AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

伝説のセミナー“ガイドとの邂逅セミナー”体験記

2012年6月20日 15:33

ニックネーム:

カテゴリ:ガイドとの邂逅セミナー

ニックネーム : ユー
 6月16日~19日に小淵沢で開催された“ガイドとの邂逅セミナー”(ミツさん曰く“伝説のセミナー”)に参加しました。小淵沢のすばらしい自然の中、4日間(実質2日半)で2〜3ヶのワーク、15のセッションが行われ、リラックスした雰囲気の中、自分自身を見直すよい機会になりました。

 今回参加にあたり、目的を2つに絞り参加しました。1つは、これまでも3人のガイドと交信はできていましたが、繋がりをより強固にしたいということを目的としました。もともと今回のセミナーはガイドとの邂逅を主目的にしていることもあって、毎日あの手この手を使ってガイドとの接触を図っていきます。すると、まるでガイドと寝食を共にしているような感覚になり、3人のガイドは姿・形・声までもはっきりと認識でき、さらに新たなガイドも1人加わりました。ガイドとの一体感を感じることができました。

 また2つ目の目的は、最近職場にネガティブな波が押し寄せてきており、その対応に苦慮していたので、解決のヒントを得たいというものでした。坂本さんの新刊『ベールを脱いだ日本古代史』には、古代日本においてネガティブで好戦的なアマテラス族が攻めてきて、友好的な出雲族が支配されたり、ポジティブな縄文人の神々が排除・封印されたことが書かれていますが、ネガティブな攻撃に対してポジティブに応じるためには何をすればよいのかが疑問でした(支配されるのも、排除・封印されるのも嫌だが、まともに戦ってネガティブに陥るのも嫌)。これに対するヒントを得たいというのが、今回参加した大きな目的でしたが、その答えは4日間色んな形で受け取ることができました。ガイドとの会話でも大きなヒントをもらいましたし、トレーナーや参加者との会話、シェアの際の参加者の発言など色んな形で答えをもらいました。例えば、
・“ポジティブな縄文人の神々が排除・封印されたのは恐れを持ったからだ。過去世を体験すると自分もこれまでにひどいことをたくさんしてきていることがわかる。だからそれを思い出して、ネガティブな行為を笑いとばし、恐れをもたないよう心掛けることが必要だ。この点に関しては、現代の我々はポジティブな縄文人の神々より進んでおり、有利な立場にある。”
・“おそれが生じたら、リリース&リチャージやレトリーバルで早めに開放する”
・“F15願望実現で自分の願望を宇宙に宣言する”
・“自分の振動数を上げてネガティブな人たちとは別のポジティブな地球に行ってしまう”
・また、今回のグループはとても仲がよくてポジティブなグループでしたが、『○○○○○』(シングルタイトルのヘミシンクCD―売れなくなるとまずいので、タイトル名は控えさせていただきます)を聞いた後のシェアの際だけは、皆んな人が変わったようにこのCDを非難し、大いに盛り上がりました(一例をあげると、「このCDは長すぎてだめだよー!」、「こんなCDは500円の価値しかない!」などなど言いたい放題でした。現場の臨場感を伝えられなくて残念です。またトレーナーからも『○○○○○』のパロディーCDとして『●●●●●』というのを考えたなど、散々でしたーーこの時は、『○○○○○』には心から同情しました)。アクアビジョンのシェアでこれほどまでに盛り上がったのは初めて体験しましたが、この時は、言いたいことははっきり言った方がよいということを学びました。
以上のメッセージからネガティブな攻撃に対しては、恐れず、屈せず、明るい未来を設定してポジティブな対応を心掛けるようにしよう、と心に誓いました。そして、坂本さんの新刊『ベールを脱いだ日本古代史』の内容にちなんで、この生き方を勝手にアクアビジョン族としての生き方と位置づけました(勝手に名前を使い、申し訳ありません)。この生き方のハードルは低くはないと思いますが、頑張ってみようと思います。

 またこの他にも、セッション14『無限の自我』ではナルポイント(だろうと坂本さんはおっしゃっていました)を体験したり、セッション15『啓示の瞬間』ではEXCOMに会え、表現しがたい感動につつまれたり(シェアでは恥ずかしくて言いませんでしたが、自然と涙ぐんでいました)と書ききれないくらいの体験がありました。

 伝説のセミナーは、まさに“伝説のセミナー”でした。年に1回しか開催されませんが、他の参加者も同様に感じていたらしく、来年また参加しようという声が多くの参加者から聞かれました。坂本さんの新刊『ベールを脱いだ日本古代史』では、竜宮城伝説の謎に迫っていますが、自分にとっては小淵沢が竜宮城であるように感じています。今回体験を指導してくださった坂本さん、ミツさん(今回も予想以上のダジャレでした)、タツゾウさん(今回初めてお会いしましたが、タツゾウ・ワールドを満喫しました。TH君最高でした)、また体験を共有してくださった参加者の皆さん(特に同室だったTさん)、ありがとうございました。また是非、お会いしたいと思います。

コメント(4)
ユーさん

いつも楽しいシェアをありがとうございます。
この投稿を読んで、よくわかりました。
ユーさんは「今回参加した目的は…」と、いつも明確な意図をもってセミナー参加されています。
それが、素晴らしい体験につながっているんですね。
なるほど!

ひで

2012年6月20日 18:26

お帰りなさ~い。^^/
と言っても、私は家族ではありませんが、
でも、北陸ヘミシンク・ファミリーとは言えるかもしれませんね。^^b
そしてさすがユーさんです。しっかり目的を果たして来れたんですね。
もちろん心配はしていませんでしたが、セミナー全体を十分に楽しめたご様子で本当に何よりです。
是非今あるC1での難問にガイドやエクスコムとスクラム組んで取り組んで下さい。
これがヘミシンクの一つの醍醐味かもしれませんね。^^V

2012年6月20日 19:29

ユーさん
素晴らしい体験シェアありがとうございます。
ユーさんのガイドが他の方の体験の中にも登場してきたり、
またその体験自体が他の参加者の方を十二分に楽しませてくれました。
本当に感謝しております。
今回のセミナーでは、「笑い」を裏テーマ(?)に掲げて臨みましたが、
喜んでいただけて光栄です。
これからもポジティブなセミナーをご提供できるよう更に精進して行きますので
今後ともよろしくお願いいたします。
ミツ



2012年6月20日 21:12

ユーザーアイコン

Frederic

生まれつき霊的能力を持っている方よりも、ユーさんのように努力によって映像を見ることができるようになられた方の体験・アドバイスは大変参考になります。同室でいろいろと教えていただき、こちらこそありがとうございました。あっという間の4日間でした。
Frederic

2012年6月23日 11:40

TOP