AQUAVISION HOME体験シェアルーム > 体験シェアルーム F27基礎コース アーカイブ

体験シェアルーム F27基礎コース アーカイブ

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

F27基礎コースの最近のブログ記事

ニックネーム : hirapapa

9月20~21日まで福岡の『F27体験コース』に参加してきました。
初めての合宿形式のセミナーでしたが、修学旅行の前日の様な期待と緊張を胸にワクワクしながら参加させていただきました。
一日目からテンションが上がりすぎて救出活動の前にヘトヘトになりそうでしたが無事にガイドやヘルパーとも出会え、いよいよ二日目の救出活動一回目をむかえました。
ガイドとヘルパーの3人でF23に向かうと、水の中に入ったような感覚がありました。しかし、周りは真っ暗で何も見えません。
ライトを照らすと海の中のようでした。海の底の方に船の残骸が見えてきました。殆ど船の形は残っていませんでしたが10人~20人ぐらいの人影が船の中に見えました。
日本陸軍の格好をした兵隊達が負傷者を抱えながら右往左往しているようです。
船が沈むので負傷した者を助け出そうと同じ場所にずっといるようです。
そこで私は日本海軍の指揮官(艦長)の姿に変わり1隻の駆逐艦を準備しました。(なぜ駆逐艦なのかは自分でもわかりません)
そして駆逐艦をその船に近づけ救助を行いました。するとすぐに皆海面に上がってきたので乗組員に指示をして助け出しました。
皆安心して船に乗って行きました。そして駆逐艦をF27まで発進させました。
レセプションセンターでは陸軍の医療班が出迎えてくれたようで安心して船から降りていきました。
その後、スペシャルプレイスで今回の事を思い返していると駆逐艦の名前は『秋月』であることと、沈んでいた船は輸送船であるとのメッセージがきました。
セミナー終了後、この駆逐艦の名前が気になったので調べてみました。
すると、日本海軍の駆逐艦『秋月』は実在しました!
写真も見てみましたが私がイメージしたものと近い形をしていました。
ビックリしてさらにウィキで調べるともっと驚きの事実が書いてありました。
なんと駆逐艦『秋月』は1943年1月19日、陸軍輸送船妙法丸救助に向かったとあるでははいですか!!
当然私はこの記事を読んだこともないし、聞いたこともありません。
もしかしたら当時逃げ遅れた兵隊達を今回救出していたのかもしれません。
本当にビックリしました。しかし、この事実により更にヘミシンクの可能性を実感するとができました。
そして救出活動もどんどんやれるときにやって行きたいと思います。
本当に不思議なビックリ体験でした。
このような体験が出来たのもトレーナーをはじめセミナーに参加した皆さんのおかげです。改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

9月20~21日まで福岡の『F27体験コース』に参加してきました。初めての合宿形式のセミナーでしたが、修学旅行の前日の様な期待と緊張を胸にワクワクしながら参加させていただきました。一日目からテンション...

ニックネーム : ユー

 4月24日―25日に福井で開催された『F27体験コース』に参加しました。4月27日に新しくできた『F27共同救出コース』を受けるにあたり、F27のエネルギーに慣れておこうというのが、受講の目的でした。
 セミナー受講後はF27のエネルギーを思い出すことができ、またレトリーバルもしっかりと5回行うことができ、初期の目的は達成されましたが、期待していた以上の効果が得られましたので、シェアさせていただきます。

 得られた効果の1つ目は、非物質界で人物が認識しやすくなったことです。これまで、映像はよく見える方でしたが、人物を見るのは苦手でした。ところが今回は、SONOさんも参加者のKさんもかなりしっかりと認識することができました。この理由は、このセミナーの直後に受けた『F27共同救出コース』で坂本さんがおっしゃられたことからわかりました。今回、参加者が少なかったため、シェアの際に脱線しまくりで、雑談をたくさんしました。このことによって参加者同士の繋がりが強くなり、非物質界での認識に繋がったのだと思います。

 2つ目は、最近身につけてしまったネガティブな信念に気づいたことです。1日目の最初のセッションで以前F12に作ったスペシャル・プレイス(ピラミッド)を久しぶりに訪れてみました。するとそこは、「暗くてまがまがしい気を放つ暗黒のピラミッド」になっていました。この変わり果てた姿はどうしたことかと、理由を探してみました。すると、1日目のセミナー終了後、ホテルに帰ってから思い当たることがありました。それは、最近新しい事業を始めることになって、お金の算段をすることが多くなり、お金のネガティブな側面を信念として身につけてしまっていた、ということでした。このことに気づき、物事の見方が変わったことが自覚できたあと、2日目のセッションでF12のスペシャル・プレイスを訪れた時には、ピラミッドは以前の「きれいなパワースポットとしてのピラミッド」に戻っていました。

 3つ目は、F27に新しいスペシャル・プレイスができたことと、その意義です。これまでF27には最高級のおもてなしが受けられる和風旅館をスペシャル・プレイスとして持っていましたが、もう1つ洋風のものが欲しくなったので、『セッション4:スペシャルプレイスF27』でカリブ海に面した洋風建築の最高に豪華な別荘(もちろんプール付き、ジャグジー付き、総工費数十億円)を造ろうと意図しました。しかしセッションが始まると、F12でたくさんの設計図が溢れ出てき、またそれまで眠くなかったのにF15〜F27までクリックアウトしてしまいました。そしてF27で目覚めると、意図していたものとは全然違うモンサンミシェル風のスペシャル・プレイスが出来上がっていました(ぼくのガイド達は、自分たちが造ったのだと自慢していました)。素晴らしい出来栄えに感心しましたが、これが造られた理由はその次のセッションでわかりました。次のセッションでは、中世ヨーロッパのレトリーバルが2つ続いて行われました(そのうち1つは、多分ぼくの過去世)。そして、モンサンミシェルは中世ヨーロッパにアクセスするのに必要だったと言われました。「なるほど、このような形で繋がっていたのかー」と、この素晴らしい演出に思わず唸りました。

 SONOさん、いつも期待を上回るセミナーを開いていただき感謝しています。また今回一緒に参加していただいたKさん、弱点克服の突破口になっていただき、ありがとうございました。またぼくのガイド達と今回参加いただいたヘルパー達にも心から感謝しています。今後ともよろしくお願いします。


4月24日―25日に福井で開催された『F27体験コース』に参加しました。4月27日に新しくできた『F27共同救出コース』を受けるにあたり、F27のエネルギーに慣れておこうというのが、受講の目的でした。...

『駆け足で』(3)

ニックネーム : 美蓮

 F27とは、「救出活動」のみ行うものかと思いきや、
私にとっては全ての施設をひっくるめて「公園」と称し、
その公園の門を「受け入れの場」「受け付け」<ここで「今回救出する時にサポート、誘導してくれるガイドやヘルパーさん達に出会う」>とした方がすんなり理解できました。
 そこは「レセプションセンター」があり、
「スペシャルプレイス」
「癒やしと再生の場」
「学習、教育の場」
「計画の場」
と、たくさんの施設があることにびっくりしました。
 予備知識まったくなく、セミナーに臨んでいるので、一番関心した場所であります。
 そして「スペシャルプレイス」
故人と出会え、お話も出来るなんて素敵な場所。とはいえ、
その場所の土地探し、設計、建設、内装、一から築かないといけないなんて!!
 ヘルパーさんと一緒にとはいえ、元来、家に執着してない(睡眠確保さえできれば、あとのこだわりは全くない)ので、イメージしにくかったし、一瞬途方に暮れてしまいました。
でも、建て替え可能と聞いたので徐々に素敵に変化していくことでしょう。
これから、雑誌など見たり、注意を払って人のお宅に、訪問したいと思います。
というのもまだ、この世界、私のこの世での体験がベースで、かなり自身が勝手にイメージして、作りあげてる感があるからです。
とはいえ、慣れるまでは、それで構わないらしいから。
そのうち、自分ではとうてい知り得ない情報や啓示を、受けるやも知れません。
そしたらなお、いっそう、はまって行くのでしょうねぇ。
果てしなく奧が深い世界ですなぁ。
  さて、いよいよ「救出」です。
する前はかなり、びびっていたのですが(でも救出をいっぱいした方が自分が浄化されるって聞いていたので、その欲のみで受講したのです)、ガイドさんやヘルパーさんの、大いなるサポートがあるわけで、経験してしまえば、力むことはない、思ってた以上に安全で怖くはない、というのが分かりました。

続きはF15です。

F27とは、「救出活動」のみ行うものかと思いきや、私にとっては全ての施設をひっくるめて「公園」と称し、その公園の門を「受け入れの場」「受け付け」<ここで「今回救出する時にサポート、誘導してくれるガイド...

ニックネーム : fidelity

HideさんSonoさんの温かい雰囲気の中、F27体験コースに参加させて頂きました。
初日は、心地よいスペシャルプレイスやヒーリングプレイスを作ったりしながら、F27の観光客になった感じでした(^v^)
途中で、大きな光り輝く木のようなものが見えて、よく見ると、それぞれが個の意識体のよう。次第に中心部が光り始め、ガイドさんと一緒に吸い込まれました。
2日目はいよいよ救出活動。かなり怖がりの私に出来るのか不安で、前日夜に『リリース&リチャージ』を聴き、準備OK!
実際に始めてみたら、大きな存在のヘルパーさんが付いて来てくれて、力仕事などをすべて援助してくれました。その後、「ね?怖くないでしょ?」と明るく声を掛けてくれて、ホッとしました♪
内容としては、大勢でボーッとしている人たち(←集団で連凧のように列をなし上がって行きました)、亡くなった親戚、過去世の自分と、その関係した人物、を救出したように感じました。
自宅では一度もF27を聴いた事がありませんでしたが、セミナーに参加して、体験が進んだ気がします。
ライフラインへ参加する意欲も深まり、実生活も充実させようと前向きになりました(*^_^*)
HideさんSonoさんはじめ、一緒に参加された皆さま、スタッフの方、ありがとうございました♪

HideさんSonoさんの温かい雰囲気の中、F27体験コースに参加させて頂きました。初日は、心地よいスペシャルプレイスやヒーリングプレイスを作ったりしながら、F27の観光客になった感じでした(^v^)...

ニックネーム : イズミン

 ゴールデンウイークまっただなか、神楽坂の会場でF27体験コースに参加してきました。F27については、書籍でだいたいの事は知っていました。とても興味があり、私としてはF27に行ける日を楽しみに待っていました。4月にゲートウエイ・ヴォエッチに参加してF21までは行ってきました。その勢いで、大きな期待を胸に、F27を目指しました。
 しかし、体験が薄と悩んでいる私に、感動するような体験ができるのか不安でした。今まで「あきらめないフェミシング」状態なのです。
 救出活動の時には、祖母が出てきて「死んでから、F23あたりを彷徨っていたのか。」と思って胸がいっぱいになりました。
 スペシャルプライス(F27での私の活動拠点)は、ログハウスにしました。裏庭にはロックガーデンを設置して、くつろげる拠点としました。
 そこでビールを飲みながら焼肉を食って、ジャグジーに入り思いっきりのんびりしてきました。こんど、F27に行ったら救出活動の後が楽しみになりそうです。

ゴールデンウイークまっただなか、神楽坂の会場でF27体験コースに参加してきました。F27については、書籍でだいたいの事は知っていました。とても興味があり、私としてはF27に行ける日を楽しみに待っていま...

ニックネーム : ユー

 3月24日〜25日に福井“風楽”で開催された“F27体験コース”に参加しました。いつもながらのSONOさんの優しい、ゆったりとした雰囲気(楽しげな風がそよいでいるイメージで、まさに“風楽”という名前そのものだと毎回感じます)で、セミナーを満喫してきました。今回の救出活動では3回のセッションで6回のレトリーバル、合計10数人+1匹(なぜかネズミを救出しましたーガイドにどういう意味があるのかと聞いたら、“少し救出に慣れてきたのでちょっと変わった救出をしたい、とあなたが言ったからよ”という返事でしたーうーん(・_・;)!ちょっと違う意味で言ったんだけど――)を救出できました。
 このセミナーではビジョンも見えて、予想以上の救出活動もでき、また新しい仲間の話(真性体外離脱をしたときの話や、ハワイやシャスタ山のセミナーに行った時の話)も聞け、充実した時間を過ごせました。

 “風楽”でセミナーを受けたあとは、自宅まで車で約3時間ガイドと会話しながら帰るのですが、今回気づいたことをシェアしたいと思います。

 その1つは、ヘミシンクと現実世界(C1世界)はお互いに影響し合っているということです。これまでいくつかセミナーに参加した後、世界に対する見方が変わってきたことは自覚していました。例えば、シンクロニシティーが増えたり(700人くらいの職場にいますが、会う必要のある人には連絡しなくても会いたい日に会えるようになってきています)、自分と合わない人に対しても批判的な目で見なくなったり(この人は今回何を体験しに来ているのだろうとか、地球人としての経験が少ないのかも、などと自然に思えるようになりました)していました。それが今回はいつもF10で見えている星空が3Dになっており、F10にいった瞬間に星がたくさん向かってきて、思わずよけてしまいました。SONOさんの話では、最近3D映画をよく見ている影響じゃないかということでした。C1世界での経験がこんな形ででてくるのかと驚き、新しい経験へのモチベーションが高まりました。

 もう1つ感じたことは、ヘミシンクの体験を記録しておくことの重要性です。今回のレトリーバルで戦国時代に盗賊に囚われた娘たちを救出しましたが、実は昨年11月に受けたF15超時空セミナーでその時の盗賊の首領が自分だったことを見ていました。また今回の救出で、中世ヨーロッパの大聖堂で夫の帰りを待ちわびていた中年のご婦人を救出しましたが、F27でご主人と再会できたときに感激して涙ぐんでしまいました。自分の過去世なのかなーと思っていたら、これも昨年11月のF15超時空セミナーで見た自分の過去世であることが記録されており、思い出せました。

 また色んな形のセミナーに出ることの効果も実感しました。小渕沢のゲートウエイ・ヴォエッジでは深くヘミシンクに没頭できましたし、神楽坂ではグループ・エネルギーを感じましたし、風楽では少人数なため何でもしゃべれ、自分を開放できるように感じます。

 ヘミシンクのセミナーでは毎回新しい発見があり、すごい充実感があります。SONOさん、今回一緒にセミナーを受けたTさん、ならびにガイドの方々ありがとうございました。またC1世界で色んなことにチャレンジした後で、セミナーに参加したいと思います。よろしくお願いします。


3月24日〜25日に福井“風楽”で開催された“F27体験コース”に参加しました。いつもながらのSONOさんの優しい、ゆったりとした雰囲気(楽しげな風がそよいでいるイメージで、まさに“風楽”という名前そ...

F27救出活動

ニックネーム : 小島ゆかり(momo)

2月25,26日に神楽坂での F27体験2日コースのトレーナー担当のmomoです。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

F27のスペシャルプレースや、癒しのセンター、そして、このコースの醍醐味である救出活動! 

大本営の戦艦ナガトを救出し、最後にはその戦艦を使って他の方々を救出されたり、はっきりとは分からなかったけれど、泡と箱を救出されたりと、皆さん、それぞれに個性的で独創的な体験が豊富でした。

さすがに、このコースまで進んでくると、非物質世界のエネルギーをしっかりと把握され、知覚能力も発達していらっしゃいますね。
今回も明るいグループエネルギーで、其々にシェアも活発にされて、とても有意義なセミナーとなりました。

これからも皆様には、明るく楽しく美しく、非物質世界のエネルギーをC1の世界に是非もたらしていただきたいと思います。

今回担当した達蔵さんとmomoのコンビで、笑い満載の明るいセミナーだったとのご感想もいただきました。
ありがとうございました!

皆様、また、お目にかかりましょう!


2月25,26日に神楽坂でのF27体験2日コースのトレーナー担当のmomoです。ご参加の皆様、ありがとうございました。F27のスペシャルプレースや、癒しのセンター、そして、このコースの醍醐味である救出...

レトリーバル体験

ニックネーム : Yoshihiro

10/22、23に開催されたフォーカス27体験コースに参加させていただきました。
今回参加を決めた理由は7年前になくなった友人と昨年なくなった祖父にあいたい思っていたからです。
実は2011年4月に参加したGateway Voyageで祖父がどうしているか見に行ったのですが、なくなった病室にそのままいるような気がしていました。当時はどうしたらいいかわからず、特に会話をすることもありませんでした。

友人には1日目のフリーフロー27で再会できました。
自分のスペシャルプレイスで再会してみると、生前と変わらない様子で挨拶してくれました。
彼は映画や芸術が好きで多才な人だったので、「続きが気になっている映画や漫画はあるか」聞いてみました。すると「もうC1にはあんまり興味がないんだ」といっていました。

2日目、レトリーバル③の時間に祖父を訪れました。ずっと病室にいたようでした。
話しかけてみると、「ご先祖様の位牌がほしい」、「(生前住んでいた)家に帰りたい」ということでした。位牌を渡し、家まで案内すると、満足してくれたようで一緒にフォーカス27までいきました。
思い返すと、祖父はご先祖様がすきでした。また、なくなる前の1年間は老人ホームで生活し、病院でなくなりました。そして、そのまま火葬場にいったので家に帰りたかったのかなと思います。

友人と祖父どちらも気になっていたので会うことができてよかったです。
今後、ライフラインプログラムにも参加したいと考えています。今後ともよろしくお願いします。
ありがとうございました。


10/22、23に開催されたフォーカス27体験コースに参加させていただきました。今回参加を決めた理由は7年前になくなった友人と昨年なくなった祖父にあいたい思っていたからです。実は2011年4月に参加し...

ニックネーム : 匿名希望

7月17,18日と札幌でのF27体験コースに参加させていただきました。
素晴らしい体験をすることができたので、報告させていただきます。

救出活動(レトリーバル)の1回目でのことです。

音声ガイドに従って、F21からF27へ
F27は入っただけで喜びのエネルギーを感じて気持ちよい感じです。前日作ったスペシャルプレイスから公園に移動し、私のガイドが4人きてくれました。その中に金髪女性のルーシーさんという存在がいます。みんなで手をつないでF27からF23へカウントダウンで降りていきました。
F23はなんだかぼやっとした空間で、あんまり気持ちよくない感じです。救出対象をガイドに任せて待つと、ルーシーさんが外国の女の子を連れてきてくれました。白人の金髪、髪は肩くらいまで、かわいらしいが暗い顔をしています。人形を抱いています。
とにかくF27まで連れていこうと思い、私はサンタクロースに扮装して、ガイドたちにトナカイのそりになってもらい、楽しいところに遊びに行こうと誘ってみました。女の子の顔がぱっと輝き、「行く」と言ってくれました。私とガイドのルーシーさんで女の子を挟むようにして、そりにのり、歌を歌いながら、F27まで行きました。
F27の受け入れの場(レセプションセンター)につくとその子のお母さんらしき、金髪の上品な女性が迎えに来ていて、女の子は大喜びして、お母さんに抱きついています。見ているこちらもすごくいい気分になりました。
落ち着いてから女の子とお母さんとベンチに座って、話をききました。
女の子に
「何歳なの?」
「7歳」と浮かびます。
「どこにいたの?」
「イギリス」と何となく感じます。
「どうして死んじゃったの?」
「人形をとろうとして池でおぼれて死んだ」というようなイメージでした。
「お名前は?」
「ルーシー」と浮かぶ。
ん?ガイドと同じ名前ですが・・・
「どうしてあそこにいたの?」と聞いてもはっきり理由が分からないのです。

そこで次にお母さんに
「ちょっと事情を伺いたいのですが・・」
とお母さんに意識を向けたとたん、直感的にわかりました。
このお母さんはこの子が亡くなったことを強く悲しむあまりにこの子の意識が上に戻っていくのを妨げていてしまっていたのだということを。ということは今みているのは、生きている母親の想念であるのか、いや昔のひとだから、もう死んでいるのか??? なんだか時系列で考えるとわけがわからなくなります。左脳的な分析は後からにしろと事前に言われていたんでしたね。

あとはガイドにお任せしました。

そしてもうひとりのガイドと対話

 「ルーシーっていっていたけど、まさかガイドのルーシーさんではないよね」
ガイド 「同じ魂よ」
 「えーー まじですか」

ということは、私のガイドの過去の囚われ状態を救出したということであり、ガイドは私と同じグループの魂ですから、結局自分自身の一側面を救出したことになります。

その後、セミナー参加者のシェアの時間となりました。
隣の参加した方のシェアを聞いて驚愕しました。

その方のシェアでは、

「白人の女の子がいて・・・」
あ、同じようなのをみたのかな
「年は7歳で・・・」
え・・・・・
「イギリスの方で・・・」
ええ・・・!!! まじ ありえない!
「名前は スージーとか何とか・・・」
似てる!
「私が助けようとしたら、別の存在にくっついていってしまって、私の役割ではないのかなと思いました」
私が連れていってしまいました。すみません。
「海みたいなところにいました」
水つながりで合っています!

微妙に違う点もありますが、ほぼ同じものを認識していると考えざるを得ませんでした。

今までいろいろな体験をしていてもどこかで、これは自分の妄想や思いこみではないかという疑念はどこかに残っていたのです。
しかしこれは・・・主観的真実と現実が合致するという素晴らしい体験を得ることができました。

本当に参加して良かったです。よくしていただいたトレーナーのおふたり、参加者のみなさん 本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

7月17,18日と札幌でのF27体験コースに参加させていただきました。素晴らしい体験をすることができたので、報告させていただきます。救出活動(レトリーバル)の1回目でのことです。音声ガイドに従って、F...

ニックネーム : たつぞう

先日のF27体験コースで、参加者の方がおっしゃっていました。「ヒーリングセンターは、心身ともに癒されました。これまでで一番気持ちよく、効果があったようです。ゴーイングホームのCDを買って、自宅でもやってみたいです。」と。

F27体験コースでは、救出活動の後には癒しと再生のセッションがあります。F27の意識状態で体験できるヒーリングセンターを訪れて、ヒーリングを受けるというセッションでの言葉でした。

フォーカスレベルというのは、意識状態につけられた名前です。フォーカス27という意識状態があり、それをさまざまに体験するのがセミナーの醍醐味です。

思えば、ヘミシンクによって意識状態を変えていくだけで、心身のヒーリングを受けられたり、過去世を体験したり、救出活動ができる、ということは、思えばものすごいことですね。ヘミシンクを使っているのは前提であるにしても、意識状態を変えることでそういうことが出来るということなのですから。

あらためて、今回のF27体験コースで意識の世界の奥行き、深さ、広さに感じ入りました。

参加者の皆さん、楽しく有意義な時間を過ごせて、ありがとうございました。


先日のF27体験コースで、参加者の方がおっしゃっていました。「ヒーリングセンターは、心身ともに癒されました。これまでで一番気持ちよく、効果があったようです。ゴーイングホームのCDを買って、自宅でもやっ...

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら

カテゴリー