AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

ライフライン

ライフライン Lifeline (LL) アフターライフ(Afterlife)の探索。「こちら」と「あちら」への奉仕。救出活動。

アフターライフ(Afterlife)世界の探索を可能にします。

ライフラインは、フォーカス27を含むアフターライフ(Afterlife)世界の探索を可能にするものです。
この6日間のプログラムは1991年にデビューして以来、大変な人気を博してきました。
参加者の体験などが多くの著書で紹介されたことで国際的にも有名になり、
いまではモンロー研究所の中心的なプログラムになっています。

「救出活動」は人助けであると同時に、自分自身の再統合のプロセスです。

ライフラインで重視されているのは、2つの「サービス(奉仕)」です。
1つは「こちら(Here)」側に生きている人々に対する奉仕であり、2つめは、こちらから「あちら(There)」に移行したにもかかわらず、助けを求めているかもしれない人々に対する奉仕――すなわち「救出活動」です。

「あちら(There)」に対する奉仕は、フォーカス23から27を体験し、そこでの「救出活動」を通して行われます。
フォーカス23は、肉体を失ってこちら側からあちら側に移行した存在が、何らかの理由で「スタック(逃れられなくなる)」されている領域であると考えられています。ライフライン参加者は、ガイドやヘルパーの助けを得ながら、そのような存在にコンタクトし、彼らがフォーカス27に移るのを助けます。これが救出活動です。
ロバート・モンローは「究極の旅」の中で、フォーカス27を「公園(パーク)」あるいは「レセプション・センター(受け入れの場)」と呼んでいます。フォーカス27に到着すると、彼らは最愛の人たちやガイドたちに出迎えられます。受け入れセンターで彼らは、それぞれ次に進むべきステージへと導かれるのです。

プログラムの中で、参加者には、フォーカス24・25・26の「信念体系領域」を探索し、生きていく中で身に着けてきた信念や価値観について、さまざまな角度から調べる機会が与えられます。「あなたを最も制限している信念は何でしょうか?」「あなたの今の信念は、あなたが自由自在に探索するのを、どのように助けてくれているのでしょうか?」・・・。

しかしながら、この6日間で最も大きな衝撃を受けるのは、おそらく、「救出活動」を通して得られる、あなたにとっての「啓示」ではないでしょうか。人を助けることで得られる満足感は大きなものです。
しかし、多くの参加者が気づくのは、人を助けるのと同時に、実は自分自身の失くしていた “部分” あるいは “断片” を救出していたのだということなのです。そして、このような活動と啓示を通して、私たちは、これまで以上に全体性、完全性、バランスのとれた状態へと高められていくのです。

ライフライン参加者は、次のフォーカス・レベルについて精通するようになります:

  • フォーカス23:囚われ領域
    肉体を失ったにもかかわらず、こちら(Here)に意識がフォーカスされている(囚われ、留まっている)状態。
  • フォーカス24~26:信念体系領域
    アフターライフ(Afterlife)において、共通の強い信念を持つ人たちの意識が集まって一つの世界を形作り、集団で囚われている。
    さまざまな信念や価値観に基づいた無数の世界があると言われています。
  • フォーカス27:中継点
    人はここに来て初めて次の生へ転生できます。
    概念的に表現すれば、受け入れ、癒し・再生、教育、計画など、さまざまな機能をもつ場所(センター)に分かれています。
ライフライン 1
ライフライン 2
ライフライン 3

このプログラムでは、次のような探索の機会があります:

  • 向こうに旅立った人にコンタクトする
  • 上に移行できない“魂”を「救出」する
  • アフターライフのレセプション(受け入れ)センターである「ザ・パーク」を訪問する
  • 新しいガイドやヘルパーたちとのつながりの強化
  • 向こうに移行した友人や親戚との再会
  • こちらで生きている人々にヒーリングのエネルギーを送る
  • 私たち自身の失われた部分や断片を取り出す

モンロー研究所プログラム修了者への調査結果

アメリカのある独立系の調査機関が行った最近の研究によれば、複数のグラデュエート・プログラム(ゲートウェイ・ヴォエッジ以降のプログラム)を受講した人は、平均的な人に比べて、自己重要感、生活満足感などが高く、「自己変容」と呼ばれる自我の進化状態に達していることが分かっています。グラデュエート・プログラム参加者は、常に前向きであり、流されることなく、意識的かつ意図的に、自らの限界を超えて成長しようとしています。
この研究では、グラデュエート・プログラムの受講経験者は、自己認識が深まり、内面探求やパーソナル・ヒーリング、ハイヤーセルフに対する信頼が高まったと報告されています。ゲートウェイ・ヴォエッジの受講を修了した人たちの多くが、再びモンロー研究所に戻って来るのは、このためです。ゲートウェイ・ヴォエッジの体験を通じて、好奇心が高まり、さらなる自己発見を遂げたいと思うようになります。そして、人生に意味と喜びを見出すために、さらなる探求や自己変容を求めるようになるのです。

受講資格
ゲートウェイ・ヴォエッジ修了
こんな人にオススメ
亡くなった人に会いたい、必要なら救出したい/死後の世界を探索してみたい/死に対する恐怖を克服したい/亡くなった後どうなるのか知りたい/自分自身を癒したい/ヒーリングを学びたい
参加者の声
  • 私たちは死後も生き続けるということが、体験的に理解できました。(Kさん)
  • 亡くなった両親と祖父母に会えました。安心しました。(Nさん)
  • 亡くなった子供に会えました。なぜ若くして亡くならなければならなかったのか、理由がわかりました。(Sさん)
  • 自分の過去世を救出しました。これからの人生が大きく変わりそうです。(Aさん)
  • 自分を制限している信念体系を理解しました。克服できそうです。(Tさん)
お願い

エクスカージョン・ワークショップWave V(F15)コースWave VI(F21コース)フォーカス27基礎コースフォーカス27上級コース の受講・再受講をお勧めしています。
家庭学習シリーズの「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を使った練習をお勧めしています。
また、「ゴーイング・ホーム」を聴いてフォーカス27の状態に慣れておくとよいでしょう。

ゲートウェイ・エクスペリエンス
ヘミシンク完全ガイドブック
ゴーイング・ホーム

スケジュール

お申し込み前に「お申し込み要項」を必ずお読みください。
40日前の段階で、参加者が10人に満たないときは、開催を中止することがあります。お早目にお申し込みくださいますよう、お願いいたします。

セミナー名
状況
日程
開催地
主催者/トレーナー
申込
2018年

プログラム概要

セミナー名
ライフライン
期間
5泊6日
開催地
千葉県 九十九里(一宮シーサイドオーツカ)
セミナー料金
300,000円 (再受講: 250,000円)

料金には、受講料のほか、宿泊費・食費が含まれています。(交通費および初日と最終日の昼食は含まれていません)

内金
100,000円
支払期限
内金:申込日から7日以内
残金:約2ヶ月前(詳細は別途連絡)
募集人数
24名

(定員に達した段階で締め切らせていただきます。キャンセル待ちあり。再受講枠を含む)

再受講枠
約5名
申込方法
申込 再受講 ボタンを押して手続きしてください。
所定の方法にて内金をお支払いください。
内金入金確認後、「セミナー案内」をお送りします。
モンロー研に提出する必要書類に記入後ご返送いただき、受付完了となります。
トレーナー
坂本政道(モンロー研究所公式認定レジデンシャル・ファシリテーター)
アクアヴィジョン所属のモンロー研公認アウトリーチ・ファシリテーターがサポートします。

一宮シーサイドオーツカ

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮10000番地
TEL:0475-42-6411(代) FAX:0475-42-6530
https://www.seaside-otsuka.com

プログラム日程
1日目

12:15

送迎バス、JR上総一ノ宮駅発

12:30

ホテル着、ミーティング・ルームへ

13:00

プログラム開始

15:00

入室

15:30

プログラム再開

2日目~5日目

終日プログラム参加

6日目

11:30

プログラム終了

12:00

送迎バス発

12:15

JR上総一ノ宮駅着

一宮シーサイドオーツカ1
一宮シーサイドオーツカ2
各自持参するもの
筆記用具、体を締め付けないカジュアルな服装。必要な方は、アイマスク、パジャマ等。サンダル(あると便利です)。ヘッドフォンは用意してあります。客室、ミーティング・ルーム、ロビーでのインターネット利用可能(Wi-Fi無料)。
代金に含まれるもの
プログラム受講料、送迎バス代、食事(朝昼夜)、宿泊代。
1日目と最終日の昼食は代金に含まれていません。1日目の昼食はプログラム開始時までにお済ませください。
その他
洋室ツインルーム(28㎡)の、男女別相部屋となります(1部屋に2名)。
インドアのプールがあります。有料(1,000円)で滞在中何回でもお昼休みに利用できます。利用される方は水着等をお持ちください。
客室、ミーティング・ルームは禁煙になっています。喫煙は所定の喫煙場所にてお願いします。
一宮シーサイドオーツカ3
一宮シーサイドオーツカ4
キャンセル料金
開催日の51日前まで
50,000円(再受講:25,000円)
50日前~31日前まで
100,000円(再受講:50,000円)
30日前以降
全額
アクセス

JRをご利用の場合 最寄駅:JR上総一ノ宮駅

  • 往路
    東京駅(京葉線ホーム)から、特急電車(わかしお)で約1時間
    送迎バス:発車時刻 12:15
    集合場所:JR上総一ノ宮駅改札口
    ※送迎バスに乗り遅れた場合には、タクシーをご利用ください(約7分)。
  • 復路
    送迎バス:ホテル 発車時刻 12:00 ⇒ 上総一ノ宮駅 到着時刻 12:15
  • JRをご利用の場合

    ※詳しくはホテルの交通案内をご参照ください。

お車をご利用の場合

  • 東京方面から:「千葉東金道路」を経由し「東金九十九里有料道路」~「九十九里有料道路」を使うルート
  • 神奈川・川崎方面から:「東京湾アクアライン」を経由し「圏央道」を通るルート
  • ※カーナビによっては東金道路の途中から外房有料道路を経由して案内される場合がありますが、そちらは国道128号線を走るルートとなります。

    お車をご利用の場合

    ※詳しくはホテルの交通案内をご参照ください。

TOP