AQUAVISION HOME体験シェアルーム > スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー1日目

スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー1日目 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

スプーンが曲がった!そして大いなる学びがーーー1日目

ニックネーム : ユー
 5月15日〜16日に神楽坂で開催された 『シンククリエーション・ワークショップ』に参加してきました。とにかくメッチャクチャ楽しかったセミナーでした。
 最初に坂本さんから、今回のセミナーは単に念力について学ぶのではなく、それを通して現実を“大いなるすべて”とコ・クリエイト(共同創造)することを学ぶ「自己啓発トレーニング・システム」であるという説明を受け、セミナーが始まりました。1日目のメイン・イベントはダイス・プレイス(サイコロ投げ)、2日目のメイン・イベントはスプーン曲げです。いずれもハートとマインドを開くことが非常に重要であるということでした。

 まず、具現化のためには潜在意識の恐れをなくす必要があるということで、『リリーシング・フィア(恐れを手放す)』ということを行います。ここでは、『リリース&リチャージ』と同じ手順で恐れを手放していきます。3回行いますが、3回ともエネルギー変換箱を開けた瞬間に、タツゾウさんの “オーソーレミオ!(恐れを見よ!)”という歌声が聞こえてきます。F10への集中が乱れるような気がしたので、エネルギー変換箱の中に押し戻しましたが、シェアの際にタツゾウさんがセッション前にこの曲が頭に浮かんでいたというのを聞いて驚くと同時に、今回のセッションへの期待が一気に高まりました。

 そして1日目最後のセッション・サイコロ投げではハートを開くための秘技が伝授されました。その名は、“タツゾウ流ミャンマー踊り”です(今回初めて明らかにされた秘技であり、ここでは詳しく書けませんが、タツゾウさんのセミナーを受けた方なら大体想像できるだろうと思います)。これでサイコロを投げると結構ゾロ目がでるので、皆んな狂ったようにこの踊りを踊っていました。この他にも、“大いなるひとつから力を降ろすポーズ投げ”や“大天使を召喚しての大天使投げ”、“イス取りゲーム投げ”、さらには“正統派・瞑想投げ”など色んな投げ方が編み出されていましたが、秘技“ミャンマー踊り投げ”にはかなわなかったという印象を受けました。
 自分がこのグループに所属していなかったら絶対に近づかなかっただろう、と思われるような異様な盛り上がりの中、皆んなのハートが全開になり、充実した1日目が終わりました(特にミーさんが盛り上げすぎて、最後抜け殻のようになっていたのが印象的でした。『あしたのジョー』の最終回をみているようでしたーーお疲れ様でした)。

 これまでのヘミシンクのセミナーでは、深い感動体験をしたときにハートが開かれたのを感じていましたし、また色んなスピリチュアル・セミナーでもハートを開くことの重要性が強調され、そのために色んなメソッドが使われていますが、今回こんなに簡単にハートが開くことが実感できたのには驚きました。秘技“ミャンマー踊り”恐るべし、です。

ニックネーム : ユー

 5月15日〜16日に神楽坂で開催された 『シンククリエーション・ワークショップ』に参加してきました。とにかくメッチャクチャ楽しかったセミナーでした。
 最初に坂本さんから、今回のセミナーは単に念力について学ぶのではなく、それを通して現実を“大いなるすべて”とコ・クリエイト(共同創造)することを学ぶ「自己啓発トレーニング・システム」であるという説明を受け、セミナーが始まりました。1日目のメイン・イベントはダイス・プレイス(サイコロ投げ)、2日目のメイン・イベントはスプーン曲げです。いずれもハートとマインドを開くことが非常に重要であるということでした。

 まず、具現化のためには潜在意識の恐れをなくす必要があるということで、『リリーシング・フィア(恐れを手放す)』ということを行います。ここでは、『リリース&リチャージ』と同じ手順で恐れを手放していきます。3回行いますが、3回ともエネルギー変換箱を開けた瞬間に、タツゾウさんの “オーソーレミオ!(恐れを見よ!)”という歌声が聞こえてきます。F10への集中が乱れるような気がしたので、エネルギー変換箱の中に押し戻しましたが、シェアの際にタツゾウさんがセッション前にこの曲が頭に浮かんでいたというのを聞いて驚くと同時に、今回のセッションへの期待が一気に高まりました。

 そして1日目最後のセッション・サイコロ投げではハートを開くための秘技が伝授されました。その名は、“タツゾウ流ミャンマー踊り”です(今回初めて明らかにされた秘技であり、ここでは詳しく書けませんが、タツゾウさんのセミナーを受けた方なら大体想像できるだろうと思います)。これでサイコロを投げると結構ゾロ目がでるので、皆んな狂ったようにこの踊りを踊っていました。この他にも、“大いなるひとつから力を降ろすポーズ投げ”や“大天使を召喚しての大天使投げ”、“イス取りゲーム投げ”、さらには“正統派・瞑想投げ”など色んな投げ方が編み出されていましたが、秘技“ミャンマー踊り投げ”にはかなわなかったという印象を受けました。
 自分がこのグループに所属していなかったら絶対に近づかなかっただろう、と思われるような異様な盛り上がりの中、皆んなのハートが全開になり、充実した1日目が終わりました(特にミーさんが盛り上げすぎて、最後抜け殻のようになっていたのが印象的でした。『あしたのジョー』の最終回をみているようでしたーーお疲れ様でした)。

 これまでのヘミシンクのセミナーでは、深い感動体験をしたときにハートが開かれたのを感じていましたし、また色んなスピリチュアル・セミナーでもハートを開くことの重要性が強調され、そのために色んなメソッドが使われていますが、今回こんなに簡単にハートが開くことが実感できたのには驚きました。秘技“ミャンマー踊り”恐るべし、です。


2013年6月17日 12:41 カテゴリ:

コメント(1)

何故か匿名希望に・・・。
そんな訳はありませんよ。Sonoです。^^/
また神楽坂でご一緒できて良かったです。
福井でもミャンマー踊りを上回る秘儀をあみ出していきたいです。(笑)

もう一度、Sonoです。^^/

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら

カテゴリー