AQUAVISION HOME体験シェアルーム > スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー2日目

スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー2日目 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー2日目

ニックネーム : ユー
 2日目はヒーリングとスプーン曲げです。ヒーリングとサイコキネシス(念力)は同じプロセスで起こること、またそれは瞬時に起こる、という説明を聞いたあと、ワークに入りました。そしてワークではそれを実際に体験し、全身(マインド/ハート/ボディーなど全ての側面)で納得することができました。

 まずヒーリング・セッションでは、非常に大きなエネルギーが体を通った感じがした直後に1本目のスプーン(3本100円?の細いスプーン:ステージ1と名付けました)が曲がりました。その後、2本目のスプーン(1本100円?:ステージ2)も順調に曲がりました。
 そして運命の3本目のフォーク(1本300円?、700円?:値段はうろ覚えですが、ステージ3)への挑戦です。さすがに3本目になると太くて、なかなか曲がりません(多分、太いと曲がらないという信念がぼくの中にあったのだと思います)。3本目のフォークを手にする少し前に、ミーさんがレゾナント・チューニングの際にスプーンを曲げたのを思い出したので、F12でパターニングをするセッションのレゾナント・チューニングで3本目のフォーク曲げを試みました。
 レゾナント・チューニングをやりながら、"どうして曲がらないんだろう"と聞いたところ、女性の顔が浮かんできました。彼女曰く、"私はかたい女よ。そんなに簡単に曲がらないわ!"。"えー!何だ、これは!"と思いましたが、変性意識ではさほど驚きません。冷静に彼女と交信(?)を始めました。以下にその会話を記します。
"そんなことを言わないで、お茶しない?"→"イヤよ"
"美味しいコーヒーがあるんだ"→"イヤ"
なんかナンパしているみたいだなー、と思いつつも交信を続けます。
"じゃ、美味しいケーキを食べに行こう"。その瞬間、フォークが柔らかくなったのを感じたので、一気に曲げました。
 その後、フォークの先端部分を曲げようとしましたが曲がらず、交信(?)もできなくなってしまいました(彼女の機嫌を損ねた?)が、曲げるという初期の目的は達成できました。
 この後、スプーン曲げの手順に関して、「スプーンに曲がってくれるか尋ね、スプーンの許可を得る。スプーンが意識を持ち、あなたがスプーンと繋がれると確信を持つ」という説明があったので、なるほどと思いました。

 さらにまだ誰も曲げていない1000円(ステージ4)のスプーンにフレッドさんが、フォークにぼくが挑みました。その結果、2人とも何とか曲げることはできましたが、自他ともに認める中途半端な曲がり方でした。しかし、大満足の2日間でした。

 この2日間を通して、
・ハートをひらくコツ
・ヒーリングとサイコキネシスが同じプロセスで起こること
を実感として学ぶことができました。
・また意図したことが具現化されること
・ならびに自分自身
をより強く信じられるようになりました。

 すごく実りの多い2日間でした。今回の経験が、今後C1世界でどのような変化をもたらすかすごく楽しみです。
 トレーナーの坂本さん、SONOさん、ならびにお金を払った参加者でありながらほとんどトレーナーとしての役割をこなされていたタツゾウさん、ミーさん、さらに今回の体験を共同創造してくれた参加者のみなさん(特にアセンション・セミナーで一緒だったフレッドさんと西浜さん)、ありがとうございました。また今後のセミナーでもご一緒したいと思います。

ニックネーム : ユー

 2日目はヒーリングとスプーン曲げです。ヒーリングとサイコキネシス(念力)は同じプロセスで起こること、またそれは瞬時に起こる、という説明を聞いたあと、ワークに入りました。そしてワークではそれを実際に体験し、全身(マインド/ハート/ボディーなど全ての側面)で納得することができました。

 まずヒーリング・セッションでは、非常に大きなエネルギーが体を通った感じがした直後に1本目のスプーン(3本100円?の細いスプーン:ステージ1と名付けました)が曲がりました。その後、2本目のスプーン(1本100円?:ステージ2)も順調に曲がりました。
 そして運命の3本目のフォーク(1本300円?、700円?:値段はうろ覚えですが、ステージ3)への挑戦です。さすがに3本目になると太くて、なかなか曲がりません(多分、太いと曲がらないという信念がぼくの中にあったのだと思います)。3本目のフォークを手にする少し前に、ミーさんがレゾナント・チューニングの際にスプーンを曲げたのを思い出したので、F12でパターニングをするセッションのレゾナント・チューニングで3本目のフォーク曲げを試みました。
 レゾナント・チューニングをやりながら、"どうして曲がらないんだろう"と聞いたところ、女性の顔が浮かんできました。彼女曰く、"私はかたい女よ。そんなに簡単に曲がらないわ!"。"えー!何だ、これは!"と思いましたが、変性意識ではさほど驚きません。冷静に彼女と交信(?)を始めました。以下にその会話を記します。
"そんなことを言わないで、お茶しない?"→"イヤよ"
"美味しいコーヒーがあるんだ"→"イヤ"
なんかナンパしているみたいだなー、と思いつつも交信を続けます。
"じゃ、美味しいケーキを食べに行こう"。その瞬間、フォークが柔らかくなったのを感じたので、一気に曲げました。
 その後、フォークの先端部分を曲げようとしましたが曲がらず、交信(?)もできなくなってしまいました(彼女の機嫌を損ねた?)が、曲げるという初期の目的は達成できました。
 この後、スプーン曲げの手順に関して、「スプーンに曲がってくれるか尋ね、スプーンの許可を得る。スプーンが意識を持ち、あなたがスプーンと繋がれると確信を持つ」という説明があったので、なるほどと思いました。

 さらにまだ誰も曲げていない1000円(ステージ4)のスプーンにフレッドさんが、フォークにぼくが挑みました。その結果、2人とも何とか曲げることはできましたが、自他ともに認める中途半端な曲がり方でした。しかし、大満足の2日間でした。

 この2日間を通して、
・ハートをひらくコツ
・ヒーリングとサイコキネシスが同じプロセスで起こること
を実感として学ぶことができました。
・また意図したことが具現化されること
・ならびに自分自身
をより強く信じられるようになりました。

 すごく実りの多い2日間でした。今回の経験が、今後C1世界でどのような変化をもたらすかすごく楽しみです。
 トレーナーの坂本さん、SONOさん、ならびにお金を払った参加者でありながらほとんどトレーナーとしての役割をこなされていたタツゾウさん、ミーさん、さらに今回の体験を共同創造してくれた参加者のみなさん(特にアセンション・セミナーで一緒だったフレッドさんと西浜さん)、ありがとうございました。また今後のセミナーでもご一緒したいと思います。


2013年6月17日 12:48 カテゴリ:

コメント(1)

しつこいようですが、Sonoです。^^w
スプーン曲げもユーさん凄かったですよね。でも帰りが航路だったので危険人物と間違われる危険をはらんでいた「曲がったフォーク」は私がお預かりしました。
愉しむこと、そしてワクワクすることが意識を別の次元に開くカギになってましたね。大変な時にこそこの意識常態になってどんどん現実を切り開いていきたいものです。
またご一緒に進んで参りましょう。

Sono

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら