AQUAVISION HOMEMAS日記 > 月別ブログ記事リスト

月別ブログ記事リスト

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

2012年6月

弥彦山

昨日、森岡万貴さんと新潟県の弥彦山に行ってきました。新刊 『ベールを脱いだ日本古代史』の最後のところで書きましたが、弥彦山に行く必要があるとのメッセージを万貴さんは前から受け取っていました。二人の予定がなかなか合わなかったのですが、やっと行くことができたという感じです。昨日、新潟は晴れ上がり、この時期としては湿度もそれほど高くなく、絶好の行楽日。すっかり日に焼けてしまいました。詳しくは、次の本に書...

トレーナー会議

26日(火)の13時から27日の13時までトレーナー会議を行いました。場所は、東京お台場のホテル・グランパシフィックLE DAIBA。会議室を12時間借り、ホテルに泊まりこんでの会議です。ヒロさんがトレーナーになってトレーナー11名全員が集合するのは今回が初めてでした。ヒロさんに初めて会うトレーナーも2名いましたので、ヒロさんの紹介の機会にもなりました。26日の18時半ごろに会議を終え、ディナーの...

モンロー研では、ヘミシンクは自転車の補助輪だと教えます。自転車が乗れるようになるまでの、一時的な手助け。うまく乗れるようになったら、いらない。自在に乗りこなすのには却って邪魔になります。だから、ヘミシンクの目的は、ヘミシンクを使わなくなること。ヘミシンク依存症を大量に生み出すことではありません。あくまでも、より自由に、自立して生きられるようになるための補助手段です。ここで、自立ということが重要です...

16日(土)から19日(火)まで小淵沢のルラシュで、伝説の「ガイドとの邂逅セミナー」を開催していました。以前は、このセミナー、年に一回のペースで開催していたのですが、去年は大震災の直後だったので、お流れになり、結局、2010年の4月以来、2年ぶりの開催になりました。まさしく、伝説のセミナーとなっていました。今回のトレーナーは、私とみつさん、たつぞうさん(合わせて密造さん)というアクアヴィジョンが誇...

巣立ち

キジバトですが、昨日の朝はいつものように8時半に親がやってきてエサをやりました。その後、ハート出版との打ち合わせがあるので東京の神楽坂へ行き、夕方に帰宅しました。すると、ヒナの姿が見えなくなってました。これまでも、夕方になると姿をくらますことがあったので、どこかに隠れているのかと思ったのですが、今朝も姿はありませんでした。親のデデポッポーという声だけは早朝から聞こえていたのですが。どうしたんだろう...

キジバトつづき2

今朝も、親鳥がエサをやりにやってきました。 ほっとしました。 その後、ヒナはどこかにいなくなってしまったので、 親といっしょに他のところへ行ったのかと思っていると、 物置の前のコンクリのところに座っていました。 実は今日、車に積んであったスタッドレスタイヤを、 物置にしまおうと思ってたのですが、入口に陣取られてしまい、しまえないでいます。明日は神楽坂でハート出版社と打ち合わせがあり、一日出ている...

キジバトつづき

キジバトのひなですが、今朝、昨日隠れていたところにいなかったので、心配しましたが、軒下の砂地にいました。親は来るのかとやきもきしていると、8時半ごろに舞い降りてきて、さっそくエサを与えていました。玄関前の目立つところで、です。ふと見ると、30メートルほどのところを、猫が歩いています。幸い、向こう向きに遠ざかっていきました。9時から午後3時まで外出し、その間に雨が降り始めました。帰ってから、大急ぎで...

キジバト

今朝、ゴミを出しに行って庭にキジバトのひながいるのを見つけました。ひなといっても、親鳥の半分くらいの大きさです。ただ、まだ自分でえさを食べる様子はまったくありません。庭の芝生の上にじっとしています。家内に言うと、昨日からいるとのこと。このままだと、カラスや猫にやられてしまうので、家の中で飼うしかないかと思い、とりあえず、ネットで飼育法を検索しました。すると、動物保護センターに連絡するといいと出てい...

新刊に出てくるのですが、縄文時代には、日本各地で龍神が祀られていたようです。しかも、龍神というのは架空の存在ではなく、実はシリウス系の宇宙人だったんですね。浅川嘉富さんの本にもシリウス系の龍型宇宙人が出てきますが、その親戚筋にあたる生命体です。古代人は山の頂上とか、パワースポットで、実際にこういう宇宙人と交信・交流していて、そういう場がその後、神社になったようです。中には、そういう龍神を封印して、...

新刊 ベールを脱いだ日本古代史 がアマゾンで予約開始になっています。 本屋に並ぶのは来週の予定です。 ベールを脱いだ日本古代史この本は、不思議な女性との出会いから始まります。彼女の勧めで三輪山へ行くのですが、そこでの体験から、日本の古代史に秘められた謎の解明をすることになります。その結果がこの本になりました。三輪山では悲惨なことが起こっていて、それに関わった多くの人がいまだに解放されずにいた・・そ...

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

更新お知らせメール

日記が更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら