AQUAVISION HOME体験シェアルーム > ゲートウェイ・ヴォエッジに参加いたしました

ゲートウェイ・ヴォエッジに参加いたしました 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

ゲートウェイ・ヴォエッジに参加いたしました

ニックネーム : ヒロ
 こんにちはヒロです、2014年4月12日〜4月17日小淵沢で行われたゲートウェイ・ヴォエッジに参加いたしました。
 4年ほど前から自宅にてゲートウェイ・エクスペリエンス6巻を購入して聞いており、坂本さんの書籍を読み自己流でヘミシンクに取り組んでおりましたが、体験はこの程度なのか、何か勘違いしてることはないかと取り組み方に心配している部分があったので一度セミナーに参加しようと思い申し込みいたしました。

前半はクリックアウトしたり意識がありながら具体的な体験がなかったのですが、3日目あたりから参加された皆様からグループエネルギーをいただいたのか体験が出てきました。
 そのなかで16日午前中2本目フォーカス21フリーフローのセッションで今までで一番長い体験をしましたのでシェアいたします。

2014/04/16 10:40 フォーカス21フリーフロー 光に向かって
セッションの目的…ブリッジカフェへ行く。
 午前中一本目のセッションでは意識が薄く何も体験を覚えていなかったので、一本目の体験シェア時にバシャールに体験が出来るようにお願いしたという話しを聞き、自分も2本目のセッション準備後(レゾナントチューニング、リーボール)バシャールに「このセッションで体験できますか?」と尋ねたらダリル・アンカの元気な声で「Yes you can!」と聞こえたようで、ふと気づくと昔行った遊園地のアトラクションでトンネルの中を走るトロッコ列車に一人で乗ってました。
 トロッコはプラットホームに停まってます、前方には暗いトンネルが見えます。 ふと後ろを振り返ると子供ぐらいの背丈で濃い緑色をしたグレイタイプ(頭が茄子のように後ろに長い感じでした)の宇宙人の姿が見えました右手を挙げて振っています。バシャールが見送りに来てくれたようです。
  トロッコが走り出しました、するとトンネルの壁が虹色に光り出しました。虹のトンネルをしばし走ります。 (後で考えると事前にフォーカスレベルによって対応するカラーがあると説明がありましたが虹色で一緒くたに知覚したのでしょうか。 )
 場面が変わりロード・オブ・ザ・リングに出てくるエルフの館のように天井が高く柱が大木の幹で出来ているホテルのロビーのような所に来ています。
 黄色い絨毯とくつろげそうな一人掛けの籐椅子がいくつか見えます。
 音声アナウンスがフォーカス12と言う前にF12ついてしまったためトランジットのようです。
 再びトロッコに乗ったのでしょうか霧のようなもやった中へ入っていきます。
 気がつくと視線を足元に落として草の上を歩いてます緩い丘陵になってるようです。
 顔を上げるとサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが見えます、そのたもとの草地にいるようで下に大きな川が流れてます。
 草地に白いイスとテーブルが何セットか点在しています、ミントグリーンに塗られた外壁が木で横張りの建物が見えます。F21のブリッジカフェへ来たようです。
 草地のテーブル席に今回参加者のお二人が座ってお茶を飲んでました、カフェへ向かって歩いて行くと見つかり「あっ来た!」と指差されました。
 どなたか草地でパフォーマンスしていないか探しましたが見つけられませんでした。 ( 後でmickeyさんに「あなたエアロバイクを漕いでいた」と言われました。)
 カフェ建物の中は意外と狭い印象ですショーウインドウにケーキがワンホールありました。
 奥に小さなバーカウンターが見えましたが人けがありません。
 「意外と小さいんだ」と一人ごとを言いつつまた草地に出ると草原にエレベーターがあります。
 このエレベーターには以前一度乗ったことがあります(前回はスタートレックエンタープライズのブリッジに出ました)バシャールの宇宙船に繋がっているエレベーターです。
 ボタンはやっぱり黒い三角形で周囲がバックライトで青く光ってます。
 エレベーターに乗り込むとどんどん上に登って行きます、宇宙に飛び出したようです、いつしかエレベーターボックスはなくなって身体だけで宇宙空間を漂ってます。
 無数の星が大変キレイです、ここで急にセッション前の説明を思い出しました。
「光の先にはあなたを愛する人達がいます、言葉以外で愛を表現して下さい」と案内されていました。
 とりあえず気配も何も分からない状態ですがハグしようと思い抱きしめました、見えないけれどビニールにくるまれたスポンジのようなガサガサした感触がありました。ガイドさんでしょう、でもこの感触は、、、なにかのギャグでしょうか。
 言葉で「Thank you I love you」となぜか英語で伝えました、ガイドさんがそばにいてくれたことがうれしくて次々とハグしました。
 ヘッドフォンから戻りましょうとのアナウンスが聞こえました。時計を見ると11:15でした。
 あっという間のセッションでした。たくさんの内容を覚えていて印象深いセッションでした。

 その他にもハイヤーセルフとのつながりを感じさせてくれた体験もあり(頭をこずかれた)
 一人では体験できないセミナーだからこそ体感できたことがたくさんありました。

 参加前は今回一度きりの参加になるだろうと思っていましたが、大変楽しく過ごさせていただき、さらにライフラインやスターラインズのお話しを聞くともっと今までにない体験をしてみたいと思うようになりました。
 坂本さん、ひでさん、さちさん、今回ご一緒していただた皆様ありがとうございました。

ニックネーム : ヒロ

 こんにちはヒロです、2014年4月12日〜4月17日小淵沢で行われたゲートウェイ・ヴォエッジに参加いたしました。
 4年ほど前から自宅にてゲートウェイ・エクスペリエンス6巻を購入して聞いており、坂本さんの書籍を読み自己流でヘミシンクに取り組んでおりましたが、体験はこの程度なのか、何か勘違いしてることはないかと取り組み方に心配している部分があったので一度セミナーに参加しようと思い申し込みいたしました。

前半はクリックアウトしたり意識がありながら具体的な体験がなかったのですが、3日目あたりから参加された皆様からグループエネルギーをいただいたのか体験が出てきました。
 そのなかで16日午前中2本目フォーカス21フリーフローのセッションで今までで一番長い体験をしましたのでシェアいたします。

2014/04/16 10:40 フォーカス21フリーフロー 光に向かって
セッションの目的…ブリッジカフェへ行く。
 午前中一本目のセッションでは意識が薄く何も体験を覚えていなかったので、一本目の体験シェア時にバシャールに体験が出来るようにお願いしたという話しを聞き、自分も2本目のセッション準備後(レゾナントチューニング、リーボール)バシャールに「このセッションで体験できますか?」と尋ねたらダリル・アンカの元気な声で「Yes you can!」と聞こえたようで、ふと気づくと昔行った遊園地のアトラクションでトンネルの中を走るトロッコ列車に一人で乗ってました。
 トロッコはプラットホームに停まってます、前方には暗いトンネルが見えます。 ふと後ろを振り返ると子供ぐらいの背丈で濃い緑色をしたグレイタイプ(頭が茄子のように後ろに長い感じでした)の宇宙人の姿が見えました右手を挙げて振っています。バシャールが見送りに来てくれたようです。
  トロッコが走り出しました、するとトンネルの壁が虹色に光り出しました。虹のトンネルをしばし走ります。 (後で考えると事前にフォーカスレベルによって対応するカラーがあると説明がありましたが虹色で一緒くたに知覚したのでしょうか。 )
 場面が変わりロード・オブ・ザ・リングに出てくるエルフの館のように天井が高く柱が大木の幹で出来ているホテルのロビーのような所に来ています。
 黄色い絨毯とくつろげそうな一人掛けの籐椅子がいくつか見えます。
 音声アナウンスがフォーカス12と言う前にF12ついてしまったためトランジットのようです。
 再びトロッコに乗ったのでしょうか霧のようなもやった中へ入っていきます。
 気がつくと視線を足元に落として草の上を歩いてます緩い丘陵になってるようです。
 顔を上げるとサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジが見えます、そのたもとの草地にいるようで下に大きな川が流れてます。
 草地に白いイスとテーブルが何セットか点在しています、ミントグリーンに塗られた外壁が木で横張りの建物が見えます。F21のブリッジカフェへ来たようです。
 草地のテーブル席に今回参加者のお二人が座ってお茶を飲んでました、カフェへ向かって歩いて行くと見つかり「あっ来た!」と指差されました。
 どなたか草地でパフォーマンスしていないか探しましたが見つけられませんでした。 ( 後でmickeyさんに「あなたエアロバイクを漕いでいた」と言われました。)
 カフェ建物の中は意外と狭い印象ですショーウインドウにケーキがワンホールありました。
 奥に小さなバーカウンターが見えましたが人けがありません。
 「意外と小さいんだ」と一人ごとを言いつつまた草地に出ると草原にエレベーターがあります。
 このエレベーターには以前一度乗ったことがあります(前回はスタートレックエンタープライズのブリッジに出ました)バシャールの宇宙船に繋がっているエレベーターです。
 ボタンはやっぱり黒い三角形で周囲がバックライトで青く光ってます。
 エレベーターに乗り込むとどんどん上に登って行きます、宇宙に飛び出したようです、いつしかエレベーターボックスはなくなって身体だけで宇宙空間を漂ってます。
 無数の星が大変キレイです、ここで急にセッション前の説明を思い出しました。
「光の先にはあなたを愛する人達がいます、言葉以外で愛を表現して下さい」と案内されていました。
 とりあえず気配も何も分からない状態ですがハグしようと思い抱きしめました、見えないけれどビニールにくるまれたスポンジのようなガサガサした感触がありました。ガイドさんでしょう、でもこの感触は、、、なにかのギャグでしょうか。
 言葉で「Thank you I love you」となぜか英語で伝えました、ガイドさんがそばにいてくれたことがうれしくて次々とハグしました。
 ヘッドフォンから戻りましょうとのアナウンスが聞こえました。時計を見ると11:15でした。
 あっという間のセッションでした。たくさんの内容を覚えていて印象深いセッションでした。

 その他にもハイヤーセルフとのつながりを感じさせてくれた体験もあり(頭をこずかれた)
 一人では体験できないセミナーだからこそ体感できたことがたくさんありました。

 参加前は今回一度きりの参加になるだろうと思っていましたが、大変楽しく過ごさせていただき、さらにライフラインやスターラインズのお話しを聞くともっと今までにない体験をしてみたいと思うようになりました。
 坂本さん、ひでさん、さちさん、今回ご一緒していただた皆様ありがとうございました。


2014年5月 3日 00:33 カテゴリ:

コメント(2)

ヒロさん
 
素晴らしい。
感動しました。
ありがとうございます。
 
ひで
ヒロさん

一つのセッションで随分たくさんのことを体験されましたね。
また、これだけのことをよく覚えていました。
これからが楽しみですね。
次は、ライフラインでお会いしましょう。

Mas

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら