AQUAVISION HOME体験シェアルーム > フォーカス21ガイドや亡くなった人たちに会う。

フォーカス21ガイドや亡くなった人たちに会う。 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

フォーカス21ガイドや亡くなった人たちに会う。

ニックネーム : マック魂
昨日の続きのセッションです。タイトルのように、あちら側の世界とこちらの世界の境界などを体験します。   初めにフォーカス12まで行き、そこから自力でも行けるのですが、私は今回、4人のガイドさんと一緒に行こうと思い、先ほどのセッションのようにガイドさんを呼びました。  まず、私から見た正面左の方から、ひとつの光の塊のようなものが私の上半身左側に、次の光が今度は上半身右側に、又次の光がっていうように次々とやってきました。左足そして右足付近といったように!  ガイドさんのお顔を見たく思い、初め光でしたが、やがてお姿を現しました。もちろん<お姿を見せてくださいってお願いしております。>では、登場人物の紹介をいたします。まず上半身の方には、ドラゴンボールに出てきたような緑色した、蛸が人間化したなんとか星人です。二人?とも。左足の方の担当はぎょぎょ!魚君・・・冗談冗談!・・・なぜか桃太郎でした。雉、猿の家来は連れていません。そして右側は、なんと金太郎!ちゃんと赤い腹巻してロングヘアでした。そしてさらに特別ゲストです。あのエジプトから来たんですかね?・・ちゃんとピラミット守っているんですかね!!   4人?呼んだのに5人?とは。・・・結構こういうのあるそうです・・・・ミーさん曰く。  ちなみに私は、上半身は、約70度くらいに起こし足を伸ばしセッションをしています。クリックアウトしないように・・・これだと今のところパーフェクトに眠りません。     さていよいよ出発。数々の光の中をくぐりぬけ、いざF21へ。  そして到着。いつも私がここへ来ると真っ暗な闇の世界!しかし今回は、うっすら曇り空のやや白めの世界。到着したら、ブリッジカフェを見つけて、セッションしている同士会ってハグしましょうって言われていましたので、ガイドさんも一緒に探してくださいね!ということで出てきました。なんと丸い建物でガストのような感じのお店でした。(もっと高級レストランとかのイメージが私的には、なぜか浮かびませんでした。生活感が貧しいのかな??)早速中に入ろうとし、先ほどの同じようなセッションでは、みーさんがトーテンポール(カラフルな色した)のかっこうして入り口に登場してきたので、いらっしゃるかな??っとあたりを見回しましたが、姿が見えないので中に入りました。するといました、いました今度は、何とかレンジャーのモモレンジャーでした。すぐわかるものですね!!次は、仮にマーさんとお呼びしておきますかね!またまたいました。もう皆さん想像がつきますね!!そうです。青レンジャーです。そして互いにハグハグしあい喜びを分ち合いました。次は、いつもカウンターにモンローさんがいるはずだということで、   いました、いました。やはり前回と同じくオカマチックで今回はさらになんと、メイドさん風でした。・・・皆さんもメイドさんに扮したモンローさん想像してみてくださいね。  カウンタに行き私は、飲み物を注文したら、早速シェーカーを振り、カシャカシャ音を立て赤の銅色したコップに注いでくれました。味的にはミルクセーキのイメージでしたね。  モンローさん有難うございました。多分そのときお礼を言うのを忘れていたと思います。この場をお借りしてお礼を申し上げます。さて次は、いよいよブリッジを探し、今回は36歳でなくなった兄と会う!!っていう冒険(私的に)を試みたいと思います。表にうっかり待たしておいた、ガイドさんにお詫びをしあちらの世界への入り口になる橋を探して、そこを渡りあちらの世界につれていってくださいね!というお願いをして、あっちうろうろでようやく見つかりました。なんと形的にはちょっと凱旋門を正面からみたような形で、橋の真横からみると、そんなイメージです。川も段々になっていて、ちょっと滝的な感じでした。では、ということでみんなで、橋の幅、3メートルくらいだったと思います。
そこを渡り、向こうに到着。そこでそこのガイドさんを呼びましたら、すぐさま現れ、なーんとアンパンマンに出てくるばい菌マン的キャラクターでした。一緒に来たガイドさんには、そこで待ってていただき、そのばい菌マンさんに、なくなった兄に合わせていただくようお願いをしました。すると一気に場面が変わり、とてもきれいなグリーンの芝生に敷き詰められた、雲ひとつない青空が広がり、その中から、亡くなった時と同じような年齢で出てきました。  思わず私たちは抱擁しあい、途中のフォーカスに引っかからなくて無事F27以上にいけたんだねえ!っていいながらお互い喜びあっておりました。ところが、なんかこんな簡単に会えていいのかしら?!って言った瞬間、目の前の兄が消えてしまい、私の右上の頭上空にピカリ、と光ったのを見ました。その後兄は現れなく、私が一瞬でも疑問に思ってしまった気持ちが、このような事態になってしまったのでしょうか??なんかとても後悔と寂しい気持ちになり、ばい菌マンさんを呼び先ほどの橋のところに戻していただき、ちょうどフォーカス12に戻るよう、指示が出たので惜しい気持ちが後を引くのを感じながら、F21のあちら側を後にしました。  一緒に行ったガイドさんそしてばい菌マンガイドさんありがたかったでした。  改めて感謝です。

ニックネーム : マック魂

昨日の続きのセッションです。タイトルのように、あちら側の世界とこちらの世界の境界などを体験します。   初めにフォーカス12まで行き、そこから自力でも行けるのですが、私は今回、4人のガイドさんと一緒に行こうと思い、先ほどのセッションのようにガイドさんを呼びました。  まず、私から見た正面左の方から、ひとつの光の塊のようなものが私の上半身左側に、次の光が今度は上半身右側に、又次の光がっていうように次々とやってきました。左足そして右足付近といったように!  ガイドさんのお顔を見たく思い、初め光でしたが、やがてお姿を現しました。もちろん<お姿を見せてくださいってお願いしております。>では、登場人物の紹介をいたします。まず上半身の方には、ドラゴンボールに出てきたような緑色した、蛸が人間化したなんとか星人です。二人?とも。左足の方の担当はぎょぎょ!魚君・・・冗談冗談!・・・なぜか桃太郎でした。雉、猿の家来は連れていません。そして右側は、なんと金太郎!ちゃんと赤い腹巻してロングヘアでした。そしてさらに特別ゲストです。あのエジプトから来たんですかね?・・ちゃんとピラミット守っているんですかね!!   4人?呼んだのに5人?とは。・・・結構こういうのあるそうです・・・・ミーさん曰く。  ちなみに私は、上半身は、約70度くらいに起こし足を伸ばしセッションをしています。クリックアウトしないように・・・これだと今のところパーフェクトに眠りません。     さていよいよ出発。数々の光の中をくぐりぬけ、いざF21へ。  そして到着。いつも私がここへ来ると真っ暗な闇の世界!しかし今回は、うっすら曇り空のやや白めの世界。到着したら、ブリッジカフェを見つけて、セッションしている同士会ってハグしましょうって言われていましたので、ガイドさんも一緒に探してくださいね!ということで出てきました。なんと丸い建物でガストのような感じのお店でした。(もっと高級レストランとかのイメージが私的には、なぜか浮かびませんでした。生活感が貧しいのかな??)早速中に入ろうとし、先ほどの同じようなセッションでは、みーさんがトーテンポール(カラフルな色した)のかっこうして入り口に登場してきたので、いらっしゃるかな??っとあたりを見回しましたが、姿が見えないので中に入りました。するといました、いました今度は、何とかレンジャーのモモレンジャーでした。すぐわかるものですね!!次は、仮にマーさんとお呼びしておきますかね!またまたいました。もう皆さん想像がつきますね!!そうです。青レンジャーです。そして互いにハグハグしあい喜びを分ち合いました。次は、いつもカウンターにモンローさんがいるはずだということで、   いました、いました。やはり前回と同じくオカマチックで今回はさらになんと、メイドさん風でした。・・・皆さんもメイドさんに扮したモンローさん想像してみてくださいね。  カウンタに行き私は、飲み物を注文したら、早速シェーカーを振り、カシャカシャ音を立て赤の銅色したコップに注いでくれました。味的にはミルクセーキのイメージでしたね。  モンローさん有難うございました。多分そのときお礼を言うのを忘れていたと思います。この場をお借りしてお礼を申し上げます。さて次は、いよいよブリッジを探し、今回は36歳でなくなった兄と会う!!っていう冒険(私的に)を試みたいと思います。表にうっかり待たしておいた、ガイドさんにお詫びをしあちらの世界への入り口になる橋を探して、そこを渡りあちらの世界につれていってくださいね!というお願いをして、あっちうろうろでようやく見つかりました。なんと形的にはちょっと凱旋門を正面からみたような形で、橋の真横からみると、そんなイメージです。川も段々になっていて、ちょっと滝的な感じでした。では、ということでみんなで、橋の幅、3メートルくらいだったと思います。
そこを渡り、向こうに到着。そこでそこのガイドさんを呼びましたら、すぐさま現れ、なーんとアンパンマンに出てくるばい菌マン的キャラクターでした。一緒に来たガイドさんには、そこで待ってていただき、そのばい菌マンさんに、なくなった兄に合わせていただくようお願いをしました。すると一気に場面が変わり、とてもきれいなグリーンの芝生に敷き詰められた、雲ひとつない青空が広がり、その中から、亡くなった時と同じような年齢で出てきました。  思わず私たちは抱擁しあい、途中のフォーカスに引っかからなくて無事F27以上にいけたんだねえ!っていいながらお互い喜びあっておりました。ところが、なんかこんな簡単に会えていいのかしら?!って言った瞬間、目の前の兄が消えてしまい、私の右上の頭上空にピカリ、と光ったのを見ました。その後兄は現れなく、私が一瞬でも疑問に思ってしまった気持ちが、このような事態になってしまったのでしょうか??なんかとても後悔と寂しい気持ちになり、ばい菌マンさんを呼び先ほどの橋のところに戻していただき、ちょうどフォーカス12に戻るよう、指示が出たので惜しい気持ちが後を引くのを感じながら、F21のあちら側を後にしました。  一緒に行ったガイドさんそしてばい菌マンガイドさんありがたかったでした。  改めて感謝です。

2012年6月15日 18:47 カテゴリ:

コメント(1)

マック魂さんの具体的な体験シェアに感謝します(笑)。
多くの方が、こんな風になる?と疑問をお持ちかと思いますが、遅かれ早かれ、体験をなさることは間違いありません。
ご自宅でコツコツ、疑問を抱きながら、一人で学習&検証をしていた私は、アクアヴィジョンのようなセミナーがあったら、もっと早く疑問を打ち消せただとうと思っています。
今は、アクアヴィジョンの素晴らしいメンバーと共に、見えない世界の体験をわかりやすくみなさんにお伝え出来ることを嬉しく思っています。
そして、マック魂さんのように体験され、あらゆる自分を統合されていく姿を共に分かち合えることに、感謝するばかりです。マック魂さん、ありがとうございます。また、こちらでも向こうでもお会いしましょうね♪

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら