AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

I/Thereとの遭遇

2019年8月 8日 23:22

ニックネーム:

カテゴリ:エクスプロレーション27

ニックネーム : エリ
F34/35の領域では、I/There(あちら側の自分)にも会えるそうです。是非とも会いたいとガイドさんにお願いして、F34/35へ。

何故か、このセミナーを開催中のホテルのロビーの風景。よく見ると、フロントの人はみんなETです。フロントの人に、名前と住所を伝えると、自分のI/Thereを召喚してくれるそう。便利です。私も早速お願いしました。

すると、このプールサイドに、噂に聞いていた、すり鉢状のスタジアムが降りてきています。ところが、どこを探しても入り口がありません。そこでセッションが終了してしまいました。セッション終了後、トレーナーのソノさんに、どうやったら建物の中に入れるか相談したところ、いろいろな方法(テレポーテーション、壁をぶち壊す、天井がない場合はすごく高くジャンプして上から入る、などなど)を教えてもらったあと、でも、入れないと決めつけているのはあなた自身かもよ、って言われ、はっとしました。今度はきっと入れる、ことに決めました。

次のセッションでは、F27のスペシャルプレイスでガイドさんにお願いしておきました。そして、前回同様にフロントでお願いしたのち、プールサイドに行くと、スタジアムの壁に今度はちゃんと扉(フタ?)ができていました。ソノさん、ガイドさん、ありがとう!

中に入ると、見事な円形のスタジアム。すごく高さがあって、ざっと見たところ1万人ほど収容できそう。その席が埋まっています。空席、よくよく探して数席ほどでした。

その中央のステージに誘導されます。ステージの中心に金色の椅子が置いてあり、そこに座れと言われます。そして、彼女こそ、我々の最後の1人だ、というような感じの紹介をされました。その後スタジアムはグルグル回転しながら上昇していき、着いたところは、先程もやってきた、眼下に青い地球の見える、宇宙空間でした。

照明を四方八方から当てられている感じで、こちらから客席の方はよく見えません。それでも目を凝らしてよく見てみると、地球人ぽい人はあまりいなくて(1割程度)、ほとんどが様々な容姿のETのみなさん。最前列には私のガイド集団が保護者のように座っています。これら全てが、私、のようです。そして、ほんの少しの空席、それは、これから私がレトリーバルして集めるように、と言われました。

そろそろその場を離れるように、という指示が出て、またスタジアムがくるくる回りながら、降りて行きます。次第に1人ずつメンバーが消えて行きました。みんなそれぞれの居場所が別にあり、集会のときに集まることになっているそうです。

I/Thereに会えること、すごく楽しみにしていました。ところが、ほとんど感動が無いのです。体験はすごくクリアで、冷静に一部始終を見ていました。その件をシェアタイムに、質問したところ、F34/35はC1(この現実世界)からあまりにも離れ過ぎていて、私たちの感情体は着いて行けないとのこと。私の、本物には感動が伴うものだという、誤った固定観念にも気づかされました。

セミナーが終わり、帰宅後のことです。
私は、自分がI/Thereの最後の1人、つまり、今回の人生で地球卒業だという件に関して、ちょっと疑いの気持ちがありました。上記とはまた別のセッションで、F27の知的生命体からも、同じことを言われていたのですが、私の感覚としては、まだまだこの地球での経験が足りないのではないかと。

セミナー後、家族で沖縄に旅行したときのことです。空港で預けたスーツケースがベルトコンベヤーに乗って出てくるのを待っていました。なかなか出てきません。結局、その便に乗っていた、実に多くの荷物の中で、一番最後にポツンと私のスーツケースが出てきたのです。
あなたは最後の1人なんだよ、信じなさい、というメッセージだと感じました。

また、家で朝ごはんにヨーグルトを食べていたときのことです。ふいに高いところから、メッセージが降りてきました。すごく大勢から、という感覚。I/Thereからの言葉だと分かりました。つながるのは初めてです。
我々は、あなたのことを心から愛していて、見ていて本当に楽しい、とても誇りに思う、といった内容でした。そのエネルギーのあたたかさ、尊さは、愛そのものでした。私はヨーグルトを食べながら、涙が止まりませんでした(ヨーグルトは完食!)。

モンロー研のプログラム、帰宅してからも、しばらくの間、気付きが続きます。本当に素晴らしいです。

コメント(0)
TOP