AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

第19回ゲートウェイ・ヴォエッジ@TMI

2011年4月17日 05:16

昨日の夕方、モンロー研から帰ってきました。

ゲートウェイ・ヴォエッジの第19期生が誕生しました。

 

今回は、参加者数が13人と始まって以来の少人数となりました。

 

参加者は女性6名、男性7名。男性5人が20代から30代という、これまでにはない組み合わせでした。

 

今回はジョン・コータムといっしょに

DSC01102web.jpg

トレーナーを務めました。

 

 

 

 

 

 

 

少人数のおかげもあって、従来のナンシーペンセンターではなく、山の中のロバート・モンローの自宅を改修したRoberts Mountain Retreat(ロバーツ・マウンテン・リトリート)と呼ばれるセミナーハウスを使うことになりました。

 

ここは、ナンシーペンセンターから山の中へ、モンローの開拓した別荘地の中の急な坂道を2、3キロ行ったところにあります。

ここまで来ると、あたりは、木々がうっそうと茂り、ほとんど視界はゼロ。

最後の急斜面の砂利道を登った先にあります。

DSC01145web.jpg

 

モンローの自宅を改修した母屋(宿泊、ミーティング、食事、団らん)と、

 

 

 

 

新たに作られたアネックス

(宿泊、コントロールルーム)、

DSC01069web.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャビン(ミーティング)、

DSC01068web.jpg

 

 

 

 

 

とそれに続く、モンローが執筆に使った建物。

(その中にモンローが何度も

体脱したソファがありました)

DSC01108web.jpg

 

 

 

 

 

 

 さらにそのとなりのピラミッド状の建物

(ガイドラインズでの個人セッション用)。

DSC01137web.jpg

 

 

 

 

 

 

裏庭には水晶が立っています。

大きさはナンシーペンにあるのとほぼ同じです。

 

 

DSC01128web.jpgDSC01149web.jpg

 

 

 

 

 

 

 

私は、モンローの寝室に泊りました。

DSC01051web.jpgベッドも、トイレも、シャワーも、

生前のままのようです。

 

何だか、感慨深かったです。

 

 

 

ナンシーペンがログハウス風で、チェックユニットも黒が基調なのに対し、

このロバーツ・マウンテン・リトリートは、白とベージュが基調で、かわいらしいところが、女性に人気でした。

DSC01125web.jpg 

 

 

 

 

特に、ミーティングを行なうカーペットルームは、

生前はダイニングとして使われていたところで、

裏庭からの採光でとても明るく、感じのいいところです。

 DSC01079web.jpg

 

 

 

 

 

 

私は以前、ここで何かのセッションでみなで瞑想していたとき、まわりの景色ががらっと変わったことがありました。まわり全部が、海か湖に囲まれ、古代のエーゲ海の島にある神殿になりました。ただ、部屋の感じはそのままで、薄いピンクのテラコッタの床に、みなで丸くなって瞑想しているのです。

 

この部屋にはなにか魅力を感じさせるものがあります。

 

今回は東日本大震災の後ということから、被災地へ被災された方へ、癒しのエネルギーを送るセッションを行ないました。

DECイルカを学んだ後だったので、イルカを送った人もいたようです。

 

 

恒例のレイク・ミラノンへのハイキングは、ジョンのトラックの荷台に乗って行きました。

 

DSC01057web.jpgDSC01063web.jpg

 

 

 

 

 

 

 

つづきは、また後で。

今日は、これからF15超時空コースです。

 

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら