AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 体験シェアルーム 月別アーカイブ

体験シェアルーム 月別アーカイブ

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

2015年5月 アーカイブ

ニックネーム : カズ

あやさんのインナーチャイルドコースを5月5日のこどもの日に受けました。セミナー受講ははじめてだったので、緊張しつつセンターの扉をあけましたが、アットホームな雰囲気で気を張らずに参加できました。

日頃は自己流でシングルCDを流し聞きしています。それと比べると、横になって落ち着ける空間で仲間と一緒に体験するというのは、質の違う体験だなと感じました。変性意識状態というのがまだよくわかってない初心者なのですが、はじめのハートソングで宇宙空間のなかにいるような感覚になったので、これが変性意識状態?と思いました。

内なる子どもと遊んだり対話するワークでは、思ってもみない展開になって少しびっくりしました。はじめは自分が過去に何回かインナーチャイルドセラピーを受けたときと同じような展開だったので、またこういう流れなのかなと思っていたら、いきなり顔がなくなった子ども時代の自分が助けを求めているイメージが現れ、違う展開にハラハラしました。最後には内なる子どもを慰めたら、顔がもとに戻ってきてくれて、ああ少しは癒されたのかなと感じられてよかったです。亡くなった叔母が内なるヒーラーの姿として現れたのも驚きましたが、自然な気持ちで受け入れることができました。

あやさん、ほかの仲間のみなさんのおかげで、リラックスして無理せず素敵な時間が過ごせました。まだまだヘミシンクの世界はよくわかりません。でも、そこにはきっと何かがあるような直感もあって、ヘミシンクの世界に惹かれている自分もいます。またぼちぼちセミナーに参加したいと思います!


あやさんのインナーチャイルドコースを5月5日のこどもの日に受けました。セミナー受講ははじめてだったので、緊張しつつセンターの扉をあけましたが、アットホームな雰囲気で気を張らずに参加できました。日頃は自...

ニックネーム : W

直球ストレートなこのテーマに、興味津々で挑みました。自分がまだ見ぬ人をイメージするのは、意外と難しく、条件を設定していくうちに、どんどん出会う可能性が低くなってしまうのではないか?という恐れが先行してしまいました。しかし、それこそがリリースしなければいけない思考なんですね。様々な想いをいだいた仲間で過ごした数時間でしたが、シェアしていくうちに、それぞれの方に「あぁ、この人に本当にいい出会いがあるといいなぁ(自分も)」と心から思え、あっという間に一日が終わってしまいました。結果はまだわかりませんが、自分の否定的な思考ぐせを取り除き、あたたかい雰囲気の中、具体的なイメージを描いて、それにふさわしい自分になって、そして自分を信じる!!このコツをつかんだつもりです。『具現化にはコツがある!』 あぁ、いい報告ができるといいなぁ(笑)。あやさん、皆さん、ありがとうございました!

直球ストレートなこのテーマに、興味津々で挑みました。自分がまだ見ぬ人をイメージするのは、意外と難しく、条件を設定していくうちに、どんどん出会う可能性が低くなってしまうのではないか?という恐れが先行して...

ニックネーム : W

あやさんのインナーチャイルドコースを受けました。東京から名古屋への運転中、なんだか胸のあたりがくすぐったい感じが続いてました。ヘミ歴は長いのですが、考えてみたら、自分の子供時代にギュ~っと焦点を当てて掘り下げたことがなかったことに気付きました。『子供の自分と遊ぶ』では、子供の自分よりも、自分の方が(あ、同じ自分ですね 笑)楽しんでいるんじゃないかっていうくらい夢中で遊びました。私は運動神経が並はずれて良く(と思っていた)、それが自慢で自慢でしかたなく、誰かに認めてもらいたかったという思いが強かったことを思い出していました。
イメージとしては、ジャングルジムから発展して、ふたりでターザンのごとく絶叫してジャングルを暴れまくり、お互いの運動神経を認め合いながらスリリングで興奮したひとときを味わっていました。そんな納得した楽しい思いが私の潜在意識にしっかり根付いたのかもしれません。『インナーチャイルドを癒す』ことで私のこころのバランスがよくなった気がしています。あやさん、皆さん、ありがとうございました!

あやさんのインナーチャイルドコースを受けました。東京から名古屋への運転中、なんだか胸のあたりがくすぐったい感じが続いてました。ヘミ歴は長いのですが、考えてみたら、自分の子供時代にギュ~っと焦点を当てて...

ニックネーム : ヤマ

4月26日斬新な若々しいエネルギーが藤由さんの「ミヤンマー訪問記」の素晴らしいシンクロのお話に魅了されて開花した、あっという間の1日でした。
藤由さんの魔法と津蟹さんの誠実なお人柄から滲み出るアットホームな空気でいろいろ活発なシエアがされました。
私の今回のテーマは「健康」としました。ひたすら願えば素晴らしい未来を手にすることが出来ると教えられてF15の扉の前に向かい合いました。コーチされた通り白く黄色い煙が扉を包み、扉を開けると煙が消えた後にギリシャ神殿のような太い柱が囲む広い空間にゆったりとした大きな椅子が置いてありました。随分古い時代だなあと思っていましたら、地面から煙が出てきて床。椅子。柱。と煙の中に消えてしまいました。やがて
その後にやや広い丸いテーブルにゆったりとした椅子が出てきました。
今日は何が楽しめるのかなと思っていましたら「大きなお皿に干した豆、果物」が盛られていました。・・成程ねと思って次を期待していましたが。今日はここまで・・と言うことのようでした。
現在豆類を出来るだけ取るようにしていますので、その延長線上で良いようでした。
どこのスーパーでもあると思っていたのですが、案外思っていたような物がなく、2日目にコープで大々的にコーナー作りをしているのに出会いました。味噌汁、豆腐、納豆、豆乳、豆の佃煮類、に乾燥物が加わる事になります。
2日ほど出歩いていて仏間のお花が萎れだしたと気になっていましたら、講習会の翌日、近所の方が「お花」と「お供物」を持って訪ねて来られました。
玄関前の寄せ植えが枯れてきているので量販店で花を探していたら、もう一人の近所の方にお会いして「これを持って行こうと思っていたの」と言われました。
願望実現はお金の束を手にする事ではなく、もう少し手近な所でこちらが出来ずにいることを助けてもらうという事でもあるのかなと思いました。
足らないものを譲り合う。縄文時代にはこれが普通だったようですし、今でも日本の地方村落には風習として残っていると本に書かれていました。
1月ほど前、ある所で「紙切れの束」とか「金塊」を持っていても仕方ない。欲しいときに必要なものが目の前に出てくれば良いね・・と話合ったことがありました。
願望実現はひたすら願うとともにいろいろと動いてみることではないでしょうか。講習を受けて「ガンバロー」と言うことなのでしょうか。
若い方たちの講習への挑戦がもっともっとあると良いだろうと思います。
コーチの藤由さん、津蟹さんいろいろと有難うございました。



4月26日斬新な若々しいエネルギーが藤由さんの「ミヤンマー訪問記」の素晴らしいシンクロのお話に魅了されて開花した、あっという間の1日でした。藤由さんの魔法と津蟹さんの誠実なお人柄から滲み出るアットホー...

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら

カテゴリー