AQUAVISION HOME > 体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール

体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール

体験シェアルーム 利用ガイド

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。
セミナーに参加した時のヘミシンク体験のみならず、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなども投稿してください。また、投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
そして、他の方の体験や気づきを、ご自身の参考にしたり励みにしたり、また、応援したり労ったりするなど、シェアルームを自由に利用してください。ただし、ヘミシンク体験の内容や体験時期などは個人によって異なります。比較して一喜一憂するなどしないで、ご自身のペースで進んでいきましょう。
それから、利用上のルールは守ってください。投稿される方は、以下のルールに同意していただいたものといたします。
それではみなさん、体験シェアルームを楽しんでください。

アクアヴィジョン・アカデミー
体験シェアルーム 管理人

体験シェアルーム 利用ルール

第1条 利用者の範囲と利用内容

1. 体験シェアルームに投稿できるのは、Aquavisionセミナー会員であり、利用ルールに同意して登録した人です(以下「投稿者」という)。
2. 投稿者は、記事を投稿することができます。また、他の投稿者の記事に対してコメントを投稿することができます。
3. 体験シェアルームは、誰でも閲覧することができます。

第2条 投稿者の登録抹消

投稿者が、本ルールに違反したり、過去に違反したことがあった場合、その他当社が不適切と判断した場合には、当社は強制的に本サービスの利用をお断りすることがあります。

第3条 ID・パスワードの管理

Aquavisionセミナー会員のID(メールアドレス)とパスワードを入力することによって、投稿できます。IDとパスワードは、自己責任にて管理してください。

第4条 投稿者の責任

1. 投稿者は、自身の自己責任において本ルームのサービスをご利用ください。投稿した情報に関する責任は、投稿者自身にあります。当社は一切の責任を負いません。
2. 他人の名誉を毀損したり、プライバシーを侵害したり、許諾なく第三者の個人情報を開示したり、著作権法に違反したり、その他の権利を侵害した場合には、その投稿者は自身の責任と費用において解決しなければなりません。
3. 当社には投稿情報の保存義務はありません。バックアップ等はご自身で行ってください。

第5条 禁止事項

投稿者は、次にあげる行為は行ってはいけません。禁止事項に違反した場合には、利用の禁止、投稿情報の全部もしくは一部の削除等の措置を行うことがあります。
1) 当社または他社の著作権、商標権等の知的財産権の侵害、プライバシーもしくは肖像権の侵害。
2) 不当な差別、誹謗中傷、もしくはそれを助長する行為、名誉もしくは信用を棄損する恐れのある行為。
3) 自己の履歴や経歴、所属、肩書、資格等の詐称。
4) 犯罪行為もしくは犯罪に結びつく恐れのある行為、違法行為もしくはそれを誘引する行為。
5) 商用広告、宣伝、勧誘を目的とする情報(当社が承諾したものを除く)、アダルト、詐欺、コンピュータウィルス等に関する情報(リンク情報含む)、わいせつ、公序良俗に反する情報、その他当社が不適切と判断する情報の掲載。
6) 一度に大量の記事やコメントを投稿するなどのスパム行為。
7) その他当社が不適切と判断する行為や情報。

第6条 権利および使用許諾等

当社は、投稿された情報を、ヘミシンク普及の目的の範囲内において、書籍その他の手段を通じて使用することができるものとし、投稿者はそれを許諾するものとします。また、使用に際して、投稿者は著作者人格権を行使しないものとします。

第7条 免責事項

当社は、次の項目についての責任は負いません。
1) 投稿者間に発生した問題。
2) 本サービスの変更、中断、修了によって生じる問題や、ネットワーク障害、システム障害によって生じた問題。
3) 投稿された情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性。
4) 投稿された情報の保存、監視。

第8条 公開・削除権限

1. 投稿された記事は、当社の判断にて公開・非公開を決定します。
2. 記事、コメントともに、投稿された情報は当社の判断にて削除する場合があります。

第9条 サービスの変更等

当社の都合により、本サービスを変更、中断、終了することがあります。

第10条 協議・管轄裁判所

本サービスに関連して当社、投稿者、第三者との間で疑義や問題が生じた場合には、お互いに誠意をもって協議し、解決するものとします。協議によっても解決しない場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。