AQUAVISION HOME体験シェアルーム > ヘミシンク体験セミナーに参加して

ヘミシンク体験セミナーに参加して 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

ヘミシンク体験セミナーに参加して

ニックネーム : 匿名希望
体験セミナー以来ご無沙汰しております。

実はこの前とても素敵な事が自身に起こりました。
ある朝方に夢を見てました。
15cmくらいの紙箱で表に5~6字のアルファベットで書かれた単語と、その下にフラミンゴの絵が書かれています。でもそのスペルに見覚えがなく、またなんて読んでいいのかちょっとわからない単語なのです。夢の中でそれをいろいろに読んでみているのですがどうしても読み方がわかりませんでした。
不思議なことに「あれっ?ピンクの塩かな?」となんの脈絡もなく思っているのです。
そのまま二度寝をした後、店に着き厨房に入りました。その日は食材業者の配達の日でした。東京の業者で生鮮品以外の全てを担当してもらって28年の長いお付き合いをさせてもらってます。すべて勝手知ったる仲でこちらが何も手を出さないでも食材をきちんと所定の場所にしまっていってくれます。その配達の業者の方が帰った後に棚の上に見慣れない箱が一つ置いてありました。あれっ?と手に取ってみると朝方夢で見た箱の絵そのものだったのです。読めなかった単語も文字の一風変わったフォントもフラミンゴの絵も、夢で見てたのとまったく変わりませんでした。中身はイタリア産の天然塩だったのです。(色はピンクでなく白でしたが)すぐに配達の業者さんに電話をかけて見たところ、「あっ!そちらにありました?次の店の配達の物だったのです」とのこと。配達間違いだったのですが段ボールに入っているわけでもなくただ一つポツンとまな板の横に置かれていました。
もうこれはメッセージ以外の何物でもないと思い、「もしよかったらこの塩このままもらうので今度の伝票につけてください!」
ということで、それ以来うちの店3店ともにこの天然塩に切り替えて使わせてもらってます。今まで使っていた塩とは違う柔らかな辛味が料理の味にまろ味が加えてくれました。読めなかったアルファベットの単語は塩の名前だったのですが、イタリア語なのでうまく発音出来なかったのです。
本当に目に見えないところからメッセージを送ってくださるどなたか(もう一つの自分かも?)には感謝の気持ちでいっぱいです。

これまでも、あれっ?これはもしかして?と思うこれはよくありましたがこれほどはっきりしたメッセージは初めてのことでした。

ニックネーム : 匿名希望

体験セミナー以来ご無沙汰しております。

実はこの前とても素敵な事が自身に起こりました。
ある朝方に夢を見てました。
15cmくらいの紙箱で表に5~6字のアルファベットで書かれた単語と、その下にフラミンゴの絵が書かれています。でもそのスペルに見覚えがなく、またなんて読んでいいのかちょっとわからない単語なのです。夢の中でそれをいろいろに読んでみているのですがどうしても読み方がわかりませんでした。
不思議なことに「あれっ?ピンクの塩かな?」となんの脈絡もなく思っているのです。
そのまま二度寝をした後、店に着き厨房に入りました。その日は食材業者の配達の日でした。東京の業者で生鮮品以外の全てを担当してもらって28年の長いお付き合いをさせてもらってます。すべて勝手知ったる仲でこちらが何も手を出さないでも食材をきちんと所定の場所にしまっていってくれます。その配達の業者の方が帰った後に棚の上に見慣れない箱が一つ置いてありました。あれっ?と手に取ってみると朝方夢で見た箱の絵そのものだったのです。読めなかった単語も文字の一風変わったフォントもフラミンゴの絵も、夢で見てたのとまったく変わりませんでした。中身はイタリア産の天然塩だったのです。(色はピンクでなく白でしたが)すぐに配達の業者さんに電話をかけて見たところ、「あっ!そちらにありました?次の店の配達の物だったのです」とのこと。配達間違いだったのですが段ボールに入っているわけでもなくただ一つポツンとまな板の横に置かれていました。
もうこれはメッセージ以外の何物でもないと思い、「もしよかったらこの塩このままもらうので今度の伝票につけてください!」
ということで、それ以来うちの店3店ともにこの天然塩に切り替えて使わせてもらってます。今まで使っていた塩とは違う柔らかな辛味が料理の味にまろ味が加えてくれました。読めなかったアルファベットの単語は塩の名前だったのですが、イタリア語なのでうまく発音出来なかったのです。
本当に目に見えないところからメッセージを送ってくださるどなたか(もう一つの自分かも?)には感謝の気持ちでいっぱいです。

これまでも、あれっ?これはもしかして?と思うこれはよくありましたがこれほどはっきりしたメッセージは初めてのことでした。


2017年6月 6日 13:57 カテゴリ:

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら

カテゴリー