AQUAVISION HOMEMAS日記 > ブログ記事

MAS日記 ブログ記事

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

浅川葦富さん宅訪問

2010年12月 3日 10:46

スターラインズを小淵沢で開催している際の、とある昼休みを利用して、浅川葦富さんのお宅を訪問しました。

 

浅川葦富さんは、小淵沢にお住まいなのです。

 

浅川葦富さんとは、徳間書店から「5次元体験の超衝撃」というタイトルで対談本を出したこともあり、ちょっと知り合いになっていました。

 

ルラシュから彼の四駆の軽に乗って走ること5分。

南向きの緩やかな斜面にあるご自宅へ着きました。

 

代々造り酒屋をしていたということで、広い敷地内に古いお屋敷がふたつ、みっつ並んでいます。その中の母屋へ案内されて、二階へ。

 

そこは20畳ほどの応接間兼書斎でした。南側一面に、大窓があり、陽光を思いっきり浴びながら、南アルプスなのか、山並みを楽しむことができます。

 

ここのソファーに座って、一日ぼーっと眺めていても、時間が過ぎ去るのが惜しくないだろうな、というぐらいのところです。

 

2mx4mはある壁には本棚が並び、さまざまな本がぎっしりと並んでいて、実にうらやましい限りです。

 

DSC00713web.jpg

世界各地で自ら撮られた写真が、

いくつも飾られた中に、一枚、UFOらしき写真がありました。

 

細長い船体の横にはいくつも光の点が並んでいます。

 

 

 

 

 

「これは、ここからすぐのところで撮ったんだよ。

プレアデス人の宇宙船の母船だね。

UFOを呼ぶという女性たちがやってきたときなんだけど。

 

 

夜、空一面にUFOが現われたので、写真を撮ったら、端のほうにこれが写ってたんだ。

そのときは気がつかなったけど。他のUFOより遥かに巨大だね」

 

この写真は浅川さんの近著「 [UFO宇宙人アセンション] 真実への完全ガイド」(ヒカルランド)の表紙に載ってます。

 

「坂本さんは、これ見たことあるんじゃないの。いろいろな星へ行ってるから」

 

そう言われて、思い出したのですが、確かに、以前、スターラインズでプレアデス星団に行ったときに、非常に大型の細長い宇宙船を見ていました。

 

ということで、実は、今回のスターラインズでプレアデス星団を訪れた際に、そこの生命体に聞いてみましました。

 

すると、この巨大宇宙船は、今は地球の周りにいるので、こちら(プレアデス星団)にはいないとのことでした。前に行ったときには、たまたまプレアデス星団に帰ってたのかもしれません。

 

今から、また小淵沢へ行きます。明日からゲートウェイ・ヴォエッジです。18回目になります。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら