AQUAVISION HOME > ヘミシンクとは 「モンロー研究所とは」

ヘミシンクとは

モンロー研究所とは

モンロー研究所画像

モンロー研究所は、人間の意識の探究を主要な活動とする、非営利の教育・研究機関であり、意識状態に顕著な影響をもたらすオーディオ・サウンド・パターンの研究活動で国際的に知られています。このオーディオ・ガイダンス技術は特許を取得しており、ヘミシンク(Hemi-Sync®)として広く認知されています。モンロー研究所は、独自の教育プログラムと専門機関との共同研究を通して、人間の意識の成長と進化に大きく寄与しています。

ヴィジョン(Vision)

人類の地球規模の目覚め
(The Global Awakening of Humanity)

使命(Mission Statement)

意識の探究、知覚の拡大、自己発見において、国際的な協力体制を推進していく。
(To enhance worldwide cooperative efforts in furthering the exploration of consciousness, expanded awareness, and discovery of self.)

ヒストリー

ロバート・モンロー画像

モンロー研究所は、ロバートA・モンロー(1915-1995)によって設立されました。
彼は、放送業界の著名なエグゼクティブでしたが、1958年に彼の人生を劇的に変える自然現象を経験しました。ある夜、彼は「第2の体」を通して自分の肉体の上に浮いていることに気づいたのです。体外離脱体験(Out of Body Experience=OBE)です。それをきっかけにして彼は、時空の概念を越えて探索することを学んでいきました。これらの個人的な体験は、体外への旅(1971)、魂の体外旅行(1985)、究極の旅(1994)として出版されています。

ロバート・モンローはその後、1950年代後半から、研究グループをつくって加速学習の方法とその技術ついての研究を開始しました。その研究の成果は、人間意識の本質に関する注目すべき発見に繋がりました。そして1975年、3つのヘミシンク特許のうちの最初のものを、彼は獲得しました。

ヘミシンクという音響技術を用いれば、通常の意識ではなかなか体験できないような状態を体験することが可能になります。そして、人間意識についての深い理解や洞察、知見などを得ることができるとともに、実生活におけるさまざまな目標達成の機会を得ることができます。

モンロー研究所では、1970年代前半に、初期の研究グループからモンロー研究所が生まれ、ヘミシンク技術を用いて意識の探究を行う学習セミナーを開始しました。これらのセミナーは、アメリカ合衆国のみならず世界中で開催されましたが、1979年には、ヴァージニアのブルーリッジ山脈に、恒久的な研修施設が建設されました。

それ以来、多くの人々がこの地を訪れ、人生を向上させるための滞在型セミナーのプログラムやワークショップに参加してきました。さらに現在では、世界中で多くの人々が、公認のアウトリーチファシリテーターによるワークショップに参加したり、自宅学習用のヘミシンク教材を活用するなど、さまざまな恩恵を受けることができるようになりました。ヘミシンクのCDは、現在200タイトル以上が販売されています。

また、モンロー研究所では50年以上にわたって心理学、精神医学、医療、生化学、電気工学、物理学、教育学などさまざまな研究機関との学際的な共同研究を行っています。ヘミシンクの技術は、これら専門研究機関とのコラボレーションによって、科学的にも証明され、臨床的にも応用されたテクノロジーとして、多くの称賛を得えてきました。さらに、その研究成果は、モンロー研究所の教育プログラムにもフィードバックされ、カリキュラムの強化に役立っています。

スタンス Stance

風景画像
建物画像

ロバート・モンローは、既存の宗教などのような教条主義的に陥ることを極度に嫌いました。そして、自らの体験を通して発見することを最も重視しました。「Don't believe what I said. Find it for yourself.(私の言うことを信じないで、自分で調べなさい)」というのが彼の口癖でした。モンロー研究所ではそのため、誰でも実際にヘミシンクを体験できるように、教育プログラムやワークショップを開催したり、ヘミシンクCDの販売を行なったりしているのです。

モンロー研究所はモンローの遺志を受け継ぎ、今でも、これまでに発見されてきた事柄を押し付けることはしません。自らの体験を最重要視します。また、いかなる宗教、思想、信条、信仰からも自由な立場であるため、世界中のあらゆる宗教、信条の人たちがモンロー研究所を訪問しています。

The Monroe Institute's methodology does not contain any dogma, nor does it espouse any particular belief system, religion, or political or social stance. Because TMI's methods are noninvasive, the participant is always exercising individual free will.
(モンロー研究所の方法にはいかなるドグマ(教条)も含まれません。また、ある特定の信条、宗教、政治的または社会的な立場を支持するものでもありません。モンロー研究所の方法は強制的なものではありませんので、参加者は常にそれぞれの自由意志を行使することができます。)

ロケーション Location

ロケーション建物画像

モンロー研究所は、ヴァージニア州のフェイバー、のどかなブルーリッジ山脈の中にあります。首都ワシントンから南へ300キロほど、車で約3時間半。見晴らしの良い草原の真ん中に、教育・研究施設が点在しています。まわりはほとんど牧場で、すぐ近くに草を食む牛たちの姿が見えます。朝は凛とした霧に包まれ、夜は満天の星空。桃源郷のような素晴らしい環境です。

滞在型プログラムの中心となる施設はナンシー・ペン・センター。中央の塔は、写真でもおなじみです。そこから車で山中へ10分ほど入ったところに、もうひとつの研修施設であるロバート・マウンテン・リトリーツがあります。ここは生前モンローが住居としていました。現在は研修施設として開放されています。

この二つの施設では、毎週のように滞在型プログラムが開催され、世界各地から参加者が訪れています。