AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 幼少時にETと接触していたことを鮮明に思い出した!驚異の『ETコンタクト・コース』

幼少時にETと接触していたことを鮮明に思い出した!驚異の『ETコンタクト・コース』 詳細

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

幼少時にETと接触していたことを鮮明に思い出した!驚異の『ETコンタクト・コース』

ニックネーム : ユー
 『新コスミック・ヴィジョン・コース』に引き続き、10月30日に福井で開催された『ETコンタクト・コース』に参加してきました。このコースが発表された時から、何としてでも参加しなければならないと感じていましたが、実際に参加してみてその理由が分かりました。唖然とするほどの驚くべき理由でした。
 まず【セッション1.宇宙ステーション内でETと会う】では変身能力をもったかわいい翼竜と出会いました。そして、彼らの住む星に案内してもらい、暮らし方や食事、考え方などを教えてもらいました。彼らの星では重力の中心が移動しており、上から下に落ちていた滝が真横になったり、斜めになったり、逆さまになったりしていました。ここでの経験からETに対する恐れが軽減し、また地球と異なった環境をみることによって自分の信念が緩和したように感じました。大満足の30分間でした。この出会いをセッティングしてくれたガイド、ヘルパーに感謝、感謝です。
 そしてその後、本日最大のイベント【セッション3.過去のETとの遭遇体験を思い出す】が待っていました。リサ・ロイヤルによると90%近くの人がすでにETに遭遇しており、このコースをとる人はおそらく全員ETとの遭遇体験がある、という説明を聞き、テンション・マックスでエクササイズに入りました。「ETと遭遇した時間へ続くドア」を開けた瞬間に見えたのは、おそらく3歳くらいの自分でした。京都で家族と一緒に歩いています。自分で言うのもなんですが、なかなかかわいくて利発な顔をしています。その後迷子になり、次の瞬間UFOの中にいました。ぼくの他に子供が2人いて、3人とも怯えきって泣き叫んでいます。ETはグレイの少しかわいいバージョンで小柄であり、4~5人います。ぼくの意識はこの状況を上から見ているのですが、彼らETが戸惑っているようすが伺えます。どうも僕が生前にETのひとり(同じI/There)と約束をしていたようです。地球のアセンションを調査するため僕が地球に生まれ、彼らの調査(地球人の肉体、感情、DNAなどの変化を調べる)に協力するという約束です。そこでETは幼少時のぼくを連れ出し、「久しぶりだね!元気だったかい?」みたいなことを言ったところ、怯えて泣きまくり、ET達が困惑していたようです。その後もETの方から何度もアプローチしていましたが、そのたびに子供たちのパニック度は大きくなり、最後に解放されました。その後、ETの方では方針を変えて、コンタクトできるまで成長するのを見守ろうということになりました。その後2回ぼくは彼らのUFOを目撃し、そのたび毎に大変なことになっていました。1回目は吊り輪をしている時に目撃し、驚いて落下して右腕を骨折しました。2回目は山の斜面で昆虫採集をしているときに目撃し、斜面をかなり長くころがり落ちて、どぶにはまってなんとか助かりました。この2回の失敗の後、UFO側が気を遣って出現しないようにしているみたいです。実はその後、ものすごく大きなUFO型の雲を見ましたが、ガイドによると別のUFOだったとのことです。今回の体験は衝撃でしたが、生前に約束し再会を喜んで出てきたETに悪いことをしたなーと申し訳ない気持ちでいっぱいです。バシャールによると2025年~2033年にETとのオープンコンタクトが起こる可能性が高いということですが、ぼく自身もいつかC1世界で今回のETに会えるような気がしており、楽しみです(今度は泣き叫ばないよう気をつけます)。
 めちゃくちゃ楽しいセミナーでした。坂本さん、SONOさん、(今回は一般参加だった)ヒデさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。今回も強力なグループ・エネルギーのおかげでヘミシンク体験を堪能させていただきました。

ニックネーム : ユー

 『新コスミック・ヴィジョン・コース』に引き続き、10月30日に福井で開催された『ETコンタクト・コース』に参加してきました。このコースが発表された時から、何としてでも参加しなければならないと感じていましたが、実際に参加してみてその理由が分かりました。唖然とするほどの驚くべき理由でした。
 まず【セッション1.宇宙ステーション内でETと会う】では変身能力をもったかわいい翼竜と出会いました。そして、彼らの住む星に案内してもらい、暮らし方や食事、考え方などを教えてもらいました。彼らの星では重力の中心が移動しており、上から下に落ちていた滝が真横になったり、斜めになったり、逆さまになったりしていました。ここでの経験からETに対する恐れが軽減し、また地球と異なった環境をみることによって自分の信念が緩和したように感じました。大満足の30分間でした。この出会いをセッティングしてくれたガイド、ヘルパーに感謝、感謝です。
 そしてその後、本日最大のイベント【セッション3.過去のETとの遭遇体験を思い出す】が待っていました。リサ・ロイヤルによると90%近くの人がすでにETに遭遇しており、このコースをとる人はおそらく全員ETとの遭遇体験がある、という説明を聞き、テンション・マックスでエクササイズに入りました。「ETと遭遇した時間へ続くドア」を開けた瞬間に見えたのは、おそらく3歳くらいの自分でした。京都で家族と一緒に歩いています。自分で言うのもなんですが、なかなかかわいくて利発な顔をしています。その後迷子になり、次の瞬間UFOの中にいました。ぼくの他に子供が2人いて、3人とも怯えきって泣き叫んでいます。ETはグレイの少しかわいいバージョンで小柄であり、4~5人います。ぼくの意識はこの状況を上から見ているのですが、彼らETが戸惑っているようすが伺えます。どうも僕が生前にETのひとり(同じI/There)と約束をしていたようです。地球のアセンションを調査するため僕が地球に生まれ、彼らの調査(地球人の肉体、感情、DNAなどの変化を調べる)に協力するという約束です。そこでETは幼少時のぼくを連れ出し、「久しぶりだね!元気だったかい?」みたいなことを言ったところ、怯えて泣きまくり、ET達が困惑していたようです。その後もETの方から何度もアプローチしていましたが、そのたびに子供たちのパニック度は大きくなり、最後に解放されました。その後、ETの方では方針を変えて、コンタクトできるまで成長するのを見守ろうということになりました。その後2回ぼくは彼らのUFOを目撃し、そのたび毎に大変なことになっていました。1回目は吊り輪をしている時に目撃し、驚いて落下して右腕を骨折しました。2回目は山の斜面で昆虫採集をしているときに目撃し、斜面をかなり長くころがり落ちて、どぶにはまってなんとか助かりました。この2回の失敗の後、UFO側が気を遣って出現しないようにしているみたいです。実はその後、ものすごく大きなUFO型の雲を見ましたが、ガイドによると別のUFOだったとのことです。今回の体験は衝撃でしたが、生前に約束し再会を喜んで出てきたETに悪いことをしたなーと申し訳ない気持ちでいっぱいです。バシャールによると2025年~2033年にETとのオープンコンタクトが起こる可能性が高いということですが、ぼく自身もいつかC1世界で今回のETに会えるような気がしており、楽しみです(今度は泣き叫ばないよう気をつけます)。
 めちゃくちゃ楽しいセミナーでした。坂本さん、SONOさん、(今回は一般参加だった)ヒデさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。今回も強力なグループ・エネルギーのおかげでヘミシンク体験を堪能させていただきました。

2016年11月 3日 18:00 カテゴリ:

コメント(2)

ユーさん
体験をシェアしていただき、ありがとうございます。
また、ETコンタクト・コースが、人によってはここまでの体験ができるんだということを紹介してくださり、このコースの素晴らしい宣伝になりました。ありがとうございます。
これからも、体験シェアをよろしくお願いします。
Masさん
 コメントありがとうございます。また、興味深いコースを次々と作っていただきありがとうございます。お陰様でアセンションの道からそれずに、何とかついていけそうな気がします。これからもよろしくお願いします。

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら