AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

GV続き

2011年4月18日 05:37

レイクミラノンにみなで行ったときのこと。ちょっと危ないことが2件起きました。

 

一件目。

3人が1台のボートに乗ったところ、もともとこのボート、かなり不安定なのですが、まず出だしに、水の中へ岸から押し出したとき、左右に大きく揺れて、あわや転覆、とまでは行きませんでしたが、ちょっとドキッとしました。

 

オールでしっかり漕ぐとバランスを崩すらしく、あまり力が入れらない様子。あれよあれよという間に、風と流れに流されて、左の岸の方まで行ってしまい、ついに出航をギブアップ。

DSC01065web.jpg

 

 

 

2件目。

それでは、と思い、今度は2台のボートに2名ずつ乗り、オールは合計2本しかないので、各ボートに1本ずつで出航。

右、左と、カヌーのように漕いで行けば問題ないだろうと思ったのですが・・・1台は女性が漕いでいるので、一抹の不安が・・・。

 

沖の方で右手に行くと視界から見えなくなり、その後、待てど暮らせど、戻ってきません。

 

20分ほどして、やっと視界に戻ってきて、ほっとしました。

 

いわく、「流れに流されて、戻れなくなったので、あきらめて接岸して、上陸しようかと思った」とのこと。

女性が一人で漕ぐのでは、流れに勝てないようです。

 

でも、「パトリック事件」ならぬ「レイクミラノン事件」にならずに、胸をなでおろしました。

 

DSC01160web.jpg

今回のグループは、若手の男性陣を中心に、どちらかというとおとなし目の人が多かったと思います。

今言う草食系男子なんでしょうか?

 

我々の世代のような、ギラギラした男性は、もう過去の遺物なんですかね。

DSC01095web.jpg

 

 

今回は、女性陣の柔らかい雰囲気が前面に出て、全体としてはとてもいい癒しのエネルギーになっていました。

 

 

DSC01163web.jpgのサムネール画像体験としては、各自、モンロー研まで来られるだけあって、今必要な体験をされていたと思います。

 

 

個人的には、ちょうど10年前の4月に初めてモンロー研を訪れたことを思い出しました。

DSC01164web.jpgのサムネール画像あれは、ついこの前のことのようにも思えます。

 

あのころには、予想だにしなかったことを今やっているということが、ちょっと感慨深かったですね。

 

 

 

 

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら