AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 第5回エクスプロレーション27in八ヶ岳

第5回エクスプロレーション27in八ヶ岳 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

第5回エクスプロレーション27in八ヶ岳

ニックネーム : 小島ゆかり(momo)

前日までの暑さから一転、涼しい秋が訪れた9月24日。第5回エクスプロレーション27がスタートし、29日に全メニューが終りました。

このプログラムはモンロー研究所の公式プログラムで、フォーカス27の様々な機能を探索したり、地球コア、更にフォーカス34・35までを探索するコースです。
参加者は、男性7名、女性4名の合計11名様。
トレーナーはこのプログラム開発者のフランシーン・キング博士。
通訳は坂本政道、アシスタントは大野光弘と小島ゆかり。
今回は、合計16名での探索でした。

開催場所は山梨県北杜市にある、癒しの杜、ルラシュ。
八ヶ岳の自然に囲まれ、天気の良い日は遠く富士山の姿が見え、朝焼けや夕陽が美しく、夜ともなれば満点の星々に手が届きそうな美しい場所に建っています。
 ここは本格的なマクロビオティックのお料理を出してくれる事でも有名なお宿です。
 
 お部屋はツインでコンパクトながら、清潔感があり、インテリアもとても素敵でした。
 広いセミナールームも完備されており、プログラム中は我々全員が集合しても余裕がある広さで、落ち着いてレクチャーを聞いたり、体験談を分かち合うことができました。

■エクスプロレーション27のプログラム

 このエクスプロレーション27は、モンロー研究所から再々にわたり来日して我々をファシリテートしてくれるフランシーン・キング博士により開発されました。
1994年頃からこのプログラムに関するガイダンスを受け取り始めていたフランシーンは、ヘミシンクの開発者であるロバート・モンローの1995年の逝去により、彼女によって開発される事になったそうです。
 このプログラムでは、グループエネルギーということが強調されている、と言われています。輪廻と再生の場であるフォーカス27、更に地球コア27、トータルセルフにアクセスできるフォーカス34・35にしっかりと繋がるために、グループで共に探索することが大切であると言われています。

 またフランシーンはこのプログラムの探索の意義をこう述べられました。
「これはアセンションのプログラムだと考えています。アセンションというのはいくつかの意味があります。人の振動数と共に地球の振動数を上げること。さらに、上の方の振動数をこちらの世界にもたらす事です。

 また、自分のトータルセルフをより良く知る事。自分のI/There、自分の様々な側面をトータルを知ることです。地球全体、人類全体に対する奉仕の意味もふくまれています。」と。

 初日と二日目は、今まで学んだ方法でフォーカス10,12,15,21,27と次々に意識をシフトさせ、各フォーカスレベルのバイブレーションに自分を同調させてゆきます。

 そして3日目あたりからフォーカス27にある、新しい機能を探索してゆきます。
フォーカス27にある、計画センター、癒し(ヒーリング)と再生の為のセンター、教育とトレーニングのセンターの探索に加え、F27の入管管理であるエントリー・ディレクターに会ったり、全体を調整している知性のコーディネーター・インテリジェンスを訪問します。

 また、更に地球コアではフォーカスレベルをシフトさせ、最後にフォーカス27の状態で母なる地球意識・地球コアを探索しました。

 5日目ともなると、いよいよ新しいフォーカスレベル、34・35に突入です。
ロバート・モンローが「大集合」と呼んだ、34・35では、これから始まる地球の大変革を観察しようと様々な知的生命体たちが集合しており、自分自身のトータルセルフにもアクセスしました。

■体験者のシェアリング

「ノンヘミでF27,34・35に行けることが分かった。この状態を維持したいなと思います。皆さんとは初めて会ったような気がしませんでした。」

「とても有意義なプログラムでした。これからPICコードを自宅に貼ってしっかりアクセスします。」

「実は、このセミナーの半分以上が見えない、感じ無い。皆さんがいいな、羨ましいなと思っていました。そして、どんどん自分が落ちこんでいった。でも、『居るだけでいいんだ、自信を持ちなさい』、という言葉をガイドからもらいました。皆さんの愛が感じられて充実しています。愛と感謝、無欲と自信。」

「自分としては信じられないような体験で、どこまで本当かなと思っていました。それぞれのフォーカス・レベルで皆さんが私を見つけてくれて、信じていいのかな、と思えるようになりました。皆さんの意識が高いのでひっぱられて、いい体験できました。」

「僕は他人との距離感を難しく感じてますが、今回とても居心地が良かったです。やり終えた感よりも、ほっとした感を感じています。今回こういう感じは初めてです、とても楽しかった。」

「ギャザリングを見たときに感激しました。途中立ち寄る地球コア27ではビッグママの存在。それが本当に人間の事を考えてくれている、許してくれるという優しさを感じました。素晴らしい体験の数々、ありがとうございました。」

「日が経つにつれて、リラックスできて居心地がよかったです。こんなにリラックスしてヘミシンクできたのは初めてでした。」

「昨年ライフラインを終えてから、月を追うごとにヘミシンクの自信がなくなっていて、ヘミシンクはいいや、とも思っていました。来た結果、最初から不思議と体験出来て、中間では非常に高揚、最後の日を迎える頃に又体験できなくなってその後の期待していた最後の日は最悪。やっぱり俺はここまでが限界か。最後には無欲で任せようと、なるようにやってもらおうと。するとガイドからコンタクトが。なるようになる。今後は不安をもつことなく、愛という言葉をもらって、自信を持てました。今後はヘミシンクをやめない、という自信がつきました。スターラインズに行くと思います。」

「フランンシーの微笑を浮かべた顔が、光に覆われて出てきてくれました、フランシーンはこちらのガイドさんです。迷いの時期もありましたが、最後はお天気と共に晴れやかです。現実の世界で行動に移せそうです。思いは具現化する!」

「坂本さんのダジャレ集を作りたいです。フランシーンに最後に I love you.」


■プログラム以外のエピソード

 ★マクロビオティックのお料理 ーーー 宿泊期間中、3食ともに野菜中心のお食事が提供されます。ヘルシーなのでサイズダウンしたという方も! しかし、さすがに6日間連続ともなれば、途中「バターやチーズが食べたい」「お肉かお魚が欲しい」というお声もちらほら。でもご安心ください、要望があれば、お肉かお魚料理も用意してくれます。またお宿のすぐ近くにはパン屋さんがあり、散策がてらパンを買いにでかける人もいました。このパン、とても美味しいと好評でした。

 ★スパ・マッサージ ーーー お昼休み時間や、夜のセッション後の自由時間を利用して、ルラシュに併設されているマッサージをオプショナルで受けることが出来ます。ヘミシンクで非物質を探索した脳と体を休める事ができ、グラウンディングにマッサージはとても役立ってくれます。ラドン温浴も受けられますので、血流やリンパの流れの循環がよくなるようです。

 ★周辺の散策 ーーー 長目のお昼休み時間を利用して周辺を徒歩で散策することができます。車で5分程の距離には、身曾岐神社という古神道の神社もありました。

 ★キュートなフランシーン ーーー 2週間の長きに渡って滞在したフランシーンは、とてもしんぼう強く、いつも笑みを絶やさない温かな心で参加者をファシリテートしてくれます。博識豊かな人格者でありながら、とても気さくなお人柄です。普段はダウンスタイルのロングヘアを、夜くつろぐ時にはポニーテイルにして、とてもキュートでした。プログラム以外で見せてくれるキュートなフランシーンのお茶目な一面に触れられるのも、日本滞在のプログラムならではですね。

 ★坂本さんのダジャレ ーーー 参加者の心を和ませてくれる坂本さんのダジャレは今回のプログラムでも絶好調!でした。ダジャレセンターがフォーカス27にあるとか、ないとか??? 皆さんもフォーカス27を探索する時にはダジャレ・センターを探してみてくださいね、見つかるかもしれませんよ。

 ★アシストのmomoとミツ ーーー ミツさんの体験はとてもユニークです。ここでは書けないような体験談を聴けるのは宿泊セミナー限定です!?あー言いたい、けど、あまりにも「◯X☆@;〜」なので、書けません(笑)
また、momoのナレーションも大変好評を頂きました。「CDを市販してください!」のお声も頂きました、ありがとうございます。フォーカス15で具現化してきましたので、もしかしたらアクアヴィジョンで発売されるかも???坂本さん、よろしくお願いします(^ ^) 

 ★八ヶ岳の気候 ーーー 9月末から涼しさを通り越して、寒さを感じられる八ヶ岳です。次回11月に予定されているスターラインズとスターラインズ2の頃には、きっともっと寒くなっているはず。次回ご参加の方は、防寒対策を万全にご準備くださいね。


■最後に

ご参加の皆様、本当に素晴らしいプログラムのご参加、ありがとうございました。
皆様とご一緒できたエクスプロレーション27の探索、愛!そのものでした。
穏やかで親近感を感じられるセミナーとなりましたのも、皆様がオープン・ハートで数々のシェアをしてくださったおかげです。これから益々、皆様の探索が意義深く温かいものになりますように、そしてC1の現実世界に是非その愛をもたらしてくださいね。

皆さんのお一人おひとりの笑顔が今、目に浮かびます。また是非お会いしましょう!

 愛を込めて 〜小島ゆかり (momo)
ニックネーム : 小島ゆかり(momo)
前日までの暑さから一転、涼しい秋が訪れた9月24日。第5回エクスプロレーション27がスタートし、29日に全メニューが終りました。 このプログラムはモンロー研究所の公式プログラムで、フォーカス27の様々な機能を探索したり、地球コア、更にフォーカス34・35までを探索するコースです。 参加者は、男性7名、女性4名の合計11名様。 トレーナーはこのプログラム開発者のフランシーン・キング博士。 通訳は坂本政道、アシスタントは大野光弘と小島ゆかり。 今回は、合計16名での探索でした。 開催場所は山梨県北杜市にある、癒しの杜、ルラシュ。 八ヶ岳の自然に囲まれ、天気の良い日は遠く富士山の姿が見え、朝焼けや夕陽が美しく、夜ともなれば満点の星々に手が届きそうな美しい場所に建っています。  ここは本格的なマクロビオティックのお料理を出してくれる事でも有名なお宿です。    お部屋はツインでコンパクトながら、清潔感があり、インテリアもとても素敵でした。  広いセミナールームも完備されており、プログラム中は我々全員が集合しても余裕がある広さで、落ち着いてレクチャーを聞いたり、体験談を分かち合うことができました。 ■エクスプロレーション27のプログラム  このエクスプロレーション27は、モンロー研究所から再々にわたり来日して我々をファシリテートしてくれるフランシーン・キング博士により開発されました。 1994年頃からこのプログラムに関するガイダンスを受け取り始めていたフランシーンは、ヘミシンクの開発者であるロバート・モンローの1995年の逝去により、彼女によって開発される事になったそうです。  このプログラムでは、グループエネルギーということが強調されている、と言われています。輪廻と再生の場であるフォーカス27、更に地球コア27、トータルセルフにアクセスできるフォーカス34・35にしっかりと繋がるために、グループで共に探索することが大切であると言われています。  またフランシーンはこのプログラムの探索の意義をこう述べられました。 「これはアセンションのプログラムだと考えています。アセンションというのはいくつかの意味があります。人の振動数と共に地球の振動数を上げること。さらに、上の方の振動数をこちらの世界にもたらす事です。  また、自分のトータルセルフをより良く知る事。自分のI/There、自分の様々な側面をトータルを知ることです。地球全体、人類全体に対する奉仕の意味もふくまれています。」と。  初日と二日目は、今まで学んだ方法でフォーカス10,12,15,21,27と次々に意識をシフトさせ、各フォーカスレベルのバイブレーションに自分を同調させてゆきます。  そして3日目あたりからフォーカス27にある、新しい機能を探索してゆきます。 フォーカス27にある、計画センター、癒し(ヒーリング)と再生の為のセンター、教育とトレーニングのセンターの探索に加え、F27の入管管理であるエントリー・ディレクターに会ったり、全体を調整している知性のコーディネーター・インテリジェンスを訪問します。  また、更に地球コアではフォーカスレベルをシフトさせ、最後にフォーカス27の状態で母なる地球意識・地球コアを探索しました。  5日目ともなると、いよいよ新しいフォーカスレベル、34・35に突入です。 ロバート・モンローが「大集合」と呼んだ、34・35では、これから始まる地球の大変革を観察しようと様々な知的生命体たちが集合しており、自分自身のトータルセルフにもアクセスしました。 ■体験者のシェアリング 「ノンヘミでF27,34・35に行けることが分かった。この状態を維持したいなと思います。皆さんとは初めて会ったような気がしませんでした。」 「とても有意義なプログラムでした。これからPICコードを自宅に貼ってしっかりアクセスします。」 「実は、このセミナーの半分以上が見えない、感じ無い。皆さんがいいな、羨ましいなと思っていました。そして、どんどん自分が落ちこんでいった。でも、『居るだけでいいんだ、自信を持ちなさい』、という言葉をガイドからもらいました。皆さんの愛が感じられて充実しています。愛と感謝、無欲と自信。」 「自分としては信じられないような体験で、どこまで本当かなと思っていました。それぞれのフォーカス・レベルで皆さんが私を見つけてくれて、信じていいのかな、と思えるようになりました。皆さんの意識が高いのでひっぱられて、いい体験できました。」 「僕は他人との距離感を難しく感じてますが、今回とても居心地が良かったです。やり終えた感よりも、ほっとした感を感じています。今回こういう感じは初めてです、とても楽しかった。」 「ギャザリングを見たときに感激しました。途中立ち寄る地球コア27ではビッグママの存在。それが本当に人間の事を考えてくれている、許してくれるという優しさを感じました。素晴らしい体験の数々、ありがとうございました。」 「日が経つにつれて、リラックスできて居心地がよかったです。こんなにリラックスしてヘミシンクできたのは初めてでした。」 「昨年ライフラインを終えてから、月を追うごとにヘミシンクの自信がなくなっていて、ヘミシンクはいいや、とも思っていました。来た結果、最初から不思議と体験出来て、中間では非常に高揚、最後の日を迎える頃に又体験できなくなってその後の期待していた最後の日は最悪。やっぱり俺はここまでが限界か。最後には無欲で任せようと、なるようにやってもらおうと。するとガイドからコンタクトが。なるようになる。今後は不安をもつことなく、愛という言葉をもらって、自信を持てました。今後はヘミシンクをやめない、という自信がつきました。スターラインズに行くと思います。」 「フランンシーの微笑を浮かべた顔が、光に覆われて出てきてくれました、フランシーンはこちらのガイドさんです。迷いの時期もありましたが、最後はお天気と共に晴れやかです。現実の世界で行動に移せそうです。思いは具現化する!」 「坂本さんのダジャレ集を作りたいです。フランシーンに最後に I love you.」 ■プログラム以外のエピソード  ★マクロビオティックのお料理 ーーー 宿泊期間中、3食ともに野菜中心のお食事が提供されます。ヘルシーなのでサイズダウンしたという方も! しかし、さすがに6日間連続ともなれば、途中「バターやチーズが食べたい」「お肉かお魚が欲しい」というお声もちらほら。でもご安心ください、要望があれば、お肉かお魚料理も用意してくれます。またお宿のすぐ近くにはパン屋さんがあり、散策がてらパンを買いにでかける人もいました。このパン、とても美味しいと好評でした。  ★スパ・マッサージ ーーー お昼休み時間や、夜のセッション後の自由時間を利用して、ルラシュに併設されているマッサージをオプショナルで受けることが出来ます。ヘミシンクで非物質を探索した脳と体を休める事ができ、グラウンディングにマッサージはとても役立ってくれます。ラドン温浴も受けられますので、血流やリンパの流れの循環がよくなるようです。  ★周辺の散策 ーーー 長目のお昼休み時間を利用して周辺を徒歩で散策することができます。車で5分程の距離には、身曾岐神社という古神道の神社もありました。  ★キュートなフランシーン ーーー 2週間の長きに渡って滞在したフランシーンは、とてもしんぼう強く、いつも笑みを絶やさない温かな心で参加者をファシリテートしてくれます。博識豊かな人格者でありながら、とても気さくなお人柄です。普段はダウンスタイルのロングヘアを、夜くつろぐ時にはポニーテイルにして、とてもキュートでした。プログラム以外で見せてくれるキュートなフランシーンのお茶目な一面に触れられるのも、日本滞在のプログラムならではですね。  ★坂本さんのダジャレ ーーー 参加者の心を和ませてくれる坂本さんのダジャレは今回のプログラムでも絶好調!でした。ダジャレセンターがフォーカス27にあるとか、ないとか??? 皆さんもフォーカス27を探索する時にはダジャレ・センターを探してみてくださいね、見つかるかもしれませんよ。  ★アシストのmomoとミツ ーーー ミツさんの体験はとてもユニークです。ここでは書けないような体験談を聴けるのは宿泊セミナー限定です!?あー言いたい、けど、あまりにも「◯X☆@;〜」なので、書けません(笑) また、momoのナレーションも大変好評を頂きました。「CDを市販してください!」のお声も頂きました、ありがとうございます。フォーカス15で具現化してきましたので、もしかしたらアクアヴィジョンで発売されるかも???坂本さん、よろしくお願いします(^ ^)   ★八ヶ岳の気候 ーーー 9月末から涼しさを通り越して、寒さを感じられる八ヶ岳です。次回11月に予定されているスターラインズとスターラインズ2の頃には、きっともっと寒くなっているはず。次回ご参加の方は、防寒対策を万全にご準備くださいね。 ■最後に ご参加の皆様、本当に素晴らしいプログラムのご参加、ありがとうございました。 皆様とご一緒できたエクスプロレーション27の探索、愛!そのものでした。 穏やかで親近感を感じられるセミナーとなりましたのも、皆様がオープン・ハートで数々のシェアをしてくださったおかげです。これから益々、皆様の探索が意義深く温かいものになりますように、そしてC1の現実世界に是非その愛をもたらしてくださいね。 皆さんのお一人おひとりの笑顔が今、目に浮かびます。また是非お会いしましょう!  愛を込めて 〜小島ゆかり (momo)
2010年10月 3日 01:20 カテゴリ:

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら