AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME Mas日記 記事

Mas日記Diary

Mas日記

続き

2016年2月25日 16:49

先ほど、産業革新機構にアメリカのベンチャーキャピタリストみたいになってほしいと書きましたが、よく考えると、そういうことはまったく期待できないですね。

たぶん、ベンチャーを育成するノウハウを持ってない、と思います。

アメリカのベンチャーキャピタリストは、起業したい人を手取り足取り、導いてくれます。長年の経験があるので、その辺はお手の物です。

まず、ビジネスプランを書かせます。そこで徹底的にプランを練ります。
さらに、必要な人材を集めてくれます。
起業した後も、定期的にミーティングを行い、アドバイスをしてくれます。

もちろん資金を提供してくれます。
それに対して、起業する人はなにも担保に入れる必要はありません(ここが日本と大きな違いです)。
先ほど書きましたが、社長や社員の給与はちゃんと保障されてます。

プラン通りに行かないと、あるところで打ち切りということもありますが、それでも、起業した人はなにも失うものはありません。もちろん、信用は少し傷つきますが。

産業革新機構は、おそらくこういうノウハウとは無縁でしょうね。

でも、そうだとすると、この機構なんのためにあるんでしょうか?






TOP