AQUAVISION HOME > セミナーの風景 「ホテル一宮シーサードオーツカ」

セミナーの風景

ホテル一宮シーサイドオーツカ

ホテル一宮シーサイドオーツカ」では、日本国内で開催されるモンロー研プログラムと、アクアヴィジョン主催の宿泊型セミナーが開催されています。

ホテル一宮シーサイドオーツカのロケーション

ルラシュ癒しの杜のロケーション画像

「ホテル一宮シーサイドオーツカ」は、千葉県房総・九十九里海岸沿いにある、滞在型リゾートホテルです。東京からJR特急わかしおで約1時間、車で約1時間30分の好立地。
目の前に広がる太平洋。ツインの洋室(28㎡)は全室オーシャンビュー。ホテルの前の松林を抜けると、九十九里の海岸です。海に降り注ぐ太陽の光。開放感あふれる雰囲気の中で、海のエネルギーを浴びながら、有意義なヘミシンク体験をどうぞ。南九十九里の海の幸をふんだんに活かした料理や、天然温泉・露天風呂も楽しみです。

1日目

1日目画像

セミナー当日は、12時15分にJR上総一ノ宮駅から無料送迎バスが運行されます。所要時間は約15分。セミナー開始の1時半までは自由時間。レストランでの昼食も可能です。
1時半からプログラムが始まります。ミーティングルームに集合。イントロダクションが終わったあと、3時過ぎから各部屋にチェックイン。さっそくCDセッションが始まります(ヘミシンクは各部屋で聴きます)。
「ホテル一宮シーサイドオーツカ」の自慢は、料理と温泉。食材の宝庫といわれる千葉県には、全国トップクラスの野菜が多種あり、海の幸も豊富。お米は地元のいすみ米。お楽しみください。
大浴場と併設された露天風呂は、ヨード成分豊富で肌にもとても優しい「古代海水の湯」天然一宮温泉。柔らかな湯が一日の疲れを芯から癒してくれます。翌日からのプログラムに備えてゆっくりお休みください。

2日目朝から

2日目朝から画像

朝食は、7時からレストランで。和洋取り揃えたバイキングが好評です。
8時からセミナー開始。午前中に3本のCDセッションを行います。
12時から昼食。2時半あるいは3時頃まで長めの休憩です。
ホテルの前に広がる松林には、散歩道「花の小道」があります。海岸までも歩いて数分。5階屋上には展望台が2ヶ所あります。夏の期間(7月1日~9月中旬)はガーデンプールで泳げます(無料)。ホテル玄関前にあるインドアスポーツ館「アクアネックス」には、室内プール、トレーニングジム、スチームサウナ&ブローバスがあり、宿泊期間中だれでも利用できます(有料)。
午後からは、夕食をはさんで2~3本のセッションを行います。CDセッションだけでなく、各種ワークやレクチャー、DVD鑑賞など、さまざまなプログラムが用意されています。夕食は6時から。

ミーティングルームには、飲み物が用意されています。書籍やCDの販売も行っています。

最終日

最終日画像

さて、プログラムの最終日、最後のCDセッションが終わったあと、帰り支度をして集まり、クロージングサークル。上総一ノ宮駅行きの送迎バスは12時に出発します。
それでは、またお会いしましょう。お気をつけて。

日本開催のヘミシンク・セミナー

日本開催のヘミシンク・セミナー画像

日本国内でモンロー研究所公式の滞在型プログラムを開催できるのは、アクアヴィジョン・アカデミーだけです。アメリカとは環境が違いますので、スケジュールなど若干の違いはありますが、モンロー研究所と同じプログラムが、日本語で受講できます。
アクアヴィジョン・アカデミーは2005年2月に設立され、ワン・デイ・セミナーと呼ばれた1日コースのヘミシンク・セミナーからスタートしました。そして2005年の6月、第一回のゲートウェイ・ヴォエッジのモンロー研ツアーが開催されました。それからは、年に2~3回のツアーを行ってきました。
モンロー研のトレーナーを招聘して、日本初のモンロー研公式プログラムが始まったのは、2007年から。その後、ライフライン、エクスプロレーション27、スターラインズ、スターラインズIIとプログラムは追加されてきました。
ここ「ホテル一宮シーサイドオーツカ」は、2015年の春以降、ヘミシンクの会場として利用させていただいています。スタッフの方々のホスピタリティ溢れるおもてなしと充実した施設。ゆったりとしたリゾート空間で、思う存分ヘミシンクを堪能できます。