AQUAVISION HOME > ヘミシンクとは 「フォーカス・レベルとは」

ヘミシンクとは

フォーカス・レベルとは Focus Level

ヘミシンクは、聴く人の意識を、深いリラックス状態や瞑想状態、あるいは知覚の拡大した状態、至高状態など、さまざまな状態へと誘導します。このような、日常ではありえない、特別の意識状態は、「変性意識(Altered States of Consciousness=ASC)」と呼ばれています。

変性意識には、さまざまな、数限りない状態が存在します。そこでロバート・モンローは、特定の意識状態を表す指標として、便宜上フォーカス・レベルという概念を導入しました。そこでは、フォーカス10あるいはフォーカス12などの数字によって意識状態が示されます。これによって、私たちは、ヘミシンクの周波数に誘導されて共通の意識状態に導かれ、その領域における体験を共有することが可能になりました。ヘミシンクのワークでは、参加者が共通のフォーカス・レベルに導かれ、さまざまな状態の把握や探索、交信などを試みます。

なお、番号自体には大した意味はありませんが、基本的には、番号が大きくなるにつれ物質的な世界から離れていきます。

フォーカス・レベルの種類 フォーカス・レベルの種類画像

フォーカス・レベルと意識の状態

● フォーカス1(通常C1(Consciousness 1)と呼ばれています)

意識が物質世界にしっかりある状態。覚醒した状態。

● フォーカス10(Mind Awake / Body Asleep)

「肉体は眠り、意識は目覚めている状態」。意識が肉体の束縛から自由になり始める状態です。この状態がヘミシンク・ワークの基本です。

● フォーカス12(Expanded Awareness)

「知覚・意識の拡大した状態」。意識は肉体的・空間的な束縛から自由になり、五感を超える知覚が起こったり、ガイドやハイヤーセルフと呼ばれる意識存在と交信することが可能になります。

● フォーカス15(The State of No Time)

「無時間の状態」。意識は時間的な束縛から自由になり、過去や未来へ行くことができるようになります。また、単に"存在する"、"空"の状態――瞑想などの究極の境地とも言われています。

● フォーカス21(The Bridge State)

「この世(Here)とあの世(There)の架け橋」、物質世界と非物質世界との境界です。ガイドなど、ここよりも上のフォーカス・レベルにいる意識存在と会って交信するのに適しています。

● フォーカス23(New Arrivals)

自分が亡くなったことに気がついていないとか、この世への未練や執着が強いなどの理由で、この世に非常に近い領域で囚われ、留まっている意識状態です。

● フォーカス24~26(Belief System Territories)

信念体系領域と呼ばれます。同じことを頑なに信じる人たちが集まり、その共通の想いが一つの世界を形作り、人々の意識は集団で囚われています。ここには、さまざまな信念や価値観に基づいた無数の世界があります。

● フォーカス27(The Way Station)

人はここに来て初めて次の生へ輪廻転生できます。概念的に表現すれば、受け入れの場、癒し・再生の場、教育の場、計画の場など、さまざまな機能をもつ場所(センター)に分かれています。

● フォーカス35

地球生命系内の、時間を超えた自分の意識の広がり・つながり(I/There)が把握されます。このレベルには現在、地球外生命体が多数集まっていて、今後起こる地球生命系の一大変化を観察しています。その現象をロバート・モンローは"ギャザリング"と呼んでいます。

● フォーカス42

太陽系を超えた、太陽系近傍の銀河系内の自分の意識の広がり・つながり(I/Thereクラスター)が把握されます。

● フォーカス49

銀河系を超えた、銀河系近傍の自分の意識の広がり・つながり(I/Thereスーパー・クラスター)が把握されます。

● さらに上のレベル

この宇宙を超えた、さらに大きな自分の意識の広がり、つながりが把握されます。また、上へ帰還する大きな激しいエネルギーの流れが把握できます。