AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 日本の救出

日本の救出 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

日本の救出

ニックネーム : katsu
今回のライフラインの救出活動で印象深いものを紹介します。
①衛星写真の日本列島
 ライトセーバーで切り取り、F27へ
②日の丸のマークが入った、ざらざらした手触りの、石でできたような大きな円盤状もの(ディスク?)、一部が欠けていました
 なんだかとても大切なもののような印象を受けました。日本のハート、歴史のようなものだったのでしょうか?両手で抱え重い重いとうなりながらF27へ
③きのこ雲の後に見えた無数のエネルギー体
 視野にあるものをバキュームで吸い取りF27へ
どうしてこれほど『重い』ものばかり出現したのか、帰りのあずさの中でノートを見ながらやっとわかりました。
 初日にPICコードの設定があったのですが、眼を閉じると、すぐに日の丸がうかびました。それで、日の丸の旗の、左上に各フォーカスレベルのナンバーを、右下にKatsuのサインをして各フォーカスに立てたからだと気がつきました。
①②は無数に存在しうる、パラレルな地球のなかの1つの日本だったのでしょうか。それとも僕の心の中にあるこの国、日本?いろんな解釈ができますね。
 とりわけ、本日最後のセッション (啓示の瞬間)で見せられた、青く美しい地球のイメージが今でも残像として残っています。この地球上の生に感謝し、そして、思う存分味わい、心ゆくまで楽しみたいという気持ちがわきあがりました。坂本さん、ひでさん、そのさん、ほんとうにありがとうございました。心から感謝しております。Katsu

ニックネーム : katsu

今回のライフラインの救出活動で印象深いものを紹介します。
①衛星写真の日本列島
 ライトセーバーで切り取り、F27へ
②日の丸のマークが入った、ざらざらした手触りの、石でできたような大きな円盤状もの(ディスク?)、一部が欠けていました
 なんだかとても大切なもののような印象を受けました。日本のハート、歴史のようなものだったのでしょうか?両手で抱え重い重いとうなりながらF27へ
③きのこ雲の後に見えた無数のエネルギー体
 視野にあるものをバキュームで吸い取りF27へ
どうしてこれほど『重い』ものばかり出現したのか、帰りのあずさの中でノートを見ながらやっとわかりました。
 初日にPICコードの設定があったのですが、眼を閉じると、すぐに日の丸がうかびました。それで、日の丸の旗の、左上に各フォーカスレベルのナンバーを、右下にKatsuのサインをして各フォーカスに立てたからだと気がつきました。
①②は無数に存在しうる、パラレルな地球のなかの1つの日本だったのでしょうか。それとも僕の心の中にあるこの国、日本?いろんな解釈ができますね。
 とりわけ、本日最後のセッション (啓示の瞬間)で見せられた、青く美しい地球のイメージが今でも残像として残っています。この地球上の生に感謝し、そして、思う存分味わい、心ゆくまで楽しみたいという気持ちがわきあがりました。坂本さん、ひでさん、そのさん、ほんとうにありがとうございました。心から感謝しております。Katsu

2012年5月24日 19:56 カテゴリ:

コメント(2)

Katsuさん
無事お帰りになったようですね。
いろいろありがとうございました。
こんな壮大な体験をしていたんですね。知らなかった。
これからも、よろしくお願いします。

最後におかけした曲「イマジン」は、「シシェル・シェルシェブー(Sissel Kyrkjebo)」というノルウェーの歌手の「心のままに~Deepest I」というアルバムに入っています。
リレハンメルの冬季オリンピックの主題歌を歌った歌手です。魅せられました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FY1Q/

ひで
katsuさんお世話になりました。
私はほとんど自分では体験できなかったのですが(と思っている)、グランディングはイッチョマエにまだみたいでどこかフラフラしています。
そんなに遠くへ行けなかったはずなのにな~。
最後の啓示でみたkatsuさんの青い地球の話を聞いているとき、何故か私もその地球をkatsuさんの意識を通してみた気がしました。とても綺麗な濃紺
の地球でした。
ライフラインは前半は苦しかったですが、後半は聞くことに徹することができて、本当に楽しかったです。ありがとうございました。

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら