AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

ガイドとの邂逅セミナーを終えて

2012年6月20日 16:29

16日(土)から19日(火)まで小淵沢のルラシュで、伝説の「ガイドとの邂逅セミナー」を開催していました。

以前は、このセミナー、年に一回のペースで開催していたのですが、去年は大震災の直後だったので、お流れになり、結局、2010年の4月以来、2年ぶりの開催になりました。

まさしく、伝説のセミナーとなっていました。

今回のトレーナーは、私とみつさん、たつぞうさん(合わせて密造さん)というアクアヴィジョンが誇るジョーク好きトレーナーの3人トリオ。

DSC02275web.jpgDSC02278web.jpg






笑いの重要性を体感するセミナーとなりました。

今回の参加者は、エクスカージョンや旧基礎コースの次のステップとしてこのセミナーを受けられた方と、いくつものセミナーを受講されている方とに大きく分けられました。

ですから、すでにガイドとの交信がある程度できている人もいれば、まだまったくという人もいました。

このセミナーでは、手を変え、品を変えて、ガイドとのつながりを強めていくことをやります。
それを通して、自分にあった交信の仕方に気づいたり、思わぬメッセージを受け取ったり、気づきを得たりします。

DSC02270web.jpgDSC02274web.jpg






いろいろなエクササイズやワークを行うことで、セッション中に交信が起こるようになります。
ただ、重要な点は、セッション中だけが交信の機会ではないということ、日常の中でも交信は起こっているということ、それに気づくようになります。

それがこのセミナーの究極の目的でもあります。

ベテラン参加者の体験については、アクアヴィジョンの体験シェアルームに出ています。

体験シェアルーム

DSC02280web.jpg

今回試験的に、「インナー・ステーツ」の中の「無限の自我」というセッションを聴きました。


このセッションは、最近、個人的に気に入っています。

F15を体験した後に、さらに、「超越した状態」へ進みます。

この「超越した状態」は、セッションタイトルにある「無限の自我」へとつながる(可能性のある)状態です。

個人的には「ピラミッド体験」の中で説明した「ナル・ポイント」ではないかと思っています。
つまり、仏教で言うところの「空」です。

DSC02276web.jpg
この状態が本当に空なのかどうかは、
いろいろと意見があると思います。


いずれにせよ、個人的な感覚としては、
透明度が高くて、ガイドたちにアクセスしやすい状態であり、I/ThereやI/Thereクラスター、さらにもっと大きな自分に、
つまり、「大いなるすべて」につながっている状態だと思えます。

そのつながりを制限しているのは、自分自身だと、
今回のセッションで感じました。

その制限をとっぱらえば、大いなるすべてにつながります。元々、「大いなるすべて」だったことを思い出す、つまり、覚醒するのだと思います。

そうするには、この状態の振動数に自分の振動数を一致させることが必要です。

そのためには、「ピラミッド体験」に書きましたが、この状態、つまり「ナル・ポイント」で、特定の声を発声することが必要なのです。

で、「ナル・ポイント」がどういう状態なのか、人に説明するのが難しかったのですが、
「インナー・ステーツ」が発売され、「無限の自我」の中にある「超越した状態」がそれではないかと言えるようになりました。

みなさんもぜひご自身で確認してください。

ちょっと商売っぽいですが、

「インナー・ステーツ」

です(笑い)。

なお、体験には個人差がありますので、ご了承ください。

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら