AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

宇宙的な過去世だけではなく、今の自分も救出できた『新コスミックヴィジョン・コース』

2016年10月30日 22:41

ニックネーム:

カテゴリ:コスミックヴィジョン・コース

ニックネーム : ユー
 10月29日に福井で開催された『新コスミックヴィジョン・コース』に参加してきました。今回は坂本さんが来られ、お馴染みの福井ファミリー(常連さん)が勢ぞろいする毎年恒例のお祭りセミナーです。期待通り、とても楽しいセミナーでした。
 今回もリアルな体験でしたが、セッション1からセッション4まで一貫したテーマが見られ、今の自分の問題に対するアドバイスを得ることができました。
 【セッション1】では、地球に来る前の過去世を見ました。ベガ、もしくはデネブでの体験ですが、その星では顔は動物で体は人間という種族のリーダーでした。そして、あるネガティブな支配者の策略によって種族間の争いが起こり、全滅してしまいました。ここでは、ネガティブの極致を経験しました。
 その後、オリオン大戦でポジティブ・サイドの戦闘機のパイロットを経験し、さらに幸せの青い鳥でポジティブの極致を経験した後で、地球に来ました。
 地球に来た目的は、ネガティブの極致、ポジティブの極致のいずれにも満足できなかったため、これを統合しようと思ったことです。これを統合することによって第3の力を呼び込み次元を超えることができる、と地球に来る直前の自分は考えていたようです。またこの時、ガイドから『全ては調和!調和を取りなさい!』というアドバイスをもらいました。最近、仕事が忙しすぎて喜び、自分の目的を見失いかけていたので、今回の経験と併せ、このアドバイスは心に響きました。
 また【セッション3】の宇宙的救出活動では、セッション1で見た戦闘で亡くなったベガ、もしくはデネブでの過去世を救出しましたが、過去世の自分とその仲間だけではなく、争いのもとになった策略家のネガティブな支配者まで救出しようとするほどまでに心の余裕を取り戻すことができました。
 さらに【セッション4】の未来世(プレアデスのサラという女性)からも、「調和、バランスが大切であること。仕事では完璧を目指して寝る時間も削っている現状が続くと破綻してしまう。自分がやりたいことをやる時間を作ることが必要である。」というアドバイスを頂きました。
 宇宙的な過去世だけではなく、今の自分も救出できたとてもとても有益なセミナーでした。これは、セミナーとしての完成度のみならず、坂本さん、SONOさん、お馴染みの福井ファミリーの存在が大きかったと思います。すべてに心から感謝しています。

コメント(3)
ユーザーアイコン

Mas

ユーさん
体験をシェアしていただき、ありがとうございます。
地球へ来た目的がわかったり、救出ができたり、このコースの醍醐味が体験できてよかったです。
「Youは何しに日本へ?」というテレビ番組がありますが(テレビ東京系列)、ユーさんの場合は、「ユーは何しに地球へ?」ですね。
こういう質問が日常会話的になる日も近いかもしれません。

2016年10月31日 09:07

Masさん
 オシャレなコメントありがとうございます。とても楽しく有意義なセミナーでした。セミナーに参加した後はいつもですが、今回は特に、心と体、さらには周囲の空気までもが軽くなったように感じます。また体験が真実であるか否かの証拠(1日の患者数)があと半日で判明するので、今朝からワクワクしています。またセミナーでお会いできる日を楽しみにしています。

2016年10月31日 13:23

ユーザーアイコン

ユー

追加報告です。未来世であるプレアデス人のサラから教えてもらった体験が真実であるか否かの証拠(1日の患者数)ですが、バッチリ合っていました。これまでヘミシンクで受け取った情報が合っていたときは驚きでしたが、今回はなぜか合っているという強い確信があったので、うれしかったのはこれまでと同様でしたが、あまり驚きはなかったです。逆にそのことに驚きました。

2016年10月31日 23:12

TOP