AQUAVISION HOME > 体験シェアルーム

体験シェアルーム

ヘミシンク・セミナーの体験談や気づき、感想などを自由に投稿してください。

「Aquavisionセミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。

なお、初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ルール」に同意し、登録してください。

坂本さんをはじめ、アクアヴィジョンのトレーナーも書き込んでいます。皆さまの投稿をお待ちしています。

便利な「更新お知らせメール」 をご利用ください。

利用ガイド・利用ルール 記事を投稿する

ニックネーム : madrugada

 秋のSLの受講を考えている中で、もう一度基礎から学び直したいという思いからエクスカージョンを二年ぶりに再受講させて頂きました。改めて学び直してみるとすっかり忘れていたこともありました。F10は潜在意識にアクセスしやすく、ヒーリングに適したフォーカスだという事、色呼吸の一息法等がそうでした。一日目が終わり、ベッドに入ってからF10の状態で自己ヒーリングを行うと翌朝の目覚めがすっきりとしており、一日日の「リリースとリチャージ」の効果と合わせて解放と浄化を感じました。まさしく「エネルギーは思いに従う」を実感することが出来ました。

 またF12に知覚が拡大した状態ではガイドとの会話がよどみなく進行し、変性意識状態での自問自答はメッセージを受け取るための呼び水として大変重要な方法だと実感しました。最初は自問自答ですが、そのうちこちらの問いを待たずに答えが返ってくる…まるで既に得ていた情報を「思い出す」といった感さえありました。クリックアウトしていた時や、夜寝ていた時に潜在意識上に降りてきたものを、変性意識状態が顕在化してくれたのかもしれないと思いました。

 エクスカージョンの最大イベント「量子的自己」では池で水と一体化していると、意識と肉体が徐々にズレ始め、意識がどんどん浮上していき、窓を抜け、雲を抜け、大気圏を抜け、宇宙空間に漂っている自分を知覚しました。周りには無数の星が輝き(I/Thereのような懐かしさも感じました)、エクスプロレーション27で知覚したギャザリング(大集合)のような地球外生命体らしき存在も把握出来ました。その時の意識状態に覚えがあったので、おそらくF34/35であったと思います。ここで時間切れとなり、自分の肉体に意識を向けた途端に神楽坂に戻っていました。

 自分は地球生命系が大好きで、輪廻する時も即人間界に戻って来たい!と思っていましたが、今回の体験で「他の生命系や宇宙の意識を知っておくもの楽しそう♪」と感じました。秋のスターラインズ受講を考えているみなさん、小淵沢でお会いしましょう!

 そして、今回ご一緒させて頂いた参加者の皆さん、ゆかりさん、ヨシヤスさん、菊野さん、本当にありがとうございました。優しく温かなエネルギーの中で素晴らしい体験が出来たのは間違いなく皆さんのお蔭です。新たな出会いとご縁にも感謝し、ホンワカした良い気分で神楽坂を後にしました。 

 (追伸)
気分が良すぎたのか、帰りの東西線で乗り過ごしました(笑)


秋のSLの受講を考えている中で、もう一度基礎から学び直したいという思いからエクスカージョンを二年ぶりに再受講させて頂きました。改めて学び直してみるとすっかり忘れていたこともありました。F10は潜在意識...

ニックネーム : みゃー

大分時間が経ってしまいましたが、3/15・3/16のエクスカージョンに参加しました。あやさん、ヒロさん、参加者のみなさん、セミナーではお世話になりました。ありがとうございました。

セミナーではみなさん様々な体験をされていらしてとても刺激の大きな2日間でした。、「見えない・聞こえない・分からない」三重苦(?)の私、あやさんやヒロさん、皆さんのお話を伺っていると、へぇ~~~、なるほど~、そうなんだ~、と、とても楽しく、良い刺激をいただいて、いつかは私も・・・、と思わせていただける2日間でした。

あの場の雰囲気もとても心地よく、一人でなく同じベクトルを持つ皆さんと一緒に体験をさせていただくことが、こんなに大きな追い風になってくれるんだと、しみじみ感じました。ありがとうございました。

あまり体験らしい体験はなかった私ですが、今回参加させていただいて、ひとつ気づいたことがありました。実は私は数年前から片耳(右耳)が耳硬化症による伝達性難聴になり、今はかなり左耳に頼っているのですが、セミナーに参加させていただいて、左右セパレートのボリュームコントローラに初めて遭遇、左右の聞こえ方の違い、右耳の聴力の低下を実感しました。ヘミシンクは左右の耳に違うヘルツの音を流すことによって発生するうねりを利用していますよね。もしかしたら、自宅で普通のヘッドホンでCDを聴いていたときとは違う効果があったのでは、、、と思います。早速左右セパレートのボリュームコントローラ付きヘッドホンを購入してしまいました^^;

これからも、機会がありましたら、F15、F21など、参加していかれればと思っています。亀の歩みのような私ですが、細く長く続けていって、少しずつでも進んでいかれたら嬉しいです。

あやさん、ヒロさん、皆さん、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪
 


大分時間が経ってしまいましたが、3/15・3/16のエクスカージョンに参加しました。あやさん、ヒロさん、参加者のみなさん、セミナーではお世話になりました。ありがとうございました。セミナーではみなさん様...

ニックネーム : チロてん

 3/15・16のエクスカージョン(F10・F12)に、札幌から参加させていただきました。昨年、札幌で同じエクスカージョンを受講し今回は再受講だったのですが、アヤさんもブログに書かれているように、今回はいくつか小さな?シンクロもあったり、また、個人的には体脱もどき?(一瞬のことで自信ありませんが...)も体験できたり、お陰さまでまた新たな体験ができました。トレーナーのアヤさん、ヒロさん、アシスタントのゆかりさん、そして参加メンバーの皆さん、ありがとうございます。

 また前回、札幌でご指導頂いたヨシヤスさん、ヒデさん、参加メンバーの皆さん、この場を借りてお礼申し上げます。(まだ続けてます。人数少ないけど、北海道でもがんばりましょうね。)

 さて計2回のエクスカージョンを受けて気づいたことの中から一つ、備忘録的な意味も込めてシェアーさせて頂きたく思います。私と同様の悩み?を抱えている初心者の方の参考にもなれば幸いです。

 ガイドに質問をするセッション、答えがスッと浮かぶときもあるのですが、何も浮かばない場合もあり、本当にガイドと繋がっているのかどうか今ひとつ自信が無かったのですが、振り返ってみて、私の場合、上手くいかないパターンには大きく2つあることに気づきました。

 1つは、答えがあまりにも早すぎてメッセージに思えないパターン。セッション前に質問を準備する段階で、このことを聞こうかなぁと思った瞬間に答えらしきイメージが思い浮かんでしまい、まだ聞いてもいないのにまさかそれがガイドからのメッセージとは気づけず、セッション中にはそのイメージ“以外に”何か別のメッセージが来ないかと必死になるのですが思い浮かばず、結果的には準備段階でのイメージが正解だったというパターンです。

 札幌で受けた最初のエクスカーションでの体験ですが、その日の夕飯メニューを聞こうとした際、質問をノートに書き留める前から「カレーライス」のイメージが思い浮かび、頭から離れなくなってしまいました。しかし、夕飯メニューとしてカレーライスはあまりにもありがち。わざわざガイドに聞かなくても自分でも思い付きそうな内容だなぁと。セッション中はカレーライス以外で何かメッセージが来ないかと必死にイメージを思い浮かべて、何とか肉と野菜を炒めているイメージが浮かんだので「野菜炒め」と予想したのですが、結果はカレーライス。

 余りにもあっさりとメッセージが来てしまうのも、なんか嘘っぽくて... もう少し勿体ぶってくれた方がそれっぽい感じがしするのですが...

 もう1つの失敗パターンは、答えが期待した内容じゃない場合に思わず否定してしまうパターン。答えを聞く前から、こういう答えじゃないと受け入れない、と思っちゃってる場合ですね。

 今回、東京へ来る途中、スマホ用に買ったワイヤレス・イヤホンを落としてしまったのですが、今回のセッションでは早速そのことを聞きいてみました。落とした場所については、例によって準備段階から新千歳空港の出発待合ロビーのイメージが浮かんきて、そこで落としたのはたぶん間違いないだろうと。しかし、「戻ってきますか?」と質問した際には、「戻ってくる」という答えしか期待していなかったからだと思いますが、何度聞いても明確なメッセージを受け取れず。最後は自分の期待なんだかメッセージなんだか訳が分からなくなってしまいました。

 ヘミシンク用にと(自分に言い訳して)少々奮発して買った高音質のイヤホンだったので、かなり真剣に繰り返し聞いたのですが、力みすぎでしたかね。大吉が出るまでおみくじを引き続けるって感じですね。

 あまりに真剣に何度も聞いたので頭が疲れて少しボーっとした後、それでもまだセッションの時間があったので、その場の思い付きでアヤさんのお弁当のメニューを聞いて見たところ、これはあっさりと「ゆで卵」が見えました。しかし、昼食のお弁当に「ゆで卵」はあまりにもありがち。他に何かと思ったところ、艶々の海苔が巻かれたズッシリ感のある「おにぎり」が。アヤさんのお昼にては少々大きいなぁとは思ったのですが、しかし「おにぎり」もありがちな感じ。なので本当にメッセージなのか今一つ自信なく、外していたら余りにも恥ずかしいのでセッション直後にはシェアーできなかったのですが、昼食時にそれとなく確かめたら(失礼)、あまりにもイメージ通りの「おにぎり」と「ゆで卵」入りのサラダだったもので... つい嬉しくなって、後出しじゃんけん的ではありましたがシェアーさせて頂きました。

 アヤさんのお弁当については、一応成功?だったわけですが、時間が余ったから聞いて見ただけで、特に何か強い思い入れがあったわけでもなかったので、素直にメッセージを受け取れたのかもしれません。(トレーナーの昼食メニュー当て、流行るかもしれませんね。“ありがち”じゃないメニューに工夫して頂けると、当てる方としてはメッセージと自分の考えとの区別が付きやすくなるかも。冗談です。)

 ところで肝心のイヤホンですが、メッセージはそれとして、とにかく可能性のある立ち寄り場所に手当たり次第に問い合わせまくったのですが、結果的には、ようやく昨日になって新千歳で見つかりました。イメージ通り出発待合に落ちていたとのこと。これは半分当たり?

 しかし、あらためて自分の考えとガイドからのメッセージを区別するのは結構難しいなぁと思う次第。と書いたらメッセージらしき声が【分かってるでしょ】と(以下【】内はメッセージらしきもの。ちなみに私のガイドは女性のようです)。

 確かに、ガイドからのメッセージはスッと浮かんでくるのに対して、「簡単に思い浮かびすぎる」とか、「ありがちな答えだ」とか、「そんな答えじゃ困る」とか、いろいろと難癖つけているのが自分の考えってことになりますかねぇ。分かってるでしょって言われれば、分かってるんでしょうねぇ... 信じ切れていないだけで。

 やっぱり、素直に最初に来るイメージを信じた方が良いのかなぁという気がしてきました。ちなみに、折角ガイドと繋がったみたいなので聞いてみました。

 今回のイヤホンの一件、どういう意味があるのでしょう? 全てのことには意味があるって何かの本で読んだのですが。
【ボケっとしてるから】

 それだけ? 何かもっと非物質界的な深い意味とかってないんでしょうか?
【おかげで目が覚めたでしょ】

 う~ん。やっぱり繋がった気がしただけで単なる自分の思い付きだったか?
【(T_T)】

 また機会がありましたら、次はF15かF21あたりにチャレンジしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


3/15・16のエクスカージョン(F10・F12)に、札幌から参加させていただきました。昨年、札幌で同じエクスカージョンを受講し今回は再受講だったのですが、アヤさんもブログに書かれているように、今回は...

セミナーデビュー

ニックネーム : みるん

私も15・16に参加しました!!やっとデビュー!!あの場にいた皆さんに感謝です!!今日の体調はほんとウソみたいに超元気!!!!キャンセルしなくてほんとよかったァ!!ところであの時言ってた私の夕飯・・・チャーハンでしたよ!息子がまさに作っていました(笑い)またいつか絶対参加します!!!!!その時はよろしく!

私も15・16に参加しました!!やっとデビュー!!あの場にいた皆さんに感謝です!!今日の体調はほんとウソみたいに超元気!!!!キャンセルしなくてほんとよかったァ!!ところであの時言ってた私の夕飯・・・...

楽しかったです。

ニックネーム : 匿名希望

15・16日のエクスカージョンを受講しました。ヘミシンクという単語は聞いたことがある?程度だった私ですが、ある方の著書からたまたまアクアさんのHPにたどり着き、その場でセミナーを申し込んでいました。それからCDを購入して聴き始めまだ10日間程度。そんな初心者マークの私がとてもリラックスして受講できたのは、笑顔の素敵なあやさん、体も心も大きいヒロさん、そしてご一緒できた皆さんのおかげです。ありがとうございました。さて、セッションの中で、ガイドさんに三つ質問をするところがあって、なんと今日そのうち二つが当たっていたので嬉しくてご報告です。
一つは今日会う約束していた娘の洋服と帰りの新幹線の号車番号です。
赤っぽいワンピースに黒のカーディガン。実際はサーモンピンクのワンピースに濃紺のカーディガン。そして先ほど新宿駅で買った帰りの新幹線の切符は7号車!
肝心の私はガイドさんに聞いていたことすら、忘れていました(笑)
今、新幹線に乗って思い出したので、嬉しくて投稿させて頂きました。
そして残りの一つは、まだ答えが出ないことなので、楽しみに待っていたいと思います。

15・16日のエクスカージョンを受講しました。ヘミシンクという単語は聞いたことがある?程度だった私ですが、ある方の著書からたまたまアクアさんのHPにたどり着き、その場でセミナーを申し込んでいました。そ...

ニックネーム : fidelity

 2014/2/28 (1日目)
 自己紹介の後、F10、12の復習。1度目の「10」のアナウンスが聞こえ、「あれ?まだF10?」と思ったら、「9…8…」起きる為のアナウンスで苦笑い…。でも何故か、「10」と聞いた瞬間に、身体が小刻みに振動。ややめまいがあったけど、すごく身体が楽になり、癒されました。
 午後のセッションでは、身体が上に伸びる様子が、白いお餅を伸ばしているような感覚。少し腰が痛かったものの、しっかり抜けたように感じたので、何の予備知識もない、夕食のメニューを見に行くと、楕円形の上に白っぽい物が乗っているのと、その横には黒っぽい丸い物がいくつか見えました。
チーズハンバーグかと思ったら、実際の夕食は、チキンの上に白っぽい淡雪みたいな物が乗っていて、横には焼いたレンコン(グレー色で、焼き目は黒っぽい)があり、少し見えていたかなという感じ。

 2014/3/1 (2日目)
 交信ポイントに行ったら、テーブルと椅子が逆さまに置いてありました。「え?コレでどうやってガイドさんを呼ぶの?失礼じゃないかな…。」と思っていたら、その逆さまの椅子に「よ~う!」と言いながらガイドさん登場。逆さまのまま座って、こちらをにこやかに見ている。メッセージは、「形にこだわらなくていいじゃん。」でした。
 その後、交信ポイントは、モールス信号だったり蓮華の花が開いたり閉じたり、さながらエレクトリカルパレードのよう。結局、巻貝の様な大きなオルゴールに変化。視覚、聴覚など、その時に自分が使える感覚・方法でアクセスしてくれるように作られた気がしました。
 レゾナントチューニングは立ってしてみたら、響きが良く、身体全体に行き渡る気がしました。私は高音の方がより繋がる感じが強いみたいです。
 5つのメッセージでは、「和合、みんなで一つ。パズルのピースの様に、誰が欠けてもこの世界は成り立たない。亡くなると、その人はいなくなったように感じるが、実際にはそうではなく、常に一緒にいて共にいる。死は一つの通過点にすぎない。何がどう、これが出来る、出来ないは関係ない。自分の直感(直観)を信じていけばいい。私達はいつもあなた(がた)を見守っている。」というものでした。

 2014/3/2 (3日目)
 早朝、突然に『青葉城恋唄』が浮かんできました。亡くなった父が大好きで、よく車の中で口ずさんでいた曲で、父の声の感じや、その情景を想い出して大号泣。
 その後のセッションではGV以来、久々に虚空蔵菩薩が現れました。その後、目をつぶっているのに強力なオレンジ色の光と力を感じました。それから、菩提樹の木の枝にぶら下がって無邪気に遊んでいる男の子が見え、まだ小さそうなので「危ないなぁ。」と思っていると、母親?は近くにいるのに話に夢中で気付かないみたいでした。
 メッセージは、「正合性(整合性?)。ここにいていいんだ。生まれてきても良かったんだ、という心。人と接し、癒し、助け、受け入れ、確信体験を得なさい。」
 それから「生きること。」これは多くの参加者が得たメッセージでした。
 夕方のセッションには、視界のほとんどを埋め尽くす位幅のある白~水色の滝をバックに、白い着物を着た、黒髪の美しい高貴な感じの女性と、3D映像で大きくうねりながら白い龍が出てきました。これは、今までに会った事のない存在で、見ているだけで癒されました。
 他には、宇宙を内包して覗きこんでいる、自分の姿も見えました。
移動し「私は、この世に何を学びに来たのですか?」と質問すると、「何もない、ということです。自分と他人には、何の差もない。だから学歴や容姿、考え方など、全てにおいて『無』なのです。我々はそこにはいない。でも、確実に存在している。人生とは、不条理だ。突然のことは、ふと、やってくる。その時、再び試される。不思議な出会いに感謝。いつの世も、はかない。はかないから大切に生きる。人生の一粒一粒はちっぽけだが大きい。物を見ないで見なさい。人生は流れていく。とどまるな。今、そこにあって、ないもの。すべてが大切。でも、手放しなさい。ステキなことがおこるよ。すべては、あなたの中に内包している。」
 その後、参加者の方と笑いヨガや太極拳をして、ゆっくりと休みました。

 2014/3/3 (4日目)
 『モーメントオブレバレーション』を聴くセッション。聴き始めると、今回参加した方々や、トレーナーさん、きくのさんに感謝の気持ちが湧いてくる。ホントは、階段を上がらなきゃならないのに、と思いつつ(笑)、連想ゲームのような体験が続き、「今回の参加者は9名…。トレーナーさんたちを含めて12名…。」→「1ダース」→「1だす」→「1です」「1(ワン)です」→「ワンネス!!」今回、このメンバーでなければいけない理由はコレだったんだ!他人のシェアが自分へのメッセージに思えるのも、意味があったんだ!と気付きました。
 ここまでで5段目。そろそろ集中しなきゃ、と思ったら、白い雲が浮かぶ草原にでました。いつものガイドの龍と、ヒヨコの姿になっている鳳凰。明るい日差しの中、ひたすらみんなでのんびりと寝転んだりして、心地いい。
 「いつも自分に自信がなく、愛に飢え、求め、探し続ける。そういう自分を受け入れて、ハートに収めて許す。そして感謝する。無理はしない。」そんな気持ちにさせてくれました。

 今回も、坂本さん、ヒデさん、きくのさん、参加者の方々が皆さん温かくて心地よく、博識だったり、励まされたり、背中を押してくれたり、皆さんがガイドそのもののように感じました。皆さんと会う為の、邂逅セミナーだったのかなぁと思いました。


2014/2/28(1日目)自己紹介の後、F10、12の復習。1度目の「10」のアナウンスが聞こえ、「あれ?まだF10?」と思ったら、「9…8…」起きる為のアナウンスで苦笑い…。でも何故か、「10」と...

ニックネーム : madrugada

 2014年2/28~3/3まで千葉県の大多喜にある「大多喜ハーブガーデンホテル<ノルマンジーの家>で開催された「ガイドとの邂逅セミナー」に夫婦で参加してきました。

 今回のセミナーに参加する前に、今後は自分の苦手な視覚での体験を克服するよりも、得意な体感覚や「わかる」といった超感覚的?な部分を伸ばしていこうと決めていました。すると、囚われていた部分が解放・浄化されたのか、今回のセミナーでは少しずつではありますが視覚的にヴィジョンが見え始めました。共通して見えたのは細長い道を徒歩、もしくは車で進んでいたものと、はるか上空から地上を見下ろしていたものでした。その他にも手だけが突然現れて握手を求められたり、戦闘機が市街地を超低空飛行していたり、自分が宣教師になってセミナーハウスにいたりなどなど…。意味などは今後のヘミシンク・セッションや実生活で解き明かされていくと思っています。

 二日目の「非物質の友人」では「家政婦は見た」の市原悦子ばりに柱の陰からこちらをチラチラ覗いている新規ガイドにも会うことが出来ました。名前が不明なので「市原さん(仮名)」にしておきました。交信ポイントでも市原さん(仮名)に会い、「自分の中にある一つ一つの部分はどれも大切な部分です。至らない所を否定するのではなく、それも必要なものだと認めて受け入れてあげて下さい。」「遠回りに見える道でも敢えてその道に進んだ方が良い時があります。損得ではなく自分の成長にとって正しいと思える道に進んで下さい。」等のメッセージを頂きました。とても心に沁み通るメッセージでした。また、最終セッションの「啓示の瞬間」では「奥さんはあなたが思っているより遥かに深く大きくあなたを愛しています。もっと感謝と愛を豊かに奥さんに伝え続けて下さい。」とのメッセージを頂きました。今後、心に留め置くようにしていきたいです。螺旋階段を下りていく時には市原さん(仮名)が見送りをしてくれました。自分的には市原悦子ではなく小島陽菜が良かったんですが(笑)

 今回は初の大多喜でのセミナーであったこと、ずっと参加したいセミナーであったこと等から大きな期待感を持って参加しましたが、その期待をはるかに上回る有意義なセミナーとなりました。小淵沢とはまた違った静かな環境でヘミシンクに専念出来ましたし、食事も地産地消で美味なものでした。苦手な生野菜もスッと食べられましたし、いすみ豚のステーキやスイーツも絶品でした。

 大ファンのひでさんとは貸切風呂?でゆっくりをお話し出来ました。お話の一つ一つからヘミシンクやアクアヴィジョンへの大きな愛が伝わってきて、連日風呂上りには心地良くのぼせていました(笑)参加者がリラックスして素晴らしい体験が出来ること、何度も同じセミナーを受講していること等は間違いなく、坂本さんをはじめとするアクアヴィジョンの作り出す温かく優しい世界が心地良いのが理由の一つだと改めて感じました。坂本さん、ひでさん、菊野さん、そして参加者の皆さん心から感謝しています。本当にありがとうございました。大多喜開催は皆さんにも超おすすめですよ!


2014年2/28~3/3まで千葉県の大多喜にある「大多喜ハーブガーデンホテル<ノルマンジーの家>で開催された「ガイドとの邂逅セミナー」に夫婦で参加してきました。今回のセミナーに参加する前に、今後は自...

3つの質問の答え

ニックネーム : あさくん

 先日、大阪のスタジオKARAにおいて、エクスカージョンF10、F12コースを楽しく受講できました。
 2日目のF12の3つの質問にて、講師の小島さんから、1つはすぐに確認できる事を質問するようにということでしたので、その日の子供たちの作る晩御飯のおかずは何ですか?と尋ねることにしました。
 この質問に、最初にゴムのような黒いものが見えましたが、何のことかわからないので、もう少しわかりやすいような形で見せてくれるようにもう一度お願いしました。すると、次に黒いものの左上隅にスロットのようなものが見えましたが、これでも何のことかわからないので、さらにもう一度お願いしました。すると、最後に白菜とにんじんと豚肉の入ったミックス味噌の味噌汁が見えました。
 その日、岐阜羽島駅に8時ごろ到着し、自宅に「あと30分くらいで家に着くよ」と電話したのですが、帰宅すると、家の中は真っ暗でした。「?」で、リビングに入るといきなり「Happy BirthDay to You ♭」と子供たちが歌い部屋が明るくなりました。テーブルの上には娘たちが作った手作りのケーキがおいてありました。あっ、そうだ、今日は僕の誕生日だった!感激!!
 ガイドが教えてくれた、はじめのゴムのような黒は、子供たちの秘密だから見せられないという意味かな?、2つ目はケーキ(手作りのケーキで、生クリームの上に缶詰の桃が乗っている)を少し見せてくれてたんですね。3つ目は、子供たちが晩御飯で食べた味噌汁・・・でも、具は豆腐とわかめと豚肉の赤味噌でした。まぁ、味噌汁には違いないか(笑)

先日、大阪のスタジオKARAにおいて、エクスカージョンF10、F12コースを楽しく受講できました。2日目のF12の3つの質問にて、講師の小島さんから、1つはすぐに確認できる事を質問するようにということ...

ゴウツクババー

ニックネーム : コロ

 先日福岡のトータルセル体験コースのセミナーを受講しました。
「自分の側面を救出する」ということで、夢に出てくる日本兵が自分の側面かもしれないと、その人を救出しようと出かけました。
 するとF21でチラット白髪のザンバラ髪を振り乱した、歯抜けの「ゴウツクババー」の顔が目に入りました。時代は江戸時代ぽいです。汚いぼろ服を着て近づきたくない感じです。それでも「救出してください」と坂本さんに言われていたので、仕方なく、ガイドとともに、救出に出かけました。
 私のガイドは昔飼っていた犬たちです。キャプテンがエル、ミーコ ロン それから今生きている犬のモモ。4匹で橇を引いて救出に出かけます。
 そのバーさんは「信じない人」だということがわかります。ひたすら箒をもって一生懸命その辺を掃きまわっています。声をかけても振り向きそうにもありません。「上に行ったら光輝く世界がありますよ。」といっても「それがどうした!」と一蹴されそうな気配で話しかけられません。
 その人は「ゴウツクババー」なので、「上に行ったら小判がたくさんありますよ」と言ってみると、顔も上げずに「贋金じゃ」と言われました。その人は「信じない人」だったのでした。
 面倒くさいバーさんだな。と思って、犬をけしかけて4匹でワンワンほえさせました。逃げるバーさんを何とか大きな布袋に詰め込んで橇に乗せようと思ったのです。犬たちは歯をむき出して吠えたてます。でもバーさんは全く怖がらす、持っていた箒で蹴散らしてしまいました。
 ああ、めんどうくさい。と思いましたが、仕方ないので、ごみを餌代わりにすることにしました。バーさんは下をむいて無中で掃いているので、ごみを少しずつ撒いて、袋のところまでバーさんをおびき寄せました。それからバーさんは大袋の中までごみを掃きながら入ったので、急いで口をひもで縛って橇に乗せました。後は犬に引かせて一気にF27へ連れて行きました。
 ガイドが3人くらいきて、ロビーの向こうへ連れて行きました。
「ああ、めんどくさかった」と思い、後どうなったか見るのも面倒だったのですが、チラッとみると、白っぽいきれいな着物をきて、綺麗な黒い長い髪をした後ろ姿が見えました。若くなっていたみたいでした。じゃあうまくいったのかなと思って終わりました。
 シェアをしたら「それは自分の側面だったかもしれませんね」と言われて「ひゃー。そんな…」と思ったのですが、ホテルに帰ってよく考えてみると、そうだな…と思いました。
 私は掃除魔で掃除ばかりしているし、第一、今回「信じれない自分」に落ち込んで受講したのでした。何を言っても「信じない人」って私の事でした。
 自分の不信仰を救出できたので、自信が出てきました。
 「信じない」とあんな「ゴウツクババー」になるんだな~。
 他にも素晴らしい経験ができました。またステップアップした気がします。みなさんグループエネルギーをありがとうございました。
 坂本さん、幸さん、津蟹さんありがとうございました。

先日福岡のトータルセル体験コースのセミナーを受講しました。「自分の側面を救出する」ということで、夢に出てくる日本兵が自分の側面かもしれないと、その人を救出しようと出かけました。するとF21でチラット白...

ニックネーム : ひで

1月5日(日)、神楽坂でインナーチャールドコースのリハーサルが行われました。
トレーナーは尾方文さん。参加者は、坂本さんを始め、トレーナー、事務局、その他関係者で8名。
 
いいコースに仕上がりそうです。
今こそ、必要なコースだと思いました。
 
簡単ですが、私(Hide)の体験をメモします。
 
【体験1】
ハートに両手を置いて呼吸を繰り返していると、心臓を中心に、蜘蛛の巣のような、網状のものがバーッと横に広がっていきました。無限の広がりです。そして、その網の線を通して、何かのリズムが響いてきました。生命のリズムでしょうか...。
しばらくすると、自分の体に対する感謝の気持ちが湧いてきました。「心臓さん、ありがとう。肝臓さん。ありがとう...」。いつも、私の知らないところで動いてくれています。ありがとう。
すると、今度は、体の方から言葉が聞こえてきたような気がしました。
「働けるのは嬉しいです」。
おおっ! 素晴らしい。体は、動けること、働けること自体が喜びなんですね。
 
【体験2】
感情を癒す、というセッション。
大失敗をしたり、間違ったことをやってしまったり、相手を怒らせてしまったり・・・そんな場面が思い出されました。すると、胃が締めつけられるような感覚がよみがえってきました。感情が肉体に表現されたようです。
どこからともなく、鈴の音が聴こえてきました。しゃんしゃんしゃん・・・。すると、白い馬がやってきました。馬の首に鈴が掛けてあります。歩くたびに、しゃんしゃんしゃん。
その馬の背中に紐が現れて・・・携帯のストラップになりました。紐を持って振ると、しゃんしゃんしゃん。
私は白馬のストラップを胃の上に持ってきて、しゃんしゃんしゃんと振りました。すると、胃のしこりが緩んでいくようでした。しゃんしゃんしゃん。
 
【体験3】
子どもの頃の自分と遊ぼう、というセッション。
子どもの頃のいろんな出来事が次から次へと思い出されてきて、どの自分と遊べばいいのか迷っていました。
セッションが終わりに近づいてきた頃、こいつだ!と思って抱きかかえました。
「どこで遊べばいいんだろう・・・」。直感的に「そうだ! F10のスペシャルプレイスに連れて行こう!」と思いました。
F10に、私は"あばら屋"を持っています(イメージです)。藁葺き屋根。縁側があって、庭がある。井戸がある。馬がいて、鶏がいる。畑もある。床の間にライトセーバーが立て掛けてある...。
私は、子どもの頃の自分を馬に乗せました。最初はびくびくしていましたが、するに慣れて、パカパカと進んでいきます。そのうち、スピードを上げて、どんどん進んでいきます。
「ちょっ、ちょっと待ってくれ!」。私は置いてけぼりです。
「やばいよ、やばいよ。いっしょに遊ぼうというセッションなんだから、勝手に遊んだらダメだぞ」。
馬遊びの次は・・・、鶏が卵を産んでいたので、二人で卵かけ御飯を食べました。
そして、ライトセーバーでチャンバラをしました・・・というところで、セッション終了のアナウンス。残念。
彼はこの場所が気に入ったようで、もう少しここにいるとのこと。了解です。また遊びましょう。
 
◆リハーサル終了後◆
近くのシーフードレストランでささやかな新年会。
2月2日からの本番では、さらにバージョンアップしたコースに仕上がると思います。
Ayaさんの、ライブのナレーションが、2本予定されています。楽しみにしてください。
 
IMG_1548.jpg
 

1月5日(日)、神楽坂でインナーチャールドコースのリハーサルが行われました。トレーナーは尾方文さん。参加者は、坂本さんを始め、トレーナー、事務局、その他関係者で8名。いいコースに仕上がりそうです。今こ...

更新お知らせメール

記事・コメントが更新されると、メールでお知らせします。

登録はこちら