出血もありませんでした。
 セッション後、ミーテイングルームで報告しました(但し、指を差し込まれた件は省略)が、さすがのMAS先生も首を捻るばかりでした。
 私はリベンジに燃えましたが、情けないことに怖くて御守りを外すことは出来ませんでした。
 とても楽しく、勉強になったセミナーでしたが、カンチョー野郎に襲われて以降は体験が深まらず、F15,21は寝落ちとクリックアウトばかりでした。

(2)夢でカンチョー女に襲われた(2/23)
 職場同僚と団体旅行してる夢でした。
 若い女(以下、カンチョー女)が隙を見ては、我が会陰のあたりをカンチョー突きするのに困惑しました。
 そしてクライマックスは掘りゴタツでの夕食中に発生しました。
 カンチョー女が我が両足を持ち上げてひっくり返し、我が会陰を深々とカンチョー突きしたのです。
 あまりの痛さに私は「痛い、やめてくれ-!」と絶叫を上げ、持っていた水割りグラスをカンチョー女の美しい顔面に叩きつけました。
そこで目が覚めました。
 夢の中で私は、カンチョー女=会社同僚と認識してましたが、目覚めて該当人物が存在しないことに気づきました。
 私には、カンチョー野郎が女に姿を変えて攻撃してきたように思えてなりませんでした。

 
(3)頭下げろ!(4/30)
 繁華街の歩道を歩行中、反対方向から歩いてきたチョビ髭ナマズ面の男(以下、ナマズ男)が擦れ違いさま私を指差し、「頭下げろ!」と3回喚きました。
 驚いて振り向くとナマズ男も私を振り返り、「頭下げろ!」と喚き続けていました。
 歩行人数が非常に多く、ナマズ男を追跡することは出来ませんでした。
 進行方向に頭をぶつけそうな障害物は見当たらず、意味がわかりませんでした。

 ナマズ男の尋常ならざる振舞いに振り向く歩行者がいないのが不思議で、自分にしか見えない存在なのかもしれぬと思いました。
 「頭下げろ!」は何か重要なメッセージなのかもしれないと、ない知恵を絞って考えました。

(4)カンチョー野郎の正体(5/1)
 唐突にカンチョー野郎の正体を思い出しました。カンチョー野郎は数年前の出来事で数秒だけ目撃した、「裸足男」でした。
 《数年前の出来事》
 数年前、とある繁華街付近を歩行中、女性の金切り声が聞こえ、辺りが騒然としてきました。
 付近建物の2階窓が開き、下着姿の若い男(以下、裸足男)が窓から地面に飛び降り、裸足で走り去りました。
 数秒後、凶相の男が凄いスピードで裸足男を追って走り出しました。
 野次馬達の会話から、その建物は風俗店で、裸足男は韓国人風俗嬢を盗撮するため個室にカメラを仕掛けたのがバレて騒がれ、窓から裸足で逃走、風俗店の用心棒が追跡したと分かりました。

 裸足男の消息は知りませんが、用心棒に捕まり、任侠道の掟によって厳しく御仕置きされたのは想像に難くありませんでした。

(5)カンチョー野郎=裸足男の願い?(5/1)
 韓国人風俗嬢が好みであるカンチョー野郎=裸足男が悪霊と化して、なにゆえ私のようなゴツい中年のオッサンを襲うのか、理由は未だ分っていません。
 しかしその日たまたま以下の怪談を読んで、カンチョー野郎=裸足男の願いが分ったように思いました。
 怪談を要約すると、「幽霊に履物(靴、草履、足袋など)を供えたら、成仏した」との趣旨で、同趣旨の怪談は昔からいくつもあるようです。
 http://nazolog.com/blog-entry-8478.html
 カンチョー野郎=裸足男は、裸足のまま用心棒に捕まり、キツイ御仕置きで絶命したのかもしれません。
 裸足なのであの世に旅立てず、現世を彷徨っているのかもしれません。

(6)カンチョー野郎=裸足男の供養(5/2~)
 同情は出来ないし、冥福を祈る気もありませんが、現世に迷い出るのは迷惑なので、靴を供えて供養しようと思い立ちました。
 しかし彼が捕まったと思われる付近は、今でも任侠団体の方々がさり気無く防犯活動をしているエリアで、実物の靴を供えて線香を上げようものなら、今度は私が御仕置きされかねません。
 まずは寝室の隅にでも廃棄予定のドタ靴を置き、線香を手向けようと思いますが、ヘミシンクが上達したら、救出活動(レトリーバル)でカンチョー野郎の身柄を確保、私を狙った動機などを尋問し、刃物で恩返ししたいです。                               以上


ニックネーム : ヨッシ-

第32回GV(2016年2月)から続く怪異をシェアしたいと思います。
ご心配いただいた方々には、厚く御礼申し上げます。
怪異は収束に向かいつつあるようです。

(1)FF12でカンチョー野郎に襲われた(2/8)
 セミナ-3日目、普段身に着けてる御守りを外してフリフロ-(FF)12に臨みました。
 眠くなり、寝返りを打ってうつ伏せになった途端、我が両足がガッチリ卍固めされました。
 身をよじって足の方を見ると、見知らぬ若い男が下卑た笑いを浮かべて我が両足を卍固めしてました。
 私のようなゴツい中年のオッサンを襲う理由を理解できず混乱してると、その男(以下、カンチョー野郎)は我が肛門付近、会陰のあたりに指を突き立て、グイグイと差し込んできました。
 あまりの痛さに私は「痛い、やめてくれ-!」と絶叫を上げました。
 すると目が覚めました。
 寝相は仰向けのまま乱れておらず、ヘッドフォンからヘミシンク音が静かに続いています。
 痛みもケガも出血もありませんでした。
 セッション後、ミーテイングルームで報告しました(但し、指を差し込まれた件は省略)が、さすがのMAS先生も首を捻るばかりでした。
 私はリベンジに燃えましたが、情けないことに怖くて御守りを外すことは出来ませんでした。
 とても楽しく、勉強になったセミナーでしたが、カンチョー野郎に襲われて以降は体験が深まらず、F15,21は寝落ちとクリックアウトばかりでした。

(2)夢でカンチョー女に襲われた(2/23)
 職場同僚と団体旅行してる夢でした。
 若い女(以下、カンチョー女)が隙を見ては、我が会陰のあたりをカンチョー突きするのに困惑しました。
 そしてクライマックスは掘りゴタツでの夕食中に発生しました。
 カンチョー女が我が両足を持ち上げてひっくり返し、我が会陰を深々とカンチョー突きしたのです。
 あまりの痛さに私は「痛い、やめてくれ-!」と絶叫を上げ、持っていた水割りグラスをカンチョー女の美しい顔面に叩きつけました。
そこで目が覚めました。
 夢の中で私は、カンチョー女=会社同僚と認識してましたが、目覚めて該当人物が存在しないことに気づきました。
 私には、カンチョー野郎が女に姿を変えて攻撃してきたように思えてなりませんでした。

 
(3)頭下げろ!(4/30)
 繁華街の歩道を歩行中、反対方向から歩いてきたチョビ髭ナマズ面の男(以下、ナマズ男)が擦れ違いさま私を指差し、「頭下げろ!」と3回喚きました。
 驚いて振り向くとナマズ男も私を振り返り、「頭下げろ!」と喚き続けていました。
 歩行人数が非常に多く、ナマズ男を追跡することは出来ませんでした。
 進行方向に頭をぶつけそうな障害物は見当たらず、意味がわかりませんでした。

 ナマズ男の尋常ならざる振舞いに振り向く歩行者がいないのが不思議で、自分にしか見えない存在なのかもしれぬと思いました。
 「頭下げろ!」は何か重要なメッセージなのかもしれないと、ない知恵を絞って考えました。

(4)カンチョー野郎の正体(5/1)
 唐突にカンチョー野郎の正体を思い出しました。カンチョー野郎は数年前の出来事で数秒だけ目撃した、「裸足男」でした。
 《数年前の出来事》
 数年前、とある繁華街付近を歩行中、女性の金切り声が聞こえ、辺りが騒然としてきました。
 付近建物の2階窓が開き、下着姿の若い男(以下、裸足男)が窓から地面に飛び降り、裸足で走り去りました。
 数秒後、凶相の男が凄いスピードで裸足男を追って走り出しました。
 野次馬達の会話から、その建物は風俗店で、裸足男は韓国人風俗嬢を盗撮するため個室にカメラを仕掛けたのがバレて騒がれ、窓から裸足で逃走、風俗店の用心棒が追跡したと分かりました。

 裸足男の消息は知りませんが、用心棒に捕まり、任侠道の掟によって厳しく御仕置きされたのは想像に難くありませんでした。

(5)カンチョー野郎=裸足男の願い?(5/1)
 韓国人風俗嬢が好みであるカンチョー野郎=裸足男が悪霊と化して、なにゆえ私のようなゴツい中年のオッサンを襲うのか、理由は未だ分っていません。
 しかしその日たまたま以下の怪談を読んで、カンチョー野郎=裸足男の願いが分ったように思いました。
 怪談を要約すると、「幽霊に履物(靴、草履、足袋など)を供えたら、成仏した」との趣旨で、同趣旨の怪談は昔からいくつもあるようです。
 http://nazolog.com/blog-entry-8478.html
 カンチョー野郎=裸足男は、裸足のまま用心棒に捕まり、キツイ御仕置きで絶命したのかもしれません。
 裸足なのであの世に旅立てず、現世を彷徨っているのかもしれません。

(6)カンチョー野郎=裸足男の供養(5/2~)
 同情は出来ないし、冥福を祈る気もありませんが、現世に迷い出るのは迷惑なので、靴を供えて供養しようと思い立ちました。
 しかし彼が捕まったと思われる付近は、今でも任侠団体の方々がさり気無く防犯活動をしているエリアで、実物の靴を供えて線香を上げようものなら、今度は私が御仕置きされかねません。
 まずは寝室の隅にでも廃棄予定のドタ靴を置き、線香を手向けようと思いますが、ヘミシンクが上達したら、救出活動(レトリーバル)でカンチョー野郎の身柄を確保、私を狙った動機などを尋問し、刃物で恩返ししたいです。                               以上

2016年5月 2日 20:42 カテゴリ:

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら