AQUAVISION HOME体験シェアルーム > インナーチャイルドコースでの体験

インナーチャイルドコースでの体験 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

インナーチャイルドコースでの体験

ニックネーム : ポン子
5月18日のインナーチャイルドコースの体験をシェアします。
セッション1の音楽が聞こえてきて、ガイダンスが始まる前ですが、ふと父親の顔が浮かび、次に竹馬のように乗りジャンプする遊具に乗って遊ぶ子供のイメージが浮かびました。
セッション1の前にやった、ミニワークの残像なのでしょうか。おやっ?と思ったけれどガイダンスの声に耳を傾けているうちに、このことはすっかり忘れてしまいました。

セッション2では子供が待っている部屋を想像し、子供がそこにいるつもりになって話しかけてみて、テーブルやイスをイメージしてみましたが、感じるものが見つかりませんでした。別の場所にいるのか?と一旦この想像を止めると、森の中の大きな木の家が見えてきて、枝葉がこんもりと屋根になり、絵本に出てきそうな家で、正面のフランス窓が入り口のようでした。そこで楽しく遊ぶことにした瞬間、自分はハイハイ競争の真最中!横に並んで競っているのは誰?と思いながらも手足の動きのすばやさに感心している場合じゃない?そこは床じゃなくて天井で、ひたすら楽しく競って進む私たちでした。
他に、夏の家の中のイメージ。レースのカーテンにせみの子供をくっつけて、成虫になるのを待つワクワク感。
別のシーンでは、用事があって出かけた子供(女の子)が道の途中の草の茂みで足をくじいて倒れてしまい、助けを求めている姿がありました。
そして最後にガイダンスの通りに、「ありがとう、また来るね」と抱き寄せると、子供が2人寄ってきた感じがしました、がその後次々と子供たちが集まってきて、抱えきれないくらいになりました。
ほんわりと暖かい気持ちになり、内なる子供に繋がったと感じました。

セッション4では春の野原で2人の姉妹と遊ぶことが出来ました。上の子は4~5歳ではにかみ屋、座って遊ぶ。下の子は3歳くらいで私とかけっこして遊びたい。遊びまわった後は四葉のクローバーで花の冠を編むことに。覚えているはずなのに、編み方を考えているうちに途切れて、次はフェンスの向こう側にいる、身なりをきちんとした女の子(小学生くらい)です。帽子を真っ直ぐにかぶり、赤い制服のようなシャツに黒いストレートパンツ姿で、フェンスを回ってこちらに出てくるところ。何か作業をしに行くようです。
私は遊ぶのが目的だと意識したために、そこで途切れてしまいました。
幼い頃あそんだ遊具やジャングルジムで遊ぶ姿をイメージしてみましたが無理があった様で、気がつけばそこに四角い小屋の中の太ったネコ。灰色で少し黒毛。隅にもたれて座ってこちらを見ていました。
最後にまた「ありがとう、また来るね」と子供たちを抱き寄せると、先ほどの2人の女の子が寄って来ました。更にその後ろに2~3歳の子供が寄ってきました。昔懐かしい自分の弟だと感じました。

他のセッションで、心と体、感情の調整をやってみると、作られた信念に囚われすぎていた過去の自分を感じます。
外界と折り合いをつける大人な部分で長い間過ごしてきて、内なる声(インナーチャイルド)には、理由をつけては奥へやってしまっていたのです。
もっと伸び伸びと自由で良かったのだと過去を振り返り、これからの生き方を見直す良い機会になりました。
これからも時々インナーチャイルドを尋ねていって、ワクワク感を感じ、またいろんな傷を癒すこと、ayaさんのガイダンスを思い出しながら、家でもやってみようと思います。
インナーチャイルドにありがとう!
そして、リラックスできて楽しくセミナーを進めてくださったソノさんにも感謝しています。


ニックネーム : ポン子

5月18日のインナーチャイルドコースの体験をシェアします。
セッション1の音楽が聞こえてきて、ガイダンスが始まる前ですが、ふと父親の顔が浮かび、次に竹馬のように乗りジャンプする遊具に乗って遊ぶ子供のイメージが浮かびました。
セッション1の前にやった、ミニワークの残像なのでしょうか。おやっ?と思ったけれどガイダンスの声に耳を傾けているうちに、このことはすっかり忘れてしまいました。

セッション2では子供が待っている部屋を想像し、子供がそこにいるつもりになって話しかけてみて、テーブルやイスをイメージしてみましたが、感じるものが見つかりませんでした。別の場所にいるのか?と一旦この想像を止めると、森の中の大きな木の家が見えてきて、枝葉がこんもりと屋根になり、絵本に出てきそうな家で、正面のフランス窓が入り口のようでした。そこで楽しく遊ぶことにした瞬間、自分はハイハイ競争の真最中!横に並んで競っているのは誰?と思いながらも手足の動きのすばやさに感心している場合じゃない?そこは床じゃなくて天井で、ひたすら楽しく競って進む私たちでした。
他に、夏の家の中のイメージ。レースのカーテンにせみの子供をくっつけて、成虫になるのを待つワクワク感。
別のシーンでは、用事があって出かけた子供(女の子)が道の途中の草の茂みで足をくじいて倒れてしまい、助けを求めている姿がありました。
そして最後にガイダンスの通りに、「ありがとう、また来るね」と抱き寄せると、子供が2人寄ってきた感じがしました、がその後次々と子供たちが集まってきて、抱えきれないくらいになりました。
ほんわりと暖かい気持ちになり、内なる子供に繋がったと感じました。

セッション4では春の野原で2人の姉妹と遊ぶことが出来ました。上の子は4~5歳ではにかみ屋、座って遊ぶ。下の子は3歳くらいで私とかけっこして遊びたい。遊びまわった後は四葉のクローバーで花の冠を編むことに。覚えているはずなのに、編み方を考えているうちに途切れて、次はフェンスの向こう側にいる、身なりをきちんとした女の子(小学生くらい)です。帽子を真っ直ぐにかぶり、赤い制服のようなシャツに黒いストレートパンツ姿で、フェンスを回ってこちらに出てくるところ。何か作業をしに行くようです。
私は遊ぶのが目的だと意識したために、そこで途切れてしまいました。
幼い頃あそんだ遊具やジャングルジムで遊ぶ姿をイメージしてみましたが無理があった様で、気がつけばそこに四角い小屋の中の太ったネコ。灰色で少し黒毛。隅にもたれて座ってこちらを見ていました。
最後にまた「ありがとう、また来るね」と子供たちを抱き寄せると、先ほどの2人の女の子が寄って来ました。更にその後ろに2~3歳の子供が寄ってきました。昔懐かしい自分の弟だと感じました。

他のセッションで、心と体、感情の調整をやってみると、作られた信念に囚われすぎていた過去の自分を感じます。
外界と折り合いをつける大人な部分で長い間過ごしてきて、内なる声(インナーチャイルド)には、理由をつけては奥へやってしまっていたのです。
もっと伸び伸びと自由で良かったのだと過去を振り返り、これからの生き方を見直す良い機会になりました。
これからも時々インナーチャイルドを尋ねていって、ワクワク感を感じ、またいろんな傷を癒すこと、ayaさんのガイダンスを思い出しながら、家でもやってみようと思います。
インナーチャイルドにありがとう!
そして、リラックスできて楽しくセミナーを進めてくださったソノさんにも感謝しています。

2014年5月19日 19:50 カテゴリ:

コメント(2)

Sonoです。
何かと縁の深いポン子さん、ナント私の小学生から大学までのあだ名が「ポン太」でした。^^w  こんなとこまでシンクロするなんてスゴイですよね。
「ゆるり」へ何度も通って頂いてますが、段々体験が豊かになっていて本当に楽しみです。
引き続きこころの窓を全開にして、ありの~ままの~自分になりましょう~♪
少~しも怖くないわ♪
驚き!娘のあだ名がポンタです~。
ソノさんとは本当にご縁があるんですね。
これからもよろしく!です。

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら