AQUAVISION HOMEお知らせ > 新刊◆『あきらめない! ヘミシンク』 芝根秀和著 坂本政道推薦

お知らせ 新刊◆『あきらめない! ヘミシンク』 芝根秀和著 坂本政道推薦

新刊◆『あきらめない! ヘミシンク』 芝根秀和著 坂本政道推薦


アクアヴィジョンのトレーナー、芝根秀和さんの『あきらめない! ヘミシンク』が出版されます。
ヘミシンクのCDを聴いたりセミナーに参加したりしたことはあるけれども、うまく体験が進まなくて挫折しそうになっている人、あるいはコツをつかめないで試行錯誤している人たちには、ぜひ読んでいただきたい本です。
本書を書こうと思った理由について、芝根さんは次のように述べています。
私はこの本を、「私にはヘミシンクは向いていないかも...」と、挫折しそうな人に向けての応援メッセージのつもりで書きました。「あきらめるな! 俺だってできたんだから、あんただって大丈夫だよ」と。
 芝根さんご自身の体験を通して掴んだヘミシンクのコツやテクニック、あるいは気づきなどを、本書の中で余すところなく公開されました。
 坂本さんが推薦の言葉を書かれています。★Mas日記もご覧ください。

「あきらめない! ヘミシンク」
コツさえつかめば、あなたも短期間でブレイクできる

著 者:芝根秀和   推 薦:坂本政道
出版社:ハート出版  発売日:2011/9/17
価 格:1,890円   単行本:320ページ(ソフトカバー)

購入はamazonからどうぞ⇒

「何も見えない」「寝てばかり」「私にはヘミシンクは向いていないかも・・・」
あきらめるのは、まだ早い! イマジネーションを信じれば、奇跡は起こる
ヘミシンクの落ちこぼれの著者がファシリテーターになるまでの間に掴んだコツを大公開。
これは、ヘミシンクで立ち往生している人たちへの最強の「参考書」でもある。

ヘミシンク最大のコツは、「イメージのキャッチボール」
「ただ聴いていれば何とかなる」というのは幻想。何とかするのは自分。ヘミシンクはそれを力強く手助けしてくれる。「自分で勝手に想像するのはよくない」というのは誤解。想像することこそ、豊かなヘミシンク体験を可能にする最大のカギ。自分の出したイメージには、必ず向こうからイメージが返ってくる。それが、イメージのキャッチボール。慣れてくれば、キャッチボールのスピードはしだいに速くなる。意識しなくても自然にキャッチボールできるようになったとき――それが"ブレイク"の瞬間なのだ。本書には、ヘミシンクのコツやテクニック、ポイントがたくさんちりばめられています。きっと"モト"が取れます!

◆坂本政道「推薦の言葉」から:
 著者の芝根秀和さんは、今でこそアクアヴィジョン・アカデミーのトレーナーであり、モンロー研究所のアウトリーチ・ファシリテーターをされていますが、ヘミシンクを聴いても当初はまったくなにも体験できませんでした。セミナーに参加しても体験らしい体験はなく、満を持して行ったモンロー研でも寝てばかり。1回や2回セミナーに参加してなにも体験できなかったという程度ではありません。筋金入りと言ってもいいくらいです。
 そういう彼も苦節2年。努力は必ず報わるものです。努力と創意工夫の結果、ついに開花するときが来ました。ヘミシンクのコツをしっかりとつかんだのです。その後は、ヘミシンクを自在に使いこなせるようになりました。だから、あきらめてはいけません。どんな人もみな彼のように羽ばたくことができるようになるのです。ただし芝根さんが言うように、2年もかける必要はまったくありません。彼が本書でお伝えしたいのは、もっと早く羽ばたくためのコツです。そのコツをお伝えするために、自らが歩んだ紆余曲折の道をお話しし、コツの背景にある理屈も理解していただけるようにしています。

◆「はじめに」より:
「私にはヘミシンクは向いていないかも・・・」といって、早々と白旗を上げようとする人がいます。あきらめようとする人の多くは、次のように答えます。
  • 何も体験できない。何も見えない。本に書いてあるようなことが何も起こらない。真っ暗闇です。
  • 爆睡してしまう。導眠剤代わり。波の音が聞こえ始めたら寝てしまい、最後のピーという終了の音で目が覚める。そのくり返し。
  • 聴いているのが苦痛。むずむずしてくる。じっとしていられない。すぐにヘッドフォンを外したくなる。
 それでも――「あきらめないで続けていれば、かならず"ブレイク"できます!」と、私は自信を持ってアドバイスできます。なぜなら、私自身がそうだったからです。
 試行錯誤の1年半。これが"コツ"だとわかりはじめ、そこから"ブレイク"するまでに半年。つかんだコツを自分のものにするまでに、さらに半年くらいはかかりました。合わせれば2年半です。そんな私だったのですが、いまではトレーナーです。アクアヴィジョン・アカデミーに所属し、モンロー研究所の公認アウトリーチ・ファシリテーターの資格を得て、ヘミシンクのトレーナーをやっているのです。アクアヴィジョンの代表は、坂本政道さん。彼のもとで10人のトレーナー仲間たちとともに、セミナー活動などを通して、日本におけるヘミシンクの普及活動をしています。
 この本の中で私は、自分の体験を通して、試行錯誤のなかからつかんだヘミシンクのコツやテクニック、気づきなどを、思いつく限り書き出しました。体験を紹介しながら時系列に書いているので、体系的ではありませんが、むしろそのほうが納得していただけるのではないかと期待しています。 かならず!参考になると思います。ヘミシンクのエクササイズに行きづまりを感じている人は、ぜひ、最後まで読んでください。
続きを読む≫