AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

トータルなセルフコースはいかが?

2010年2月23日 15:55

ニックネーム:

カテゴリ:トータルセルフ体験コース

ニックネーム : mitsu
mitsuです。

2月の20日と21日に行なわれました「トータルセルフ体験2日間コース」の報告をしたいと思います。
トータルセルフコースは、現在アクアヴィジョンが行なっている日帰りのセミナーでは最上位のコースで、参加資格はF15及びF27経験者のみとなっています。
そのため、このコースに参加される方は相当な熟練者ばかりだと思われがちですが、実は全然そんなこともなく、純粋にトータルセルフ(I/There)に触れてみたいと思われる方も多く参加されています。

さて、今回のトレーナーはmieさんとmitsu。参加者は7名様でした。
この7名というのがすごく微妙な人数でして、全員のシェアを聞きながらセミナーを進行できるという点ではベストな数だったのではないかと思います。
7名の内、6名はmitsuの主催セミナーの参加者かアクアヴィジョンセミナーで担当だった時に参加していただいた方でしたので、今回は「卒業」(トータルセルフコースの目的である地球生命系の卒業+アクアヴィジョンセミナーの卒業)という意味でも私にとっては感慨深いものになりました。
また、今回参加された方から2名の方がモンロー研へ行かれることになりまして、それもとても嬉しいことでした。

それでは、さっそくセミナーの報告をしましょう!
セミナーは、mieさんの爽やかな切り口にmitsuが余計なボケをかまして行くといういつものパターンで進行します。
あっ、そうそう!
トータルセルフへアクセスことは、内面への探求でもあります。
じゃあ、内面っていったい何ですか?って参加者に聞かれたら・・・
そんなの無いめ~ん・・と答えるつもりでしたが、このギャグは使われずに終わってしまいました(笑)

今回は、あまりにも多くの体験のシェアがありましたので、細かいところは省略しまして簡単に紹介したいと思います。

①<目的を持ってF27フリーフロー>
このセッションの最中に、地震の様な揺れを感じた方や雷の様な大きな音を聞かれた方がいました。
まさにトータルセルフコースの始まりのファンファーレが鳴り響いたって感じでした。

②<アクアパレスかスペシャルプレースか>
円形のプールの様なものと水晶をほとんどの方が目撃されました。
また、はっきり見えなかった方もエネルギー体として感じられたようなので、このセッションは成功でした。
また、アクアパレスが、かつて自分で創ったスペシャルプレースと似ていたという方が数人いらっしゃいました。

③<F27卒業施設で癒された>
ここではヒーリングを受けられた方が多かったです。
内臓を交換されて光の照射を受けたという方もいましたし、子宮の中に入ってた様な感じがしたという方もいました。
また、「私を受け入れてくれてありがとう」という感謝の気持ちが自然に湧いてきたというシェアもありました。

④<自分の側面をレトリーバル>
・小人が手をつないで円を作っていた(ガイド?)
→F23でフラフープと八枚の花弁を目撃。翌日、それがコスモス(宇宙)だとわかる。
・16世紀のポーランドの独房で死亡した英国人だった。
・1893年のチベットの僧→仏様と一緒にF27へ。
・3ツ目の化け物がドアを開けたら出てきたがすぐに消えた。
・昭和50年頃の人、大木戸のある家に住んでいる。
→ロープウェイでF27へ。テレビとリモコンが迎えに来た。

⑤<アクアパレスからI/Thereへ>
ワクワクドキドキしながらの最初の「ソー、ハー」でしたが、皆さんそれぞれのI/There(トータルセルフ)へ行けたみたいです。

この日は、終日たくさんのグループエネルギーを感じられたようで、ちょっとお疲れ気味の皆さんは早々と家路につかれました。

⑥<交信ポイントF15>
サンタフェ風の家、ポスト、バー、糸電話を作ったとうふうに思い思いのガイドとの交信場所を創られたようです。
交信では、「そのままのあなたで良い」とメッセージをもらった方も。

⑦<さまざまな内面への旅>
・バベルの塔の逆さバージョンの建物を下に降りて行った。
・各階層を匂いで感じた。
面白いシェアでは、大阪在住の白髪の木村さん(非物質の存在)が一緒にこのセミナーに参加していると言ってた方がいました。

⑧<ハートの浄化(A)が出てこない!?>
このセッションは、皆様ゆっくりお休みになれたようです。
眠りながらエネルギーの充電をされていたようです。

⑨<音でI/Thereへ>
・リーボールが光り輝いて眩しかった。安心できる空間にたどり着いた。
・明るい白い部屋に誘われ、体が宙を浮いていた。
・本当の自分って何?と聞いたら、「しいたけ」という答えが聞えた。
・I/Thereは自分の全てを受け入れてくれる場所だった。
・いつも仲間が集まって集会をしているような場所で安心できた。
皆さんの感想では、このセッションは、割と簡単にI/Thereへ行きやすいようでした。

⑩<アクアパレスからI/Thereへ再び>
・I/Thereは薬局だった。
・メタリックなしいたけ(宇宙ステーション)で、個々をモニタリングできた。
・たくさんの人の話し声が聞えた(情報交換の場所だった)。
・「ソウ、ハー」でアクアパレスから水晶も一緒に飛んできた。
水晶は参加者の皆さんにそれぞれつながっていた。
・自分の人生の目的を聞いてみた。
→両手が重くなり、「すでに手に持っている」との声が聞えた。

セミナー2日目は、6時ギリギリの終了となりましたが、すべての方が体験をシェアできましたので逆に良かったと思います。
初日から、葛藤がご自分の内面から溢れ出てきた方もいましたし、優しく包まれるエネルギーの中で癒しと励ましをもらった方もいました。
さすがトータルセルフケア(?)コースです。
すべて必然な流れで起きていたのです。

7名のみなさん、多くの感動をありがとうございました。

mitsu

コメント(1)
ユーザーアイコン

blue star

mitsuさん、トータルセルフ体験コースの総括ありがとうございます。
本当の自分がしいたけだった♀です。
今日体験を投稿しようと思ったら、先にmitsuさんがされていてうれしかったです♪

2日目の「音で I/Thereへアクセス」のセッションが、忘れられない体験になりました。

このセッションのテーマは、「本当の自分とは何か?」を聞いてくることでした。このテーマを選んだ理由は、最近、自分の性格だと思っていたものが、自分を守るために身に付けた技に過ぎないと考えるようになり、それを除いた本当の自分がわからなくなっていたからでした。

I/Thereに着くと、白い部屋に白いベッドが置いてありました。
「わーい、私のベッド~♪」とダイブして仰向けになりました。
ハイヤーセルフが数人、ベッドの周りにやってきました。

「本当の私は何ですか?」→しいたけが見える。
(しいたけって・・・・。でも後で何かわかるかも知れないから一応メモ。)

#今ここにいる私#
#いらないものを手放して残ったのが本当の自分#

「いらないものって?」
#人の目、やすらぎ#

人の目が不要だというのは、よく解ります。
いつも人からどう見えているか気にしすぎだなぁと思っていたので。

#視点を変える#
(私は今ベッドから天井を見ている。でも、ヘミシンクでは外から自分を見ているときもあるな。自分の中からの視点を大事にするってことかな。人がどう見るかより私がどう見るかってことだ。)

ここで、枕元にかがんだハイヤーセルフのミックさんが言いました。
「もう、思い出しただろう。ここに自分の居場所があるってこと。」

(あぁ ミックさん、
 私がいつも、どこにも居場所がないって思ってるの知ってて・・・・
 ハイヤーセルフって何ていいこと言うんだ、惚れてまうやろ~(>_<) )

アイマスクの下で涙が流れ、我慢できずにヒックヒックと嗚咽してました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セミナーでは他の参加者がグループエネルギーがすごい等と話していましたが、
私はエネルギーが体感できないので全くわかりませんでした。

そんな私には、ミックさんの言葉が何よりの愛のエネルギーでした。
そしてセミナー終了後も、
言われた言葉を思い出す度に、愛のエネルギーが何度でも再生できるのです。
パブロフの犬のように、頭の中がアガペーでいっぱいになりますw

ハイヤーセルフはなんて素敵な贈り物をしてくれたんでしょう。
無条件の愛の強さを実感しています。
パブロフ効果、ずーっと、続くといいな。


○追記○

しいたけについて、シェアしたところトレーナーから
「 I/Thereがしいたけに見える人はけっこういるから、本当の自分はI/Thereという意味では」と聞きました。うん、なるほど。
また、「第1チャクラはCの音だから、しいたけの“しい”とC1をかけて、C1の自分を大事にというメッセージでは」というのは、もう1人のだじゃれ系トレーナーの談でした(笑)

そして、最後のセッションでI/Thereに行ったとき、
予感はしましたが、メタリックなしいたけ型の宇宙ステーションが見えました。


今回ご一緒したみなさん、素敵な体験をありがとうございました<(_ _)>

2010年2月23日 21:32

TOP