AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 体験シェアルーム 月別アーカイブ

体験シェアルーム 月別アーカイブ

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

2013年5月 アーカイブ

ニックネーム : madrugada

 2013年5/18日~23日に小淵沢で開催された第12回ライフラインに参加してきました。私は前回の第11回ライフラインも受講しており、今回は再受講でした。

 普段、自宅でCDを聴いていても寝てしまうことが多く、また視覚よりも体感覚が勝っているため、なかなかハッキリとした[体験]というものが少ないのですが、やはり同好の氏が集まる宿泊セミナーはグループエネルギーの相乗効果もあり、明確な体験が起こりやすくなるようです。

 「ターゲットを決めての救出活動」では20年前に亡くなった父を探して頂いたのですが、父から「私は愛情表現が苦手で、お前とは余り話も出来なかったがお前を心から愛していた。お前もとても頑張っているが、もっと周りに愛情表現を豊かにした方が良い。お前を誇りに思っている」というメッセージを貰いました。DVやアル中等で家庭を顧みなかった父とは子供の頃から確執があり、中学生の頃から会話すら殆どしたことがありませんでした。

 死去後も一度も仏壇に線香一つあげたことすらありませんでしたが、8年前に自分が結婚し、子供が出来て親の立場になり、親の子に対する無条件の愛の深さに気が付きました。今回のセッションで、子供の頃から反抗ばかりするひとり息子にも、父は不器用ながら無条件の愛を持っていてくれたこと、その無条件の愛をうまく伝えられなかったことを後悔していること等を知りました。

 次のセッションで自分の側面を救出して、レセプションセンターへ連れて行くと父と祖母が出迎えに来ていたので、受け渡した後、父を呼び止め20年ぶりの会話をしました。先程貰ったメッセージのお礼を言い、私の父でいてくれたこと、育ててくれたこと、今も見守ってくれていることへの感謝をしました。

 父は47歳で亡くなっており、今私が43歳なのでほぼ同世代です。恥ずかしながらもハグしたら小さな父の体から無条件の愛情が伝わってきて静かな感動を覚えました。お互いに自然に涙が出ました。今まで父には愛されていないと思っていた自分を恥じたからでしょうか?自分が親になった時にもう父を心の中では許していたことを思い出したからでしょうか?

 また会おうと約束し、C1へと戻ってきて我に返るとC1でも涙が一筋流れていました。寝た体勢になっているなら涙の軌道は横に流れるはずなのに、なぜか涙の軌道は下へ流れていました。父と抱き合ったのはF27だったのか、それともC1だったのか、不思議な感覚が残った今回のライフラインでした。


2013年5/18日~23日に小淵沢で開催された第12回ライフラインに参加してきました。私は前回の第11回ライフラインも受講しており、今回は再受講でした。普段、自宅でCDを聴いていても寝てしまうことが...

ニックネーム : ユー

 平成25年5月5日から6日にかけて福井で開催された『トータルセルフ体験コース』に参加しました。これまでセミナーに参加する度に、新たな発見、感動がありましたが、今回も予想外の展開からここ1ヶ月間迷い、悩んできたことに対するアドバイスが得られたのでシェアしたいと思います。

 それはSONOさんの何気ない一言から始まりました。「F27の教育センターには“事象をコントロールしているセンター”があり、F15にもこれに対応して働いているセンターがあるので、興味があったら行ってみてくださいねー。」とても興味深いお話でしたが、今回は明確な目的があったので聞き流していました。
 ところが、―――です。6本目のセッション『交信ポイントF15』ではF15に願望を置いてくることを強く意図しましたが、何故か森の中の大きな寺院に導かれました。ガイドに聞いたところ、ここが“事象をコントロールしているセンター”ということでしたが、今日は願望実現を行うという目的がありましたので、中を少しだけ見学して早々においとましました。
そして最後のセッション『アクアパレスからI/There へ』で、予想もしない展開から新たな発見が得られると同時に、悩んできたことに対する回答が得られることになりました。少し長くなりますが、セミナー記録から抜粋し載せたいと思います。

・宇宙空間に浮かぶ巨大な焦げ茶色の教会のような塔が見えた。
・外観は古めかしい教会風の作りだが、中はハイテクであった。近代的な白い廊下を進んでいくと、真ん中がドーム状になっていた。
・ドームの中央には透明なピラミッドがあり、その中に大きな水晶があった。水晶は光っており、これがこの塔の動力源である、ということであった。
・そこから廊下が出ており、無数の部屋に分かれていた。
・その各々の部屋も同様な構造になっていた。
・すなわち、中央に水晶を内蔵したピラミッドがあり、それを囲むように周囲の壁にはスクリーンがいくつも並んでいた。
・その1つ1つのスクリーンには白いローブをまとい、白いヒゲを蓄えた指導者らしきヒト(これがエクスコムだった)と数人の若いヒトが作業していた。
・彼らは同じI/Thereに属しており、帰還していないI/Thereメンバーの状態を確認しているということであった。
・スクリーンに写っていたのは、I/Thereメンバー1人1人の生まれてから死ぬまでの推移であった。
・物質的な指標、精神的な指標、他に多くの指標が立体的なグラフとして示されていた。
・生まれてくる前に自分で設定したコースが3Dの曲線で示され、同時に生まれてから現在まで歩んだコースも示されていた。そして両方のコースが大きくはずれないよう、ガイドと連携して対応している、ということだった。
・自分の曲線が見たくなって頼んだところ、“ファイルNo.552を出して!”という指示がなされ、ぼくの曲線が出てきた。
・それを見ると、生まれて成人になるまでは、ほぼ設定通りに歩んできたことがわかった。ここには親の役割が大きく関与しており、エクスコムから“親への感謝を忘れてはいけないよ”と言われた。親に感謝した!
・次に成人になってから40歳までは、当初設定してきたコースより精神的な領域で進みが遅くなり、物質的な領域に大きくシフトしていることが見て取れた。
・そこで、現在行なっている精神的なワークにつながるが、その当時は物質的な利益を全面に出したワーク(西野流呼吸法、ヨガ、合気道など)に興味を持つようガイドが働きかけていたことを教えてもらった。今度はガイドに感謝!
・そして40歳以降は、本来のコースに近づいてきており、今回の出来事は新たな気づき、新たな体験を求めて、もともと僕が設定してきたことであることがわかった。
・今度どうなるかに関しては教えてくれなかったが、生まれる前に設定したグラフによると、曲線はまだまだ続いており、さらなる進歩が得られることが期待できそうだと思われた。

 セミナーの時はぼくが見たものはI/Thereだと思っていましたが、帰ってから記録をまとめたところ、F15で行った“事象をコントロールしているセンター”と同じ構造をしており、F27の“事象をコントロールしているセンター”であることがわかりました。
 今回のセミナーではぼくの悩みに対する回答がこのような形で得られました。なかなか粋なはからいです。今回もガイド、エクスコム、SONOさん、それと共同創造してくれた参加者のKさん(彼とはシンクロが多く、すごく親しみを感じました)に感謝、感謝です。本当にありがとうございました。
 実は今回のセミナーでは、ぼくが迷ったすえに決めた方針で進めばよいことがわかり、またこの数日後に受けた『坂本政道と行く古代秘地探訪セミナー:伊勢神宮編』ではより具体的な方向性が示され(これまで男性性を追求していたので、今後は女性性を追求しなさいー表現は抽象的だが、ぼくにはすごく具体的にイメージできます)、すっかり元気になりました。まさにヘミシンクはぼくの人生の羅針盤です。


平成25年5月5日から6日にかけて福井で開催された『トータルセルフ体験コース』に参加しました。これまでセミナーに参加する度に、新たな発見、感動がありましたが、今回も予想外の展開からここ1ヶ月間迷い、悩...

ニックネーム : madrugada

5/10・11に開催された『坂本政道と行く古代秘地探訪セミナー』に参加してきました。今回のセミナーでは高次の意識体と交信することを目標にしていました。

参加者はほとんどの方とセミナーで御一緒したことがあるので、最初から和気あいあいとしていて、グループエネルギーがバスの車内に満ち溢れていました。ヘミシンク愛好家の優しいエネルギーはいつ感じても素晴らしいものです。

今回、僕は神社内では基本的にはメタミュージックを聴きながら探索してみました。初日の外宮では土宮、風宮等で素晴らしい浄化のエネルギーを頂き、伊勢までの移動疲れも吹っ飛んだのですが、外れにある下御井神社へ行こうと足を踏み入れた途端に、それまでの清々しい空気が一変して、何とも言えないジメっとして得体の知れないものを感じました。

空気がひんやりしていて心地良い、と感じた方もいたようですが、僕には粘着質のようなものが絡み付いてくるような感じがして気持ち悪かったです。神社の前に来て、お参りをしようとしたら、神社の中からキツネのような目の鋭い動物らしき非物質の生命体がジッとこちらを見ていて、バッチリ目が合ってしまいました...。今にも飛び掛からんばかりなので、早々に神社を後にし、土宮でまた浄化のエネルギーをチャージしてから正宮に向かい、凛とした気を沢山感じてきました。

内宮を探索した後に宿泊先の「旅荘 海の蝶」で露天風呂に入り、伊勢海老等の豪華なお料理を頂きながら懇親会を楽しみました。同期生や菊野さんとのお話は尽きることがありません。本当に素敵で幸せな食事会でした。ユーさんとは露天風呂や部屋でも沢山話をして、お互いのiPodを交換して、聴きながら寝たりしました。露天風呂は計4回入りました。

2日目の伊雑宮では男性的なエネルギーを感じましたが、伊雑宮自体が余り外側からの物質、非物質的な接触を好んでいないように感じました。やたらに入り込まないでくれ!という意志のようなものでしょうか。

最後に訪れた瀧原宮は雰囲気が素晴らしい所で、入り口から長い長い一本道を歩きながら「エンチャンテッド・フォレスト(Enchanted Forest)魔法の森」を聴いているとかなり深くまで変性意識状態に入れました。優しい香りがしてきて、左右の大木も我々の来訪を快く歓迎しているようでした。ただそこにいるだけで足元から浄化され、エネルギーが充電されていく感覚がありました。

お参りをしていると、どこからともなく言葉が浮かんできました。「ここは上と下の両方からとても良い気が流れているので、空(宇宙)と地球を結ぶような神事を行っていたことがある」「良い気とは空や大地のエネルギーだけで成り立つものではなく、この近隣に住む人々や動物や木々等の生命体の持つ、清らかなエネルギーがあって初めて成り立つものである」「ここは多くの人々の憩いの場としても使われてきたので、人々と自然の調和が浄化と充電のエネルギーを作り出した」などなどです...。

これをもって高次との交信なのかというと全然自信がありませんが、想像したものではないので何らかの情報を、変性意識下で受け取ったのだと解釈しています。当初の目的をほぼ達成したので、今回の探索は大満足で終わりました。瀧原宮は何度でも訪れたい場所になりました。

僕は元々、神様にお金をあげた上に、何度も頭まで下げることに少なからず抵抗を持っていたのですが(失礼!)、今回の探索を通じてその抵抗感が徐々になくなっていくのも感じました。これも一種の浄化と解放でしょうか...?

次回の古代秘地ツアーも是非参加して、高次の存在と交信してみたいと強く感じました。このツアーを企画して下さった坂本さん、事務作業やガイドなどをしてくださった菊野さん、優しく温かなエネルギーで包み込んでくれる参加者の方々、そしていつの僕のわがままに付き合ってくれる愛妻に心から感謝したいと思っています。

『ほんとうにありがとうございました』


5/10・11に開催された『坂本政道と行く古代秘地探訪セミナー』に参加してきました。今回のセミナーでは高次の意識体と交信することを目標にしていました。参加者はほとんどの方とセミナーで御一緒したことがあ...

ニックネーム : ユー

 5月10日〜11日の 『坂本政道と行く古代秘地探訪セミナー:伊勢神宮編』に参加しました。アセンション・セミナーで一緒だった人達も何人も来られるということだったので、ワクワクしながら参加しました。
 今回のセミナーはバスの中で坂本さんの説明を聞いた後、伊勢神宮をサイレント・ウオークで各自探索するというものです。

 1日目の外宮、内宮では男性エネルギーと女性エネルギーの違いをはっきりと認識することができ、色んなタイプのエネルギーによって体を活性化させることができました。また交信もでき、女性的な存在(ディアナ?、ぼくのガイドのルミコの女神風コスプレ?)から"今後は女性性エネルギーを取込み、表現することを心がけると良い"というアドバイスをいただきました。

 2日目の伊雑宮、月讀宮、瀧原宮もすごく気のいいところで、生命エネルギーにあふれていました。この日は、大木に触れると交信しやすくなる、ということを発見しました。交信の内容は、
 *大木はアンテナであり、木に触れることによって交信しやすくなる。
 *女性性エネルギーを身につけるための方法その1
   :頭で考えるのではなく、自分の感覚を信じ、それに従うこと
*女性性エネルギーを身につけるための方法その2
  :女性性は曲線で表現されるので、曲線、とくに螺旋に注目すると
   よい
   (この時、DNAの2重螺旋やらせん状の針金のビジョンがたくさ
    ん見えました。またこの後、瀧原宮で坂本さんから螺旋系にす
    じの入った大木の紹介があり、シンクロ二シティーを感じま
    した)
                            などです。

 今回はサイレントウオークというヘミシンクの応用編であったこと、さらにこれまで交信したことのない存在との交信ということで少し難しかったですが、とても楽しく、またとても有意義でした。
 また今回のセミナーは大人の遠足のような感じで、同室者とも仲良くなれ、いろんな話を聞くことができたのも大きな収穫でした。坂本さん、きくのさん、今回の体験を共同創造してくださった皆さんに心から感謝しています。

【追伸(オーブ写真に関して)】
 今回、多くの参加者の写真にたくさんのオーブが写っていましたが、2日目の昼までぼくの写真にはオーブはひとかけらも写っていませんでした。それまで250枚近くの写真を撮ったのに、1枚もーーーです。オーブは変性意識で写真を撮ると写りやすいという話を聞いたので、F10→F12への移行を何度も繰り返し、変性意識に持っていきましたが、ダメでした。かなりヘコミました。"さっきまでの交信は思い込みだったのか?"とか"さっき見えたビジョンも気のせいだったのか?"などと考え始めた時に突然ひらめきました。ぼくは、ずーっとHDRというモード(1回シャッターを切ると露出の異なる5枚の連写が行われ、その中から適切な明るさの3枚を組み合わせて高速合成し、逆光を防ぐ技術を用いた撮影)で写真を撮っていましたが、このせいではないか!と直感しました。そこで撮影モードを通常モードにしたところ、念願のオーブが写りました。その後、撮る写真、撮る写真、ほぼ全部に写っています。まるで"オーブ祭りのようです"。ものすごく嬉しくなって写真を撮りまくりました。その後の写真には9割くらいにオーブが写っていました。皆さん、ハイテク・カメラには気をつけましょう。         


5月10日〜11日の『坂本政道と行く古代秘地探訪セミナー:伊勢神宮編』に参加しました。アセンション・セミナーで一緒だった人達も何人も来られるということだったので、ワクワクしながら参加しました。今回のセ...

ニックネーム : Yas(ヤス)

 昨今"スプーン曲げ"と称して人気のセミナーだ。今回はゆかりさんの主宰するKARA(大阪)で行なわれた。スプーン曲げはどうでも良かったがサイコキネシスの意識状態はヒーリング等と同じエネルギーであるというので、気分直しを兼ねて受講してみた。

 中でも私の関心事はパターンニングだったが、その前に大方の関心がある"スプーン曲げの"件に触れない訳にはいかないだろう。
 当初は自信満々で、ネックを優しく撫でながら「曲がってね」と念じていたが一向にその気配が無い。チョッと焦る!!皆はと観るとワイワイ話しながら飴細工よろしくグニャグニャやってる。誰かが「身体が熱くなって触っている所も熱くなった時にチョッと力を加えたら曲がるね!」と事も無げに言っている。成る程とヒントを得て気を集中していると熱くなってくる、チャンスと見て曲げようとするとグニャリと苦もなく曲がった。ちなみに力任せでやってみても簡単にはいかない事も解った。後はワイワイ談笑しながら皆の作品(?)を批評しあうのだ。又これからの人の為にこれは誰でも出来ると言っておこう。

 パターンニング。
 予めクリエートする項目を設定しておくのだが適当なものが思い描けない。マ~いいやと在りもしない様な項目「○○を□□する」を挙げてみた。シンククリエーション・アファメーションの中で「このエクササイズに特別の手助けをお願いします」と特に強調した。するとアニメに出てきそうな妖精の様な小さな存在が現れた。項目を唱えようとするとキャピキャピの子供の様な声で一緒に復唱してくれる。チョッと間違えると「大丈夫!もう1度どうぞ」と促されてどうやら上手くいった。後は私の周りをおどけながら踊っている。項目が実現した状況を観たいと思ったら何処かの喫茶店のカウンターに座っている。そこへ知らない男女が2人やってきて実現の為の打ち合わせをするという。そして○○が□□された様子が観察できた。
 
 この文章を書きながら「○○を□□する」なんて公にしたら「お前気は確か?」と言われそうなので秘密にしておく。でも「大丈夫かな?」は無しにしよう。
 兎も角久し振りに童心に帰って楽しかった!


昨今"スプーン曲げ"と称して人気のセミナーだ。今回はゆかりさんの主宰するKARA(大阪)で行なわれた。スプーン曲げはどうでも良かったがサイコキネシスの意識状態はヒーリング等と同じエネルギーであるという...

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら