AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME モンロー研究所公式プログラム エクスプロレーション27
エクスプロレーション27

エクスプロレーション27 Exploration27® (X27) フォーカス27のさらなる探究。地球生命系を超えて。

フォーカス27のさらなる探究。

エクスプロレーション27の開発は、1994年から始まりました。
デビューしたのは1995年6月。ロバート・モンローが亡くなった数か月後のことでした。
エクスプロレーション27では、6日間にわたってフォーカス27を集中的に探索し、
フォーカス27のさまざまな機能について学びます。

地球生命系を超えた探索を可能にします。

エクスプロレーション27では、フォーカス27の探索に加えて、ロバート・モンローが「大集合(ギャザリング)」と呼んだフォーカス34/35のエネルギーを体験します。
その前に、参加者には「地球コア」を訪れて、人類意識との結びつきを強くするという、重要な役割が与えられます。
参加者にとっては、未知の場所を切り開く、探索と調査の一週間になるでしょう。

ロバート・モンローは、ライフライン・プログラム最終日の夜の参加者たちとの集いを楽しみにしていました。
参加者たちがフォーカス27での体験を語るのを聞いて、大いに楽しんでいたのです。
彼自身の旅は、ほとんどが公園(パーク)や受け入れセンターへのものでした。
しかし、明らかに、これらの場所は、彼が以前考えていたよりもずっと広大で、未だ探索されていない場所も数多く残されているのでした。

エクスプロレーション27においては、フォーカス27の教育センター、癒しと再生センター、計画センターを訪ねます。
そして、参加者たちは、自らの探検で情報を得て、「より大きな世界観」に対する洞察を受け取るのです。
目玉となるセッションは、「地球コア」を訪ねる旅です。
この聖なる旅は、「母なる大地」が与えてくれる多くの貴重な贈り物に対する洞察と、感謝の気持ちで満たされるものになるでしょう。

プログラムの終盤で参加者は、未だ地図に載っていない領域へと踏み込んで行きます。
フォーカス34/35の探索は、新たな知覚や感覚、さらには、ユニティ(合一)やワンネスについての洞察を呼び起こすものになるでしょう。 そして、あちら(There)で得た体験を持ち帰り、こちら(Here)の体験としっかりと結び付け統合することで、エクスプロレーション27の多面的なアドベンチャーは終わります。

このプログラムでは、次のような探索の機会があります:

  • フォーカス27のさまざまなセンター・機能を探索し、実際に体験する
  • 非物質の知的生命体とのつながりを強くする
  • 地球での生命体験を癒し、再生する
  • 地球コアで、地球意識との結びつきを強くする
  • フォーカス34/35でアイ・ゼア(I-There)の意識を探る
  • 地球生命系(the Earth Life System=ELS)の限界を超える
  • 「大集合(ギャザリング)」のエネルギーを体験する
エクスプロレーション27 1
エクスプロレーション27 2
エクスプロレーション27 3

自分は誰で、何が可能なのか ── それを発見してください。

エクスプロレーション27は、より深いレベルで、自分は何者なのか、
そして自分には何が可能なのかを探求する機会を提供しています。

モンロー研究所でX27に参加した人の体験談

エクスプロレーション27は、私の視点をより高いレベルへと引き上げてくれました。これまで以上にすべてが把握され、私は現在の人格以上の存在、すなわち“大集合”の一部、“大いなる全て”の一部であることを気づかせてくれました。私たちの計画は常に調整されていて、究極的に計画がどのように現れるのかは、私たちの意図によって決まるのだということが、はっきりと分かりました。

受講資格
ガイドラインズ もしくは ライフライン修了
こんな人にオススメ
フォーカス27のさまざまな領域を訪ね、実際に体験してみたい/私は何を計画して生まれてきたのか、知りたい/地球との一体感を体験し、強めたい/トータルセルフ(I/There)を体験したい/ギャザリングの状況を見てみたい
参加者の声
  • 癒しと再生の場でのヒーリング体験、そして計画センターで自分の人生の目的がわかったことは、貴重な体験でした。(Yさん)
  • フォーカス34/35でI/Thereにコンタクトしました。何千人もの仲間たちと再会し、歓迎されました。(Nさん)
  • I/Thereのメンバーから、私たちは一つ、私たちの本質は愛だというメッセージをもらいました。(Oさん)
お願い

エクスカージョン・ワークショップWave V(F15)コースWave VI(F21コース)フォーカス27基礎コースフォーカス27上級コーストータルセルフ体験コース の受講・再受講をお勧めしています。
家庭学習シリーズの「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を使った練習をお勧めしています。
また、「ゴーイング・ホーム」を聴いてフォーカス27の状態に慣れておくとよいでしょう。

ゲートウェイ・エクスペリエンス
ヘミシンク完全ガイドブック
ゴーイング・ホーム

スケジュール

お申し込み前に「お申し込み要項」を必ずお読みください。
40日前の段階で、参加者が10人に満たないときは、開催を中止することがあります。お早目にお申し込みくださいますよう、お願いいたします。

セミナー名
状況
日程
開催地
主催者/トレーナー
申込
2018年

プログラム概要

セミナー名
エクスプロレーション27
期間
5泊6日
開催地
千葉県 九十九里(一宮シーサイドオーツカ)
セミナー料金
300,000円 (再受講: 250,000円)

料金には、受講料のほか、宿泊費・食費が含まれています。(交通費および初日と最終日の昼食は含まれていません)

内金
100,000円
支払期限
内金:申込日から7日以内
残金:約2ヶ月前(詳細は別途連絡)
募集人数
24名

(定員に達した段階で締め切らせていただきます。キャンセル待ちあり。再受講枠を含む)

再受講枠
約5名
申込方法
申込 再受講 ボタンを押して手続きしてください。
所定の方法にて内金をお支払いください。
内金入金確認後、「セミナー案内」をお送りします。
モンロー研に提出する必要書類に記入後ご返送いただき、受付完了となります。
トレーナー
坂本政道(モンロー研究所公式認定レジデンシャル・ファシリテーター)
アクアヴィジョン所属のモンロー研公認アウトリーチ・ファシリテーターがサポートします。

一宮シーサイドオーツカ

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮10000番地
TEL:0475-42-6411(代) FAX:0475-42-6530
https://www.seaside-otsuka.com

プログラム日程
1日目

12:15

送迎バス、JR上総一ノ宮駅発

12:30

ホテル着、ミーティング・ルームへ

13:00

プログラム開始

15:00

入室

15:30

プログラム再開

2日目~5日目

終日プログラム参加

6日目

11:30

プログラム終了

12:00

送迎バス発

12:15

JR上総一ノ宮駅着

一宮シーサイドオーツカ1
一宮シーサイドオーツカ2
各自持参するもの
筆記用具、体を締め付けないカジュアルな服装。必要な方は、アイマスク、パジャマ等。サンダル(あると便利です)。ヘッドフォンは用意してあります。客室、ミーティング・ルーム、ロビーでのインターネット利用可能(Wi-Fi無料)。
代金に含まれるもの
プログラム受講料、送迎バス代、食事(朝昼夜)、宿泊代。
1日目と最終日の昼食は代金に含まれていません。1日目の昼食はプログラム開始時までにお済ませください。
その他
洋室ツインルーム(28㎡)の、男女別相部屋となります(1部屋に2名)。
インドアのプールがあります。有料(1,000円)で滞在中何回でもお昼休みに利用できます。利用される方は水着等をお持ちください。
客室、ミーティング・ルームは禁煙になっています。喫煙は所定の喫煙場所にてお願いします。
一宮シーサイドオーツカ3
一宮シーサイドオーツカ4
キャンセル料金
開催日の51日前まで
50,000円(再受講:25,000円)
50日前~31日前まで
100,000円(再受講:50,000円)
30日前以降
全額
アクセス

JRをご利用の場合 最寄駅:JR上総一ノ宮駅

  • 往路
    東京駅(京葉線ホーム)から、特急電車(わかしお)で約1時間
    送迎バス:発車時刻 12:15
    集合場所:JR上総一ノ宮駅改札口
    ※送迎バスに乗り遅れた場合には、タクシーをご利用ください(約7分)。
  • 復路
    送迎バス:ホテル 発車時刻 12:00 ⇒ 上総一ノ宮駅 到着時刻 12:15
  • JRをご利用の場合

    ※詳しくはホテルの交通案内をご参照ください。

お車をご利用の場合

  • 東京方面から:「千葉東金道路」を経由し「東金九十九里有料道路」~「九十九里有料道路」を使うルート
  • 神奈川・川崎方面から:「東京湾アクアライン」を経由し「圏央道」を通るルート
  • ※カーナビによっては東金道路の途中から外房有料道路を経由して案内される場合がありますが、そちらは国道128号線を走るルートとなります。

    お車をご利用の場合

    ※詳しくはホテルの交通案内をご参照ください。

TOP