AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME モンロー研究所とヘミシンク

モンロー研究所とヘミシンクThe Monroe Institute® & Hemi-Sync®

モンロー研究所とヘミシンク

モンロー研究所

The Monroe Institute
モンロー研究所(The Monroe Institute®)は、人間の意識の探究を主要な活動とする、非営利の教育・研究機関であり、意識状態に顕著な影響をもたらすオーディオ・サウンド・パターンの研究活動で国際的に知られています。このオーディオ・ガイダンス技術は特許を取得しており、ヘミシンクとして広く認知されています。モンロー研究所は、独自の教育プログラムと専門機関との共同研究を通して、人間の意識の成長と進化に大きく寄与しています。
ロバートA・モンロー

モンロー研究所は、ロバート A・モンロー(1915~1995)によって設立されました。
彼は放送業界の著名なエグゼクティブでしたが、1958年に彼の人生を劇的に変える自然現象を経験しました。体外離脱体験(Out of Body Experience=OBE)です。その後の彼の個人的な体験は、『体外への旅』(1971)、『魂の体外旅行』(1985)、『究極の旅』(1994)として出版されています。

ロバート・モンローは、1950年代後半から研究グループをつくって研究を開始しました。その研究の成果は、人間意識の本質に関する注目すべき発見に繋がりました。そして1975年、3つのヘミシンク特許のうちの最初のものを、彼は獲得しました。
1970年代前半に、初期の研究グループからモンロー研究所が生まれ、ヘミシンク技術を用いて意識の探究を行う学習セミナーを開始しました。これらのセミナーは、アメリカ合衆国のみならず世界中で開催されました。1979年には現在の地、ヴァージニア州のブルーリッジ山脈に、恒久的な研修施設が建設されました。
それ以来、多くの人々がこの地を訪れ、人生を向上させるための滞在型セミナーのプログラムやワークショップに参加してきました。さらに現在では、世界中で多くの人々が、公認のアウトリーチファシリテーターによるワークショップに参加したり、自宅学習用のヘミシンク教材を活用するなど、さまざまな恩恵を受けることができるようになりました。

モンロー研究所では50年以上にわたって心理学、精神医学、医療、生化学、電気工学、物理学、教育学などさまざまな研究機関との学際的な共同研究を行っています。ヘミシンクの技術は、これら専門研究機関とのコラボレーションによって、科学的にも証明され、臨床的にも応用されたテクノロジーとして、多くの称賛を得てきました。さらに、その研究成果は、モンロー研究所の教育プログラムにもフィードバックされ、カリキュラムの強化に役立っています。

モンロー研究所

モンロー研究所は、ヴァージニア州フェイバーの、のどかなブルーリッジ山脈の中にあります。首都ワシントンから南へ300キロほど、車で約3時間半。見晴らしの良い草原の真ん中に、教育・研究施設が点在しています。まわりはほとんど牧場で、すぐ近くに草を食む牛たちの姿が見えます。朝は凛とした霧に包まれ、夜は満天の星空。桃源郷のような素晴らしい環境です。

ヴィジョン Our Vision

人類の地球規模の目覚め
The Global Awakening of Humanity

使命 Our Mission

モンロー研究所は、人生における個人の自由、意義、洞察、幸福を創造するための道として、人間意識の探究と知覚の拡大した状態の体験を、推し進めていきます。
The Monroe Institute advances the exploration of human consciousness and the experience of expanded states of awareness as a path to creating a life of personal freedom, meaning, insight, and happiness.

ヘミシンク

ヘミシンク
ヘミシンク(Hemi-Sync®)は、ロバート A・モンローによって開発され、モンロー研究所によって特許取得されたオーディオ・ガイダンス技術です。医療機関や大学との共同研究によって科学的にも臨床的にも証明され、さらに50年以上にわたる実証的な教育・研究活動を通して洗練されてきました。
モンロー研究所では、長年の研究の結果、特定のサウンド・パターンが、人間の意識をさまざまな状態へと導くことを明らかにしてきました。たとえば、深くリラックスした状態、睡眠誘導、瞑想状態、集中した状態、知覚の拡大した状態などです。 このオーディオ・ガイダンスのプロセスは、何層もの複雑なオーディオ信号を組み合わせることによって共鳴現象を起こし、特殊な脳波を発生させて、意識を特別な状態へと誘導するものです。その結果、左脳と右脳が同調して機能する、脳全体の同期現象が発生します。この状態をヘミシンクと呼びます。ヘミシンクとは、ヘミスフェリック・シンクロナイゼーション(左右半脳の同調)の略であり、モンロー研究所の造語です。 ヘミシンク信号に加えて、ミュージックや音声ガイダンス、あるいはかすかな音響効果などが組み合わされて、その効果はさらに高められます。
人間の意識をさまざまな状態へと導く
ヘミシンクは、医療機関や大学との共同研究によって科学的にも臨床的にも証明され、さらに50年以上にわたる実証的な教育・研究活動を通して洗練されてきました。ヘミシンクに関するモンロー研究所と専門機関との共同研究は現在も続けられ、さまざまな応用技術が開発されてきました。その成果は、数々のヘミシンクCDなどの製品として世に送り出されており、多くの人々に利用されるほか、セラピストや医療機関、教育者などの専門家にも広く活用されています。 また、ヴァージニアのモンロー研究所において実施される滞在型プログラムをはじめ、世界中のヘミシンク・ワークショップにおいて利用されています。日本では、アクアヴィジョン・アカデミーが、ヘミシンクを使ったワークショップやセミナーを開催しています。

安全性

ヘミシンクは、長年の研究と実績によって安全性と有効性が証明されています。また、サブリミナル(潜在意識に働きかける)メッセージは使われていません。依存症も副作用もありません。リスナーは、常に自分自身のコントロールを失うことはありません。

応用例

からだの健康 Enhanced well-being

  • 免疫力向上のための心身の繋がりの強化
  • 病気や手術からの回復速度の向上

こころの健康 Emotional well-being

  • ストレスの解放
  • 不安の解消
  • 心的エネルギーの補給

知覚の拡大 Expanded awareness

  • 意識状態の探索
  • 新しい知覚回路の開放

創造力と問題解決 Creativity and problem solving

  • 全体把握能力の拡大
  • 洞察力の獲得
  • 芸術的表現力の強化
  • 創造力の促進

瞑想 Meditation

  • 精神の静寂
  • 深い瞑想状態の達成と維持

睡眠と夢 Sleep and dreams

  • 安眠誘導
  • 睡眠周期の調整
  • 時差ボケ防止
  • 不眠症対策

学習と記憶 Learning and memory

  • 注意力と集中力の改善
  • 知的処理スピードの向上
  • 過度な精神活動の減少
  • 新しい知見の獲得と維持
  • 注意欠陥・多動性障害の改善

フォーカス・レベル

Focus Level
ヘミシンクは聴く人の意識を、深いリラックス状態や瞑想状態、あるいは知覚の拡大した状態など、さまざまな状態へと誘導します。このような、日常ではありえない特別な意識状態は、「変性意識(Altered States of Consciousness=ASC)」と呼ばれています。
変性意識には、さまざまな、数限りない状態が存在します。そこでロバート・モンローは、特定の意識状態を表す指標として、フォーカス・レベルという概念を導入しました。そこでは、フォーカス10あるいはフォーカス12などの数字によって意識状態が示されます。
これによって、私たちは、フォーカス・レベルという特定のヘミシンク周波数に誘導されて共通の意識状態に導かれ、その領域における体験を共有することが可能になりました。ヘミシンクのエクササイズでは、参加者が共通のフォーカス・レベルに導かれ、さまざまな状態の把握や探索、交信などを試みます。
なお、番号自体には意味はありませんが、基本的には、番号が大きくなるにつれ物質的な世界から離れていきます。

フォーカス1

意識が物質世界にフォーカスされている状態。覚醒した状態。
通常C1(Consciousness 1)と呼ばれています。

フォーカス10

Mind Awake / Body Asleep
「肉体は眠り、意識は目覚めている状態」。
意識が肉体の束縛から自由になり始める状態。

フォーカス12

Expanded Awareness
「知覚・意識の拡大した状態」。
意識が肉体的・空間的な束縛から自由になった状態。

フォーカス15

The State of No Time
「無時間の状態」。意識が時間的な束縛から自由になった状態。
“単に存在する” 状態、“空” の状態――瞑想などの究極の境地とも言われています。

フォーカス21

The Bridge State
「他のエネルギー系への架け橋の状態」。物質世界と非物質世界との境界。
こちら(Here)とあちら(There)の架け橋の領域とも言われています。

フォーカス23

New Arrivals
「囚われ領域」。
肉体を失ったにもかかわらず、こちら(Here)に意識がフォーカスされている(囚われ、留まっている)状態。

フォーカス24~26

Belief System Territories
「信念体系領域」。
アフターライフ(Afterlife)において、共通の強い信念を持つ人たちの意識が集まって一つの世界を形作り、集団で囚われている。さまざまな信念や価値観に基づいた無数の世界があると言われています。

フォーカス27

The Way Station
「中継点」。人の意識はここに来て初めて次の生へ転生できます。
概念的に表現すれば、受け入れの場、癒し・再生の場、教育の場、計画の場など、さまざまな機能をもつ場所(センター)に分かれています。

フォーカス34/35

地球生命系内の、時間を超えた意識の広がり・つながり(I/There)が把握されます。
このレベルには現在、地球外生命体が非物質状態で多数集まっていて、今後起こりつつある地球生命系の一大変化を観察しています。その現象をロバート・モンローは “ギャザリング” と呼びました。

フォーカス42

太陽系を超えた、太陽系近傍の銀河系内の意識の広がり・つながり(I/Thereクラスター)が把握されます。

フォーカス49

銀河系を超えた、銀河系近傍の意識の広がり・つながり(I/Thereスーパー・クラスター)が把握されます。

さらに上のレベル

この宇宙を超えた、さらに大きな意識の広がり、つながりが把握されます。また、上へ帰還する大きな激しいエネルギーの流れが把握できます。
TOP