AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

アクアヴィジョン・タイムズAquavision Times

アクアヴィジョン・タイムズ

第14号 2008年5月28日

2008年5月28日 11:45

カテゴリ:Times バックナンバー 2008

 みなさん、こんにちは!
 いつも、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク(R)セミナーやCDをご利用いただき、ありがとうございます。
 メールマガジン『Aquavision Times』第14号です。第4回「ライフライン@熱海」のご報告を中心にお届けします。今回は、トレーナーのMieさんとmomoさんによるレポートです。
                   『Aquavision Times』編集部

◆━━[記事内容]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1. 第4回「ライフライン@熱海」のご報告
 2. 新刊「楽園実現か天変地異か-2012年に何が起こるか」
 3. セミナー・スケジュール

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

1. 第4回「ライフライン@熱海」のご報告

 皆さん、こんにちは。Mieこと高柳美伸(たかやなぎみのぶ)です。(~o~)
 今回のレポートは、私がお届けしますね。よろしくお願いいたします。

200805ll02050 5月17日から22日まで、モンロー研究所の公式プログラムである第4回「ライフライン」が、あたみ百万石で行われました。
 今回の参加者は、女性14名男性11名とバランスのよい構成でした。ゲートウェイ・ヴォエッジ修了生の中でも7~9期生の方が多く、先月の10期生も2名いらっしゃいました。みなさん、強いエネルギーをお持ちの方ばかりでした。セッション後のシェアの時間などは全体的に静かな印象でしたが、個々には皆さん活発な活動をされていましたね。

 今回のプログラムのために来日したトレーナーはカレンです。先月のゲートウェイ・ヴォエッジでもトレーナーを務めました。彼女はモンロー研究所の開設当初から関わっているベテランで、現在はプログラムの開発も手掛けているそうです。また、セラピストとしても30年近いキャリアを持っていて、とっても優しいエネルギーの方でした。今回もたくさんのカレンファンが生まれたようですよ(笑)。
 カレンのほかに、もちろんMas(坂本)Mitzie(植田)。今回のヘルパーはmomo(小島)さんと私でした。

200805ll02056

 カレンは初来日だったので、いろんなことに驚いていました。特に日本食にはびっくりしたようです。全体には満足されていらっしゃったようですが、黒いものや茶色のものを食べるときは、恐る恐る(?)でした。何とか味わってもらいたいと思って勧めていたのですが、一方では「どんな反応をするのかな?」と(意地悪にも)楽しんでしまいました。中でも羊羹を食べたときは、「Acquired taste」と表現されていました。「慣れるのに時間がかかる味」というニュアンスだそうです。う~ん微妙~。参加者から新茶をいただいて飲んだ時の感激はひとしおだったようです。
 私たちは、普段身近にあるものに対して鈍感になりがちですが、カレンの新鮮な反応を見ると、逆に日本の素晴らしさを再確認させられます。

200805ll02062 200805ll02058

 さて、プログラム初日と2日目の午前中は、リセットプログラムを行います。フォーカス10、12、15、21。そしてエナジー・バー・ツール(EBT)をイルカのDECに変えて自分を癒すこと行います。このエクササイズはロバート・モンローが、イルカが大好きだった妻ナンシーのために開発したものだそうです。偉大なヒーラーの脳波の状態を取り入れて、同じような体験ができるエクササイズです。たしか、イルカの出す周波数に癒しの効果があるという報告もありますよね。

200805ll02065 2日目の後半から3日目は、いよいよ死後世界の領域、フォーカス23~27の探索に入ります。この領域をしっかり、ゆっくりと探索し、どういうところなのかを味わいます。私たちが、この領域のどこかに惹かれる・引きつけられるとしたら、それはその人自身が同じエネルギーを持っている可能性があると考えられます。たとえそれが嫌なところでも、自分の一側面です。そのことを自分たちで確認することのできるエクササイズでした。
 さらに、フリーフロー・フォーカス25のセッションでは、「不要な信念や固定観念を手放して、ポジティブに生きられるようにする」というエクササイズも行いました。参加者の中に「自分の信念を手紙に書いてイルカに託しました。胸に愛のエネルギーが入ってきてしばらく苦しかったのですが、今は温かく、ずっと持っていた信念を手放して自分が変われそうです」という方がいらっしゃいました。

200805ll02064 そして4日目、いよいよライフラインの大きな目的の一つである、救出活動に入ります。この活動は以下の3つの目的を持つ奉仕活動です。
1) 亡くなって向こうに行ってしまった人々への奉仕
2) こちら側で生きている人々への奉仕(癒しが必要な方や亡くなる過程にある方々)
3) 自分自身への奉仕(自分の側面の一部の回収も含む)
 皆さんそれぞれ、今のご自身に必要な、充実した救出活動をしていらっしゃいました。
 ターゲットを決めて救い出すということも行いました。小グループに分かれて、向こうの世界へ行ってしまった人の名前を紙に書き、誰か別の人が、向こうの世界に行って、その人の情報を持ち帰ったり救出したりします。はじめはプレッシャーを感じてスタートしましたが、終わってみると、全員がそれぞれ有効な情報を得ていました。中には、「わかるように証拠をください!」とリクエストすると男性の顔が出てきたらしいのですが、エクササイズ終了後、グループに戻ってシェアしていたら、ご本人と同じ顔立ちだった、という報告もありました。凄い知覚能力ですね。
 人間だけでなく「飼っている猫に導かれて、病院で亡くなった動物をレトリーバルした」という方もいらっしゃいました。素晴らしいですね。

200805ll02070 最後に、予定外のサプライズ・エクササイズがありました。それは「エクスプロレーション27」で行うプログラムで、「地球のコアを探索する」というものです。「地球のありとあらゆる創造物と触れ合うこと。動植物、大地水、火、空気の元素の探索。地球と私たちがとても近く、神聖な関係であることを探索する」――私たちが住んでいるこの地球との関係を深めるのです。皆さん、次のプログラムへの繋がりを感じていただいたようです。「地球の記憶は私たちの中にもあるということが蘇りました。地球と私たちの神聖な関係を感じることができました」。
 参加者の皆さん、たくさんの感動をありがとうございました。心から、感謝申し上げます。カレン、Mas、Mitzie、momoさん、お疲れさまでした。
 次回の第5回ライフラインは、ここ熱海で10月11日~16日に行われます。続いて10月17日~22日は第3回エクスプロレーション27です。まとめて体験したい!という熱心な方には打ってつけですね! 次回も「可憐なカレンさん」が来日されます。もう一度会いたい!と思っていらっしゃる皆さん! ご予約はお早めに(笑)!

▼小島ゆかり(momo)からのメッセージ
「皆さま、素晴らしいグループエネジーでしたね! フォーカス27のエネジーは私も大好きで、ちょこちょこ訪れています。特に最後のセッション「地球コア探索」は私の大のお気に入りです。みなさん、益々未知なる領域の探索を深めてくださいね。またお逢いしましょう♪   Hugs, momo」

■カレン語録(momoノートから抜粋)
「探索のテクニックは...ただ1つ、楽しんでやって下さい!」
200805ll02077 「救出活動は、思考でなくハートで行うこと。自分の振動(波長)と合う人を救出します」
「亡くなった人を救出することは、その死を悲しんでいる、生きている人の救出にもなり、生きている人はエネルギー的に自由になります。コネクトするのは愛。愛は宇宙的振動です。マインド(思考)と肉体を超えてハートで繋がります」
「エネルギー・ボディとは雛形であり、それを基にして肉体が出来上がっています。その本体(エネルギー体)にフィジカル・ボディ(肉体)とエモーショナル・ボディ(感情体)がアジャストされて作られています。マインド(思考)で意図し、設定し、ハートで繋がってください」
「ヘミシンクとは道具です。私たち(トレーナー)が言っていることとは違うことが起きる場合があります。これも一つの信念であるかもしれませんが、モンロー研究所は何かの哲学や考え方を押しつけるものではありません。You can use your own way.(あなたがあなた自身のやり方(道)を使うのです)。ボブ(モンロー)自身が『自分で発見しなさい』と言っています」
「宇宙は深遠で、ありとあらゆる可能性があります。私たちの中の宇宙は広大で、驚きに満ちています。皆さんひとり一人がパイオニアです。『知りたい』と願うことは、生まれながらに持っているものです。それは受け継いで来たものの中に脈々と引き継がれています」

▼坂本(マス)からのメッセージ:
200805ll02091 「今回のライフラインは、死後世界を体験し救出活動をするというプログラムの具体的な目的に沿った体験をした方も多かったと思いますが、それとは一見関係ないような、個人的なことがらが出てきた方たちもいたように見受けられました。カレンが言った次の言葉がこの状態にぴったりだったと思います。『ガイドたちは、あなたにとって最適な形で、ことが起こっていくようにアレンジしてくれているので、自分に起こるプロセスを信じましょう』――自分に起こること(あるいは何も起こらないこと)が、プログラムの流れにまったくそぐわないと、フラストレーションがたまってきます。でも、私たちはこのC1のレベルだけではなく、多くのレベルに"自分"があり、それぞれがさまざまな活動をしています。それをC1のレベルでは把握できていないだけです。今自分に必要なことは必ず起こっているのです――と。けだし名言です。自分にとっても、時として必要な言葉だと感じました。」

▼植田(ミッツィ)からのメッセージ:
200805ll02078 「第4回ライフラインにご参加のみなさま、お疲れ様でした。あっという間の6日間でしたね。今回担当のトレーナーは、モンロー研で31年間トレーナーをされているベテランのカレン・メリックさんでした。モンロー研の歴史をつぶさに見てきた『生き字引』的存在です。仕事の合間にいろいろ裏話を聞くことができました。これが初来日でした。彼女は、普段は一日一食しか食べないそうですが、熱海ではつい食べ過ぎてしまい、アメリカに帰って体重を計るのがこわいと笑ってました。ミッツィもご多分にもれず、です。(^^) 次回来日の10月には、京都に行って舞妓さんの衣装を着てみたいそうです。」
 

2. 新刊「楽園実現か天変地異か
         -2012年に何が起こるか」

Rakuen ■坂本の新刊本が、ついに出版されました。
 すでに書店にも並んでいます。
 ぜひお買い求めください。

 『死後体験』著者からの最新緊急メッセージ。
 2012年に起こる一大変化を語る。
 UFOや宇宙人とのコンタクトが頻発し、
 人類は輪廻を卒業する――。
 地上の楽園が実現するのか? はたまた天変地異が起こるのか?
 地球外知的生命体が告げる、人類の近未来のすべて!

 『楽園実現か天変地異か―2012年に何が起こるか』坂本政道 (著)
 単行本:235頁 価格:1,575円(税込) 発売日:2008/05
 発行:アメーバブックス新社 発売:幻冬舎

▼坂本からのメッセージ:
「出版社から電話がありました。この前の土日で1000冊売れたそうです。すごい勢いです。2012年に向けて起こっていくことについて、さまざまな知的生命体たちから聞いたことをもとに、まとめました。『2012人類大転換』執筆後に聞いた最新情報もふんだんに載せています」
 

3. セミナー・スケジュール

◆2008年のモンロー研関係のプログラム

【モンロー研でのプログラム】
 第10回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 4/12~ ×終了
 第11回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 9/13~ ☆募集締め切り
 第12回 ゲートウェイ・ヴォエッジ 12/6~ ★募集中
 第1回 スターラインズ 6/14~        ★募集中

【日本で受けられるモンロー研のプログラム】
 第4回ライフライン 5/17~         ☆募集締め切り
 第5回ライフライン 10/11~         ★募集中
 第3回エクスプロレーション27 10/17~  ★募集中
 第2回スターラインズ 11/15~        ★募集中
 

◆新コース「ハートヒーリングセミナー@熱海」募集中!

 熱海でヘミシンクとヒーリングをたっぷり楽しむ、3泊4日のプログラム。
ヘミシンクのセッション以外に、さまざまなワークやエクササイズを体験し、楽しみながらヒーリングを学びます。また、「穏やかで集中した状態(Centered Calm)」を体験し、愛情のエネルギーを思い出すことなどを通じて、ハートでのエネルギーの流れを良くします。

 日  程:   2008年7月10日(木)~ 7月13日(日) 3泊4日
 受 講 料:  12万9千円
 募集人数: 28名
 開 催 地:  あたみ百万石
 ※初めての方でも参加できます。
 

上野ヘミシンク・センターのセミナー

 ・基礎コース       入門、メンタルツール、5メッセージ(F10・12)
 ・基礎上級コース    EBT、R&R、問題解決、非物質の友人(F10・12)
 ・フォーカス15探索コース 過去世体験・願望実現・未来探索
 ・フォーカス21探索コース F21の探索・ガイドとの交信
 ・フォーカス27体験コース F27までの体験(2日コース)

 6/1(日)基礎上級、6/7(土)基礎、6/8(日)F21探索
 7/19(土)基礎、7/20(日)F15探索、7/21(月・祝)F21探索、
 7/26(土)基礎、7/27(日)基礎

 ※詳しくは「セミナー情報」をご覧ください。⇒
 

◆号外でもお知らせしましたが、
 再受講者のための割引料金が適用されました。
  1日コース 35,000円20,000円

 ※詳しくは「号外 2008年5月16日」をご参照ください。⇒
 

公認トレーナー主催のセミナーも各地で開催中です。

 【今井泰一郎(Tai)】
   TAIスピリチュアル・トレーニングセンター(TST)@阿蘇
 【小島ゆかり(momo)】
   スタジオ・カーラ(KARA)@大阪
 【大野光弘(mitsu)】
   アンジェラ(angella)@静岡
 【高柳美伸(Mie)】
   なごみ@東京
 【芝根秀和(Hide)】
   境界を越えて◇トランスパーソナル研究室@東京
 【加藤善康(Yoshiyasu)】
   函館フォーカス49@函館
 【藤由達蔵(Tatsuzo)】
   ゴマンタス(gonmatus)
 【笠原園代(Sono)】
   風楽(fuu@~ra)@福井

 ※詳しくは、公認トレーナー紹介ページをご覧ください。
 

◆ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最後までご覧いただきありがとうございました。
 カレン語録には私も痺れました!
 6月は、いよいよ「第一回 スターラインズinバージニア」です。
 次号での報告を楽しみにしてください!
                           編集担当:NH

──[お問合せ]───────────────────────
 TEL:0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
 Email:reg@aqu-aca.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copy right 2007 by Aquavision Academy. All Rights Reserved.
 無断での引用、転載を禁じます。

TOP