AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

第20回GV@小淵沢つづき

2011年7月24日 17:56

参加者の感想の抜粋をいくつか紹介します。

・死んだ姉が、ともに生きていることを証明してくれました。

・同室の方と不思議なご縁を感じて、とてもうれしかったです。

・自分に必要な体験は、自分に一番びっくりの時期に用意されているとわかり、幸せです。

・見えない世界を体験することは素晴らしいですが、日常生活の中で、人にやさしくしたり、自分にできることをする、あたりまえの積み重ねが、実は、とても大切と気づかされました。

・もともと植物が大好きでコミュニケーションがとれるような気がしていました。
それが今回、二日目に、ももさんとこの話をしたのがきっかけとなり、木霊(こだま)を感じたり、植物を美しく見るように変わっていきました。
さらに、「ムー」の時代にクリスタルからのエネルギーを植物におろして、育てるという仕事をしていたことを思い出しました。

・F21で、いくつかの泡に足が何本も生えたような形の宇宙人を見ました。

・F21で、亡くなった母に会えました。今年5月に神楽坂でエクスカージョンを受けた時にも一度会っていましたが、それ以来、会えていなかったので、とてもうれしく、涙が出ました。
今回はさらに、母がF27で楽しく手伝いをしていることがわかり、とても安心しました。

・F21で、亡くなった祖父に会えました。晩年、老人ホームにいたときには、あまり会いに行けないまま亡くなってしまったので、申し訳ない気持ちでいたのですが、フォーカス21で会った祖父はとても嬉しいと言ってくれました。
申し訳ない気持ちがずっとあったので、本当に私も嬉しく、心が晴れた感じがしました。

・F15が、一番気持ちのいい空間?でした。F10、12では、なんかせわしないのですが、F15のあの世界は落ち着いた、まさに空の世界の感じがして、これからもっと深く探索したくなりました。

・F21のブリッジカフェで、一緒にヘミシンクした人たちと本当に出逢えるのは驚きました。
私が空でぼんやりしているところを見られたりして、はずかしかったです。
とにかく、どこでも気がつくとハンバーグやサラダを食べたり、アイスクリームを食べたりしているのは、まいりました。

・F21で橋を渡り、大きな川でイルカに会いました。イルカに乗せてほしいと伝えると、私とイルカに振動が出て、イルカにしっかりとつかまりました。イルカは、これから一億光年先まで行くとのこと。
目的地に着いた感じはなく、気がつくと、もう帰路になりました。イルカと私の振動は帰り着くまで続きました。

・F21で、白衣の老人に出会い、大変な至福感を得ました。

・Masさんといくつかの過去世でいっしょで、だいぶご迷惑をおかけしていたことがわかりました。古代ギリシャ時代に、海岸のそばの洞窟で瞑想していた集団でいっしょでした。それから、古代インドでMasさんが大僧正だったときに巫女でした。平安時代にMasさんが貴族のときや、戦国時代の武将だった時に、その部下でした。いろいろとあったのですが、解消できるように意図しました。

・今回のセミナーに申し込んだ頃から、身近にいろいろな「気づき」が起こり始めました。具体的なセッションでは、際立った現象はありませんでしたが、ヘミシンクを取り入れた生き方といいますか、方向性は、いくつかのセッションで受け取りました。

・「今の私に一番必要なものは何ですか」と、F15で問うと、前日に出てきた白い竜に乗って(白い竜になって?)、緑の水田、山々の間を駆け回り、大空を自由に飛び回る姿でした。

・亡くなった父と母に会えました。

・トータルセルフとつながった実感がありました。
3日目、F15のフリーフローで起こったのですが、自分の過去に行くために時計を一番最初まで回したところ、アンドロメダ星雲の中の、とあるピンクの惑星にたどり着くことができ、何とも言えない気持ちと、自分の生まれてきた意味を知ることができ、涙が止まらなくなりました。

・空を飛んだのが気持ちよかったです。

・亡くなった方、サイババ、母、犬の花子に会えてよかったです。愛のエネルギーをあげたいと思ったのですが、逆に私がいただいてしまって、ビックリしました。

・サイレントウォークの際に、F21で、世界が光り輝いていました。
道を光の粒子となって、ダイビング出来そうでした(実際、そうすろと怪我しますが・・・)

・ヘミシンクを聞く前から額と胸に圧迫感を感じていました。
F12のセッションで、虫(かぶとむし、くわがた、ハチなど)が出てきました。なんだろうと思ってましたが、第6と第4チャクラだと気づきました。6と4で虫なのだと。メッセージを受け取れて、非常に良かったです。

・今回のゲートウェイ・ヴォエッジで初めて入口に入ったという感覚がありました。
これを機に、さらに先を見て、向上していきたいと思います。

・ビジョンの見え方が、「気のせい?」と思っていたものが、シェアや経験者の話から、このままでいいんだ、それを凝視することで、よく見えるようになるということがわかってきました。

・F15か12か思い出せませんが、皆で(ブリッジカフェ?に)入っていくと、狭い部屋にイスがキチキチに並んでいました。右側に口ひげの男性がイスを並べているようなしぐさでしたが、この男性は、若いモンローさんでした。

・ガイドさんは見えるものと思っていましたが、結局、風でした。
ガイドさんと呼びかけると、身体のどこかに風がそよそよと吹いてくるので、風がガイドさんとわかって、よかったです。

以上です。





2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら