AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

太陽から2光年のところに星がある

2017年8月24日 22:33

モンロー研究所の公式プログラム・スターラインズ(Starlines)を日本で毎年開催しています。

このプログラムでは地球を離れてさまざまな星や銀河を訪れ、自分の遠い親戚のような生命体たちに会ったり、あるいは、情報をもらったりします。

プレアデス星団.jpg(イラストはプレアデス星団を訪れた際に見た光景)

情報の多くは、いわゆるスピ系の事柄で
(たとえば、「あなたは地球に来る前にこの星で100回ほど転生していたんですよ」)、
その真偽を確かめることが難しいものばかりです。

そんな中、まれに真偽を確かめられるものもあります。

そのひとつを紹介します。
それは去年もらった情報です。

「地球に一番近い星はケンタウルス座のプロキシマ(地球から4.25光年)とされているが、
2光年のところに暗い星がある。18等星。そのうち偶然に見つかる」

プロキシマは11等星で相当暗い星(赤色矮星)ですが、
それより近いのにさらに暗い(18等星)ということは、褐色矮星と言われる星ということになります。

NASAのWISE(広域赤外線探査衛星)が全天を赤外線領域で掃天観測しているので、そのうち見つかるかもしれませんね。



2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら