AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 体験シェアルーム シンククリエーション・ワークショップ アーカイブ

体験シェアルーム シンククリエーション・ワークショップ アーカイブ

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

シンククリエーション・ワークショップの最近のブログ記事

ニックネーム : ユー

 10月26日〜27日に福井で開催された 『シンククリエーション・ワークショップ』に参加してきました。坂本さんとSONOさんの笑いと愛情に満ちた指導の中、ハートもマインドも全開になり、とても楽しいセミナーでした。
 6月に受講した時は、スプーンが曲がるか否かが最大の関心事であったため、そこに全神経が集中してしまいましたが、今回は、このワークショップの目的である『自分がコ・クリエーター(共同創造者)として現実を創造している』ことを強く実感することができたという点で、非常に有意義なセミナーであったと思います。

 『自分がコ・クリエーター(共同創造者)である』ことが強く意識された体験を記します。
 【ヒーリング・サークル】というセッションでの出来事です。このセッションでは、受講者が受け手と送り手に分かれてヒーリングを行います。エネルギーの送り手は、大地と高い意識からエネルギーを伝えるパイプになりますが、今回のセッションではエネルギーの送り手をしている間中、ずーっとガイドの一人である "ドン・ファン"(ネイティブ・インディアンのシャーマン)が見えており、祈りをしているようでした。そしてヒーリングの種類(今回は胃痛、感情の癒し、高血圧、肩甲骨の痛みに対するヒーリングがリクエストされました)に応じて異なったエネルギー(それぞれ異なった色の光として認識されました)を送ってきてくれているのがわかりました。まさにガイド、およびさらに上の領域と共同創造していることが実感でき、感激しました。また今回、受け手4人中2人が、こちらが送った色の光と同じ色の光を感知しており、これにも感激しました。
 また【クリエーション12】というセッションでは、自分が創造したいと思うことをF12でパターニング(設定)します。ぼくは7つの希望をパターニングしようと意図して、セッションに臨みました。F12に着いたところ、目の前に大きな屋敷が見えそこに誘導されました。玄関を入って進むとすごく大きな広間があり、そこにたくさんの武士が正座をして待ち構えていました。この時、彼らはぼくのI/Thereであることが直感でわかりました。ぼくはそこでは殿様(という役割)だということがわかったので、彼らの前に対峙して座り、大きな声で希望を宣言しました。すると、宣言するたびに彼らは深々と頭を下げ、「御意!」と答えてくれます。このすばらしい演出に感動と感謝を覚えながら次々と自分の希望を宣言していきます。ところが最後の希望(30年後の自分を設定)を述べたところ、急に小さい部屋に変わり、武士の数も数人になり、なにやら相談しています。「どうしたのか?」と聞いたところ、「30年後のあなたは、もっと違ったことを希望しています」という返事でした。圧巻の映像でしたが、これも自分とI/Thereのコ・クリエート(共同創造)が実感できた出来事でした。

またこのセミナーのメイン・イベントである『ダイス・プレイス(サイコロ投げ)』と『スプーン曲げ』ですが、こちらに関してもハートとマインドが全開になり、目に見える結果を残すことができました。
 『ダイス・プレイス(サイコロ投げ)』では前回の秘技"タツゾウ流ミャンマー踊り"を超える技を編み出そうと工夫しました。その1つが、"無重力投げ(マイケル・ジャクソンのムーン・ウオークをしながら、サイコロを振る、セミナーの前日に1時間半特訓しました)"であり、もう1つが"あしたのジョー投げ(セミナー会場の構造上福井以外では無理かと思われます)"です。これらの技を駆使することによって、12回中4回ゾロ目を出すことができました。また余興として行った"小噺投げ"でもゾロ目が出ました。しかし、さらに圧巻だったのは、坂本さんの"風の又三郎投げ"です。この命名の意味は、風邪をひいていた(鼻をよくかんでいたので、風邪であると推察しました)坂本さんが、股の下からサイコロを投げたところ、5回中3回"3のゾロ目"が出ており、3のゾロ目を労せず(苦労なく、という意味です)出せたとこから命名しました(かなり無理があることは私自身、ひしひしと感じています)。私の計算が正しければ、5回中3回"3のゾロ目"が出る確率は、1/36×1/36×1/36×10=0.00021であり(間違っていたら誰か正しい計算式を教えてください)、驚異的な確率でしか起こりえないことを成し遂げたことになります。

 とにかく楽しくて有意義な2日間でした。また、セミナー終了後に妻からメールがあり、妻のお母さんが緊急入院したという連絡がありました。そこで妻に電話したところ、妻は病院に、ぼくは家に直行して子供の世話をするということになりました。帰り道、高速道路を走っていて、妻のお母さんが入院している病院の近くを通った時に、たまたま前後に車がいなかったので、F12の意識状態になり、先程習ったばかりのヒーリングを行いました。すると突然夜空に巨大な紫〜青色の光の柱が現れ、その病院のほうに向かっていきました。ビックリして通常の意識に戻ったところ、瞬時にその光は消えてしまいました。このセミナーのパワーを垣間見た瞬間でした。

 トレーナーの坂本さん、SONOさん、ならびに今回の体験を共同創造してくれた参加者のみなさん、さらにはぼくのガイド、I/Thereの方々ありがとうございました。また今後のセミナーでもご一緒したいと思います。


10月26日〜27日に福井で開催された『シンククリエーション・ワークショップ』に参加してきました。坂本さんとSONOさんの笑いと愛情に満ちた指導の中、ハートもマインドも全開になり、とても楽しいセミナー...

ニックネーム : ユー

 2日目はヒーリングとスプーン曲げです。ヒーリングとサイコキネシス(念力)は同じプロセスで起こること、またそれは瞬時に起こる、という説明を聞いたあと、ワークに入りました。そしてワークではそれを実際に体験し、全身(マインド/ハート/ボディーなど全ての側面)で納得することができました。

 まずヒーリング・セッションでは、非常に大きなエネルギーが体を通った感じがした直後に1本目のスプーン(3本100円?の細いスプーン:ステージ1と名付けました)が曲がりました。その後、2本目のスプーン(1本100円?:ステージ2)も順調に曲がりました。
 そして運命の3本目のフォーク(1本300円?、700円?:値段はうろ覚えですが、ステージ3)への挑戦です。さすがに3本目になると太くて、なかなか曲がりません(多分、太いと曲がらないという信念がぼくの中にあったのだと思います)。3本目のフォークを手にする少し前に、ミーさんがレゾナント・チューニングの際にスプーンを曲げたのを思い出したので、F12でパターニングをするセッションのレゾナント・チューニングで3本目のフォーク曲げを試みました。
 レゾナント・チューニングをやりながら、"どうして曲がらないんだろう"と聞いたところ、女性の顔が浮かんできました。彼女曰く、"私はかたい女よ。そんなに簡単に曲がらないわ!"。"えー!何だ、これは!"と思いましたが、変性意識ではさほど驚きません。冷静に彼女と交信(?)を始めました。以下にその会話を記します。
"そんなことを言わないで、お茶しない?"→"イヤよ"
"美味しいコーヒーがあるんだ"→"イヤ"
なんかナンパしているみたいだなー、と思いつつも交信を続けます。
"じゃ、美味しいケーキを食べに行こう"。その瞬間、フォークが柔らかくなったのを感じたので、一気に曲げました。
 その後、フォークの先端部分を曲げようとしましたが曲がらず、交信(?)もできなくなってしまいました(彼女の機嫌を損ねた?)が、曲げるという初期の目的は達成できました。
 この後、スプーン曲げの手順に関して、「スプーンに曲がってくれるか尋ね、スプーンの許可を得る。スプーンが意識を持ち、あなたがスプーンと繋がれると確信を持つ」という説明があったので、なるほどと思いました。

 さらにまだ誰も曲げていない1000円(ステージ4)のスプーンにフレッドさんが、フォークにぼくが挑みました。その結果、2人とも何とか曲げることはできましたが、自他ともに認める中途半端な曲がり方でした。しかし、大満足の2日間でした。

 この2日間を通して、
・ハートをひらくコツ
・ヒーリングとサイコキネシスが同じプロセスで起こること
を実感として学ぶことができました。
・また意図したことが具現化されること
・ならびに自分自身
をより強く信じられるようになりました。

 すごく実りの多い2日間でした。今回の経験が、今後C1世界でどのような変化をもたらすかすごく楽しみです。
 トレーナーの坂本さん、SONOさん、ならびにお金を払った参加者でありながらほとんどトレーナーとしての役割をこなされていたタツゾウさん、ミーさん、さらに今回の体験を共同創造してくれた参加者のみなさん(特にアセンション・セミナーで一緒だったフレッドさんと西浜さん)、ありがとうございました。また今後のセミナーでもご一緒したいと思います。


2日目はヒーリングとスプーン曲げです。ヒーリングとサイコキネシス(念力)は同じプロセスで起こること、またそれは瞬時に起こる、という説明を聞いたあと、ワークに入りました。そしてワークではそれを実際に体験...

ニックネーム : Yas(ヤス)

 昨今"スプーン曲げ"と称して人気のセミナーだ。今回はゆかりさんの主宰するKARA(大阪)で行なわれた。スプーン曲げはどうでも良かったがサイコキネシスの意識状態はヒーリング等と同じエネルギーであるというので、気分直しを兼ねて受講してみた。

 中でも私の関心事はパターンニングだったが、その前に大方の関心がある"スプーン曲げの"件に触れない訳にはいかないだろう。
 当初は自信満々で、ネックを優しく撫でながら「曲がってね」と念じていたが一向にその気配が無い。チョッと焦る!!皆はと観るとワイワイ話しながら飴細工よろしくグニャグニャやってる。誰かが「身体が熱くなって触っている所も熱くなった時にチョッと力を加えたら曲がるね!」と事も無げに言っている。成る程とヒントを得て気を集中していると熱くなってくる、チャンスと見て曲げようとするとグニャリと苦もなく曲がった。ちなみに力任せでやってみても簡単にはいかない事も解った。後はワイワイ談笑しながら皆の作品(?)を批評しあうのだ。又これからの人の為にこれは誰でも出来ると言っておこう。

 パターンニング。
 予めクリエートする項目を設定しておくのだが適当なものが思い描けない。マ~いいやと在りもしない様な項目「○○を□□する」を挙げてみた。シンククリエーション・アファメーションの中で「このエクササイズに特別の手助けをお願いします」と特に強調した。するとアニメに出てきそうな妖精の様な小さな存在が現れた。項目を唱えようとするとキャピキャピの子供の様な声で一緒に復唱してくれる。チョッと間違えると「大丈夫!もう1度どうぞ」と促されてどうやら上手くいった。後は私の周りをおどけながら踊っている。項目が実現した状況を観たいと思ったら何処かの喫茶店のカウンターに座っている。そこへ知らない男女が2人やってきて実現の為の打ち合わせをするという。そして○○が□□された様子が観察できた。
 
 この文章を書きながら「○○を□□する」なんて公にしたら「お前気は確か?」と言われそうなので秘密にしておく。でも「大丈夫かな?」は無しにしよう。
 兎も角久し振りに童心に帰って楽しかった!


昨今"スプーン曲げ"と称して人気のセミナーだ。今回はゆかりさんの主宰するKARA(大阪)で行なわれた。スプーン曲げはどうでも良かったがサイコキネシスの意識状態はヒーリング等と同じエネルギーであるという...

スプーン曲げ

ニックネーム : Tomo

シンククリエーションワークショップではスプーン曲げが行われているそうですね。参加はしてなかったのですが、自宅でやったらできました。

寝起き直後に「創造と具現化」「上級フォーカス12」を聴いて、前日あきらめて手元に置いていたスプーンをへし折る感じで曲げようとしたら曲がりました。

意識しないのがコツかもしれません。


シンククリエーションワークショップではスプーン曲げが行われているそうですね。参加はしてなかったのですが、自宅でやったらできました。寝起き直後に「創造と具現化」「上級フォーカス12」を聴いて、前日あきら...

ニックネーム : madrugada

今週末は夫婦で神楽坂HSCで開催された『第一回 シンククリエーション・ワークショップ』を受講してきました。新規セミナーの第一回目を受講できたのは名誉なことだと思う反面、皆さんから注目されているので、「ダイスでゾロ目が出なかったらどうしよう」とか「スプーンが全然曲がらなかったらどうしよう」とか考えていました。さてさて結果はというと...。

参加者は14名。トレーナーのヨシヤスさん、ソノさん、ミツさん、ゆかりさんもご一緒でした。

初日は「シンククリエーションとは何か?」の説明から入り、メインイベントは何と言っても「ダイス・プレイ(サイコロ投げ)」です。合間合間にヒーリングのセッションが入るのですが、それは気持ち良~く寝かせて頂き(笑)いよいよダイスプレイになりました。

一人が12回ずつサイコロを振り、ゾロ目の出た回数から確率を計算するのですが...リズム良く振ったつもりだったのに全然ゾロ目が出ないよ~!

焦る焦る!8連続で失敗し、こりゃあヤバいと思った次の瞬間...出ました、ゾロ目が!その後ゾロ目が次々に出て最後の4回中3回がゾロ目という結果になりました!25%の確率だったのでまあまあの出来でした(^O^)/

この日はとても進行がスムーズで早めにセミナー終了となったので僕ら夫婦と、一緒に参加していたGV同期の2人で明日のスプーン曲げの成功の前祝とばかりに、神楽坂のイタリアンレストランで食事会を開きました。

二日目はいよいよお待ちかねの「スプーン曲げ」なのですが、その前に送り手と受け手になってヒーリングを行いました。これはヒーリングとサイコキネシス(念力)が同じ原理であることを再確認するためです。

僕は受け手になった時、背後にとても温かいエネルギーの波紋を感じ、背中が熱くなったのですが、この時背後にいらした坂本さんはディアナ(観音)と一体化し、僕を母親が子を見るように見て号泣していたそうです。こんなことは初めてだと言っていました。

そうか、僕は観音様の子供だったのか!

スプーン曲げをF12でパターニングした後、遂にスプーン曲げが始まりました♪明るい音楽をかけ、談笑しながらハートを開きつつ皆でスプーン曲げをすると...

曲がる!曲がる!曲がる!

あそこでもここでもスプーンが次々に不思議な角度で曲がり、折れていきますが、誰もこれをもはや奇跡とは思っていません。ごく普通の出来事と捉えています。ハートを開き、パターニングをして、スプーンは硬いものという信念を捨てると...グニャグニャと曲がっていきます!用意したスプーンでは足りなくなり、菊野さんが急遽買い出しに!

怒涛のような大スプーン曲げ大会が終了しました。記念写真を撮り、修了証を頂いてセミナー終了となりましたが、重要なことは、スプーンを曲げることではなくて「現実は『大いなるすべて』と自分自身が共同で創造している」ことを理解し、日々の生活の中で活用し、現実を創造していくことなのだと感じました。

ヘミシンクを聴いてシェアしあうセミナーも楽しいですが、非物質のエネルギーを用いて物質に影響を及ぼすこのセミナーはとても充実感に溢れています。皆さんにもぜひ受講をおすすめします。

御一緒した参加者の皆さん、ヒーリングサークルでは大きな愛の波紋で温かな癒しを頂き、本当にありがとうございました!スプーンの買い出しに行って下さり、スプーン曲げを大成功に導いてくださった菊野さん、どうもありがとうございました。

このような興奮と、更に癒しに満ちたセミナーを開催して下さった坂本さん、本当に感謝しています。どうもありがとうございました。サイコロ投げの時の意味不明な踊りや、70年代ディスコ風選曲は今後もぜひ継続して頂きたいと思っております(笑)

最後にいつも一緒に参加して貰っている愛妻にありがとうと言いたいと思います。本当にいつも感謝しています。また一緒に楽しもう♪


今週末は夫婦で神楽坂HSCで開催された『第一回シンククリエーション・ワークショップ』を受講してきました。新規セミナーの第一回目を受講できたのは名誉なことだと思う反面、皆さんから注目されているので、「ダ...

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら

カテゴリー