AQUAVISION HOME > セミナーの風景 「1日コース・2日コースの流れ」

セミナーの風景

1日コース・2日コースの流れ

TOP画像

アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナー、1日コース・2日コースの一日の流れをご紹介します。

1日コース・2日コースは、アクアヴィジョン主催だけでなく、各地の公認トレーナーの主催でも開催されています。 ここでは、当日の受付開始から終了までの流れをご紹介しますが、主催者や会場によって開始時間や終了時間の異なる場合もありますので、ご注意ください。基本的には同じスケジュールです。

なるべく早めに

なるべく早くに画像1

アクアヴィジョンのヘミシンク・センターの場合、開始時間は10時です。受付開始は9時40分。
当日は、なるべく早めに会場に来ていただければと思います。開始時間ぎりぎりに息を切らせて来られるよりも、受付時間が来たらゆったりとお出でください。ヘミシンクのセミナーで一番大切なことは、心も体もリラックスすることです。余裕をもってセミナーに参加されることをお勧めします。
特にエクスカージョン・ワークショップでは、初めての方がほとんどですから、なおのこと余裕が必要です。早めに来られて、会場がどんな所かゆっくりご覧ください。また、トレーナーや他の参加者の方々との会話を楽しんでください。
受付が終わったら、あなたのスペース(横になってヘッドフォンをしてヘミシンクを聴くための場所)にご案内しますので、シーツやタオルなどを整えたり着替えたりするなど、準備をしてください。アクアヴィジョンのヘミシンク・センターでは、一人一人個室に分かれていますが、他の会場では、オープンスペースの場合もあります。

なるべく早くに画像2

開始時間には、筆記用具を持って、ミーティングスペースにお集まりください。すぐに始まります。
最初に、今日の目的とスケジュールをご説明し、トレーナーの自己紹介の後、参加者の方々にも簡単な自己紹介をお願いします。お名前、どこから来られたか、参加した目的・期待することなど。そして、注意事項などをお伝えし、プログラムに入ります。

セッション

セッション画像

ヘミシンクCDを聴くことを「セッション」あるいは「エクササイズ」と言います。
まずセッションの内容についてご説明し、次に実際にCDを聴いて体験していただき、終わったらまた集まって体験シェアやQ&Aを行う――それをワン・セッションとして、1日に5~6セッションを行います。
会場には、お菓子や飲み物を用意しています。セッションの合間に、ご自由にお召し上がりください。トイレは、原則としてセッションの始まる前にお願いしています。
たとえ1日コースといえども、これだけの本数のCDを聴くのは、自宅ではなかなかできないことです。続けに聴くことで、ヘミシンクの効果は高まります。
また、ヘミシンクの場合は、グループパワーが重要です。同じ時間帯に同じ場所で、同じ目的で複数人がヘミシンクワークを行うことによって、たいへんな相乗効果が生まれます。セッションが進めば進むほど、その効果は高まっていきます。

ヘミシンク・ワークの合言葉は、Have Fun!(楽しんで!)です。何が起こるか、どんな体験ができるか。たった一日ですが、楽しんでください。

昼食は1時過ぎになります。会場にもよりますが、車座になって歓談や質疑応答をしながら、持参したお弁当を食べます。食後は自由時間。CD販売や書籍販売も行っています。昼食休憩は約1時間です。

セッションが終わったら

セッションが終わったら画像1

全てのセッションが終わったら、アンケートにご記入いただき、今日の感想などをお伺いします。
そして、グランディング(地に足をつける)方法をお伝えしています。1日に5本・6本とヘミシンクCDを聴くと、変性意識状態から戻りにくくなることもありますので、注意が必要です。
最後に修了証をお渡しして、すべての日程が終了します。気をつけてお帰りください。

2日コースの場合の2日目も、ほぼ同じスケジュールです。

なお、アクアヴィジョンのヘミシンク・センターの場合、ヘッドフォンは備え付けられていますので、ご持参いただかなくて結構です。他の会場の場合は、普段お使いのヘッドフォンをご持参下さい。
その他、シーツやまくらなど、会場によってお持ちいただくものが異なりますのでご注意ください。

何度も練習を

何度も練習を画像

ヘミシンクのワークは、トレーニングです。ヘミシンクの体験を深めていくためには、何度も聴き込んでいく必要があります。 また、ヘミシンクのワークは、自転車の練習に喩えられます。乗りこなすまで、何度も練習する必要があります。いったんコツをつかんでしまえば、いつでも自由に乗ることができます。 さらに、ヘミシンクは自転車の補助輪に喩えられます。補助輪にエンジンは付いていません。漕ぐのは自分です。乗りこなせるようになれば、補助輪は不要です。むしろ邪魔になります。 ヘミシンクも同じです。

自宅学習を続けていただければと思います。 そして、1日コース・2日コースだけでなく、モンロー研プログラム含めて、宿泊コースへのご参加をお勧めします。