AQUAVISION HOMEお知らせ > Kindle出版 ★「悲しみちゃん」さようなら ★ 発売中!

お知らせ Kindle出版 ★「悲しみちゃん」さようなら ★ 発売中!

Kindle出版 ★「悲しみちゃん」さようなら ★ 発売中!


アクアヴィジョン・ブックスから、初の電子書籍が出版されました。
著者は、ゲートウェイ・ヴォエッジ13期生の 和泉早織さん です。

cover_150.jpg

「悲しみちゃん」さようなら
 〜過去世を癒す旅〜
 ヘミシンク・セラピーのススメ

「ヘミシンクをして、一番良かったことは何ですか?」
「生きることが楽になったことです」


心の奥底にあった「悲しみちゃん」に気づき、
その原因となる「過去世」の記憶を癒し、解放していく......
そのプロセスは、私にとって「セラピー」そのものでした。

著 者:和泉早織  推 薦:坂本政道
価 格:648円   発売日:2015/4/3
出版社:アクアヴィジョン・ブックス

心温まる、素晴らしい体験記です。ぜひご覧ください。


AmazonのKindleストアからダウンロードできます。

本の購入はこちら>>


Kindle本は、iPhone、iPad、Androidのスマートフォン・タブレット、あるいは、Windows PC、Macで読むことができます。
無料のkindleアプリをダウンロードしてご利用ください。Kindleアプリがインストールされていれば、一度買った本をどの端末からでも読むことができます。

kindleアプリはこちら>>


kindle端末をお持ちであれば、同じように読書を楽しめます。

kindle端末の購入はこちら>>


本の購入はこちら>>




「はじめに」より抜粋


「悲しみ」という感情は、どこから湧いてくるのでしょうか?
 私たちは、親しい人を亡くしたり、何かに失敗したり、他人から冷たくされたり、不幸な出来事に出合ったりすると、悲しくなります。
 でも、そのような、自分の外の出来事に「反応」して起こる感情としての「悲しみ」だけでなく、もっと心の奥にしまい込まれている、原因不明の「悲しみ」もあるのではないでしょうか?
 私自身、そんな「悲しみちゃん」の存在に気づき、それを癒すことができたのは、ヘミシンクを使った過去世体験からでした。
・・・・・・
 私の、ヘミシンクを使った探求の旅は長いのですが、最初のステップが、この本のタイトル、「悲しみちゃん」との出会いでした。
・・・・・・
 今の生活に特に不満はないけれど、なぜか心が満たされない。
 本当の自分をさらけ出して、人と付き合うことが出来ない。
 自分なんて、幸せになれないのではないかと思ってしまう。
 どうしても自分を好きになれない。
 自分を好きになってくれる人なんか現れないと思う。
 特定の原因が思い当たらないのに、心の奥底でそんなネガティブな思いを持っている方。もしかしたら、あなたの心の奥にも「悲しみちゃん」がいるのかもしれません。
 その「悲しみちゃん」としっかり向き合い、対話してみると、あなたの中の何かが変わっていくと思います。
 この本が、「悲しみちゃん」を抱える人たちの、気づきと癒しのきっかけになれば幸いです。
 どうぞ、最後までお付き合いください。

和泉早織




「推薦の言葉──坂本政道」より抜粋

・・・・・・
 この体験記は、彼女がヘミシンクを初めて最初の二年間くらいのことをまとめたものです。
 ヘミシンクとの出会いから、エクササイズのコツをつかむまでの苦労。彼女が「悲しみちゃん」と名づけた、過去世にまつわるトラウマの発見と癒し。そのプロセスで出会った大切な、本心を分かち合えるヘミシンクの仲間たち(ヘミ友)との交流...。
 この体験記は、後に続く人たちにとって、貴重な道しるべになることでしょう。
 本書の中で彼女も書いていますが、ヘミシンクは過去世体験や救出活動(レトリーバル)などを通して潜在意識を浄化し、より自由になるための道具として活用することができます。それは「ヘミシンク・セラピー」と呼んでも過言ではありません。
 この体験記には、続編があるようです。それもまた楽しみです。
 まずは、本書をお楽しみください。

坂本政道




著者プロフィール


和泉 早織(いずみ さおり)

1971年生まれ、鳥取県出身。フリーのライター、ディレクターとして山陰地区を中心に出版、広告、テレビなどの分野で活躍する。2008年「ガイドとの邂逅セミナー」の受講を皮切りに、「フォーカス21探索コース」「フォーカス27体験コース」「バシャールコース」などの「アクアヴィジョン・アカデミー」主催のセミナーを受講。2009年、モンロー研究所プログラム「ゲートウェイ・ヴォエッジ(十三期)」受講後、「ライフライン」「エクスプロレーション27」「スターラインズ」「スターラインズII」を修了し、2013年には念願のモンロー研究所にて2度目の「スターラインズII」に参加。


続きを読む≫