AQUAVISION HOME体験シェアルーム > トータルセルフとインナーチャイルドの関係は?

トータルセルフとインナーチャイルドの関係は? 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

トータルセルフとインナーチャイルドの関係は?

ニックネーム : aya
こんにちは、トレーナーのあやです。
先日のトータルセルフ体験コースに参加してくださった、ひろし21さんの体験がとても興味深かったので、ご本人の了解を得て、シェアさせていただきたいと思います。
私もちょうど同じようなテーマについて、???と好奇心が高まっているところで、とても共感しました。

ちなみにI/There=トータルセルフとは、あちらの自分、自分のあらゆる側面の集まり、と言われています。
EXCOMはI/Thereの中心部にいる代表的な存在という意味で、モンローさんが使った用語です。

ではでは、体験をご紹介します。

<セッション6/エクスコムにアクセスする>
男性の声でF21へ、そして「F22を超えていきましょう」というナレーションから「美しい」女性の声に替わって27までカウントアップするのだが、途中で一瞬寝そうになったようで、入眠の夢のような状態で気づくと、2~3人の人たちと一緒にエレベーターに乗り込もうとしている。

カウントは27になり、アクアパレスに入っていく。そこでハッとなって、どうしようか、と迷う。
エレベーターだから、このまま上がって行ってもI/Thereにたどり着けるようにも思える。むしろその方が自然か、などと逡巡しながら、思い切って、水晶の周りにその2~3人を連れていくことにする。参加者と、そして非物質の連れと、いっしょにレゾナントチューニングする。(これって初めての経験)掛け声とともに、I/Thereへ。

角ばったソファーが7、8脚、円形に並べてある。私の両側には、一緒に上がってきたはずの人物たち。どうやらエクスコムに接触できたらしい。

今回は、かねてよりの疑問をぶつけてみよう、と思っていた。
エクスコムは、I/Thereの代表、委員会などということだが、それはI/Thereの客観的な代表ということなのだろうか?それとも、私だけに向けてI/Thereから選抜されているのだろうか?
I/Thereという集合体に代表する委員会がある、というような政治構造的な成り立ち方は、ハッキリ言って気に入らない。でも、世の中は宇宙の果てまで行ってもそんなもんなんだよ、といわれると、そういう結論もリアルな感じがしてくる。ここは、I/Thereに対する自分の取り組み方を見直す意味でも、ぜひともはっきりさせたい。
ということで、その質問を投げかけた。

結論としては「I/Thereを代表するということではない」という。
「横並びのメンバーなのだ、(私)を含めた。そして、(私)は物質世界へのアプローチの窓口となって、このメンバーでいっしょにCO-Creationするということなのだ。背景となる世界へのアプローチはほかのメンバーが窓口となる。メンバーは、それぞれ別の時間(時代?)、別の世界、別の次元から来ていて、それぞれの世界にむけて創造のアプローチをするに際して、(私)もまたCo-Creationをサポートしているのだ(自分では気づいてないが)」
そういわれて、あらためてよく見てみると、青い皮膚の人物、褐色の肌に黒いムスリム風の衣装の女性など多彩な人物が少し見えてくる。
時間が来たので、エクスコムテーブルを設定して、今後はここに集まることを約して帰還した。

なあるほど、という反面、さらなる疑問が持ち上がってくる。
エクスコムがそういうことだとすると、クラスターカウンシルはどういうことになるのだろう?
クラスターカウンシルからみて、私はどういう位置なのだろうか?クラスターカウンシルとエクスコムは?
クラスターカウンシルは、このエクスコムメンバーに向けにクラスターから選抜された人たちなのか?それともクラスターレベルではそうではないのか?
I/T、I/Tクラスター、スーパークラスターと平面的に統合しながら階層的に積み重ねられたセルフの構造を縦に貫くようなセルフ構造があるということなのだろうか?
あるいは、思いもよらないもっと深遠な構造なのだろうか?

そしてやはり、ひるがえって最初の疑問「インナーチャイルド」ってなに?
拡張した<セルフ>、そのなかの(私)、それらとインナーチャイルドはどういう関係にあるのか?
自己の本質、といったときの本質っていったいなんなのか?

どうやらしばらくは、『インナーチャイルド』コースと『トータルセルフ』コースを
行ったり来たりしてしまいそうです。

それにしても、この体験、May the 4th be with you の日というのもなんかねぇ、できすぎ。

以上です。
ひろし21さん同様、私もしばらくトータルセルフコースとインナーチャイルドコースを行ったり来たりしてしまいそうです(笑)
ひろし21さん、ありがとうございました(^^)

ニックネーム : aya

こんにちは、トレーナーのあやです。
先日のトータルセルフ体験コースに参加してくださった、ひろし21さんの体験がとても興味深かったので、ご本人の了解を得て、シェアさせていただきたいと思います。
私もちょうど同じようなテーマについて、???と好奇心が高まっているところで、とても共感しました。

ちなみにI/There=トータルセルフとは、あちらの自分、自分のあらゆる側面の集まり、と言われています。
EXCOMはI/Thereの中心部にいる代表的な存在という意味で、モンローさんが使った用語です。

ではでは、体験をご紹介します。

<セッション6/エクスコムにアクセスする>
男性の声でF21へ、そして「F22を超えていきましょう」というナレーションから「美しい」女性の声に替わって27までカウントアップするのだが、途中で一瞬寝そうになったようで、入眠の夢のような状態で気づくと、2~3人の人たちと一緒にエレベーターに乗り込もうとしている。

カウントは27になり、アクアパレスに入っていく。そこでハッとなって、どうしようか、と迷う。
エレベーターだから、このまま上がって行ってもI/Thereにたどり着けるようにも思える。むしろその方が自然か、などと逡巡しながら、思い切って、水晶の周りにその2~3人を連れていくことにする。参加者と、そして非物質の連れと、いっしょにレゾナントチューニングする。(これって初めての経験)掛け声とともに、I/Thereへ。

角ばったソファーが7、8脚、円形に並べてある。私の両側には、一緒に上がってきたはずの人物たち。どうやらエクスコムに接触できたらしい。

今回は、かねてよりの疑問をぶつけてみよう、と思っていた。
エクスコムは、I/Thereの代表、委員会などということだが、それはI/Thereの客観的な代表ということなのだろうか?それとも、私だけに向けてI/Thereから選抜されているのだろうか?
I/Thereという集合体に代表する委員会がある、というような政治構造的な成り立ち方は、ハッキリ言って気に入らない。でも、世の中は宇宙の果てまで行ってもそんなもんなんだよ、といわれると、そういう結論もリアルな感じがしてくる。ここは、I/Thereに対する自分の取り組み方を見直す意味でも、ぜひともはっきりさせたい。
ということで、その質問を投げかけた。

結論としては「I/Thereを代表するということではない」という。
「横並びのメンバーなのだ、(私)を含めた。そして、(私)は物質世界へのアプローチの窓口となって、このメンバーでいっしょにCO-Creationするということなのだ。背景となる世界へのアプローチはほかのメンバーが窓口となる。メンバーは、それぞれ別の時間(時代?)、別の世界、別の次元から来ていて、それぞれの世界にむけて創造のアプローチをするに際して、(私)もまたCo-Creationをサポートしているのだ(自分では気づいてないが)」
そういわれて、あらためてよく見てみると、青い皮膚の人物、褐色の肌に黒いムスリム風の衣装の女性など多彩な人物が少し見えてくる。
時間が来たので、エクスコムテーブルを設定して、今後はここに集まることを約して帰還した。

なあるほど、という反面、さらなる疑問が持ち上がってくる。
エクスコムがそういうことだとすると、クラスターカウンシルはどういうことになるのだろう?
クラスターカウンシルからみて、私はどういう位置なのだろうか?クラスターカウンシルとエクスコムは?
クラスターカウンシルは、このエクスコムメンバーに向けにクラスターから選抜された人たちなのか?それともクラスターレベルではそうではないのか?
I/T、I/Tクラスター、スーパークラスターと平面的に統合しながら階層的に積み重ねられたセルフの構造を縦に貫くようなセルフ構造があるということなのだろうか?
あるいは、思いもよらないもっと深遠な構造なのだろうか?

そしてやはり、ひるがえって最初の疑問「インナーチャイルド」ってなに?
拡張した<セルフ>、そのなかの(私)、それらとインナーチャイルドはどういう関係にあるのか?
自己の本質、といったときの本質っていったいなんなのか?

どうやらしばらくは、『インナーチャイルド』コースと『トータルセルフ』コースを
行ったり来たりしてしまいそうです。

それにしても、この体験、May the 4th be with you の日というのもなんかねぇ、できすぎ。

以上です。
ひろし21さん同様、私もしばらくトータルセルフコースとインナーチャイルドコースを行ったり来たりしてしまいそうです(笑)
ひろし21さん、ありがとうございました(^^)


2014年5月 8日 15:29 カテゴリ:

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら