AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

ガイアのアセンション/すべては愛

2020年8月 2日 09:29

ニックネーム:

カテゴリ:スターラインズ・リユニオン

ニックネーム : ガイアの旅人
第4回スターラインズ・リユニオンに参加しました。リユニオンは3回目です。
エネルギーの良い場所で、少し命の洗濯ができればいいかな、ぐらいに軽く考えていたのですが、行ってビックリ😲
全く想像もしていない素晴らしい体験の連続で、今回の転生の目的の半分ぐらいは達成できたかな、という気持ちです。(高次元存在は「いやいやこれからが本番」と言っていますが(笑)

今回は、坂本さん、達蔵さんのダジャレコンビに、半分アシスタント、半分参加者の文さん(GV同期なので許しちゃう💛)というアクア最強トリオ?でコーディネートして頂きました。
フランシーンが来日できないのは残念ですが、プログラムにも余裕ができて、坂本さんも心なしか気楽な雰囲気。参加者もすべて顔見知りという和気あいあいのなか始まりました。

浮世のシガラミで、私は最終日の前日に4泊5日で切り上げて帰宅しましたが、このなかから興味深い体験と情報を厳選してシェアしたいと思います😁

★セルフレビュー(2日目午後のセッション)

自分のハイヤーセルフなどとコンタクトして、自分の3次元人生とその役割、大きな自分の他の側面とのかかわりなどを振り返り、特定のガイドとのコンタクトなどを通じて、今回のプログラム参加の意義を確認しよう、というセッションです。

このセッションでは、『あなたは自分の自由意志で生きてきたと思っていますが、枠(計画)からはみ出さないように、その都度、修正が加えられてきましたよね。結局のところ、あなたが自由意志と思っているものは、大きな自己が計画したものであって、3次元のあなたは、その計画を具体的に体験する(刈り取る)のが役割なのです。だから、あれこれジタバタせずに、もっと完全に宇宙を信頼して、エゴに基づく波動を根本から手放しなさい。未来への期待、不安、過去の反省、反復など、すべて捨てなさい。3次元現象のアップダウンにいちいち振り回されないこと。常にマクロの視点で、あなたの中心と繋がっていてください。何か困ったことがあると思っても、必要なアイデア、あなたのなすべきアクションは、必ず下りてきます。今までもそうだったでしょう? 我々のグループは、新しい地球(ガイア)への移行と新しい世界の運営に貢献するよう、ここにいます。あなたは3次元レベルの最前線の拠点です。あなたがそれを志願したからです。いつもみんなで応援していますよ!』
というメッセージを頂きました。囲碁や将棋の格言に「下手の考え休むに似たり」というのがありますが、簡単にいえば、そういうことですね😅
しかし、「新しい地球への移行」とか「世界の運営」とか、いつも話が大き過ぎ~、と思ってしまいます(笑)

★ポータルルーム(3日目午前のセッション)

ポータルルームというのは、好きな過去や未来に移行して、まるでその世界に実在しているような体験(例えば「本能寺の変」の現場とか)ができる、という便利な仕組みです。人によっては、自分の過去世など、リアルに体験できるようです。私の場合、「ホントにリアルだ」と感激することは少なく、また、見てみたいような場面も思いつかなかったので、今回の人生のなかで、一度だけ経験したニルヴァーナ的な体験・波動状態(詳しくお知りになりたい方は、末尾記載ブログの「むかし話/天国」をご参照ください)を再現してみようと思いました。

あのエネルギー状態を本当に再現できるかな、と半信半疑だったのですが、ポータルのスイッチを入れた途端、肉体にものすごいエネルギーが流れて、ベッドに横たわっていた体が電気ショックを受けたように飛び上がりました。これには驚きましたが、感情体やメンタル体には何の反応もなく、全く冷静だったので、その状態のまま、光のトンネルを上方に抜けるイメージで「一息法」を何度か続けて使ったところ、「全く同じ」とまではいきませんでしたが、かなり近い状態に到達することができました。
プログラムを深く体験するためのスイッチが入ったような感じです。

★ETコンタクト(3日目の夜の瞑想)

リユニオンでは、野外でメンバー全員が瞑想状態になって、ETを招待し、コンタクトを試みる、というセッションがあります。今回は残念ながら雨のため、室内で輪になって瞑想することになりました。結果的にはこれが良かったのかもしれません。

輪になって瞑想を始めると、参加者全員が、大きなエネルギーに覆われているような気がします。ドームのなかとか、宇宙船のなかとか、その場がまるごと別次元に移行したかのようで、柔らかいエネルギーに包まれています。まもなく別次元の存在からメッセージが下りてきました。

「ゼータレチクルの種族を代表してご挨拶します。皆さんとお会いできることをうれしく思います。愛と友情を送ります。また、我々以外の多くの存在たちもここにいます。いまは物理的なコンタクトができませんが、いずれお会いできる日を楽しみにしています。」
チャネリングを翻訳するとこんな意味でしょうか。時間にして4,5分でしたが、非常に大きなエネルギーを感じました。参加者の多くが似たような印象を持っていたようで、なかには、グレイの顔をみたとか、印象が浮かんだという方もおられました。
因みに、「ゼータレチクル」というのは、通称グレイのことです。ヒューマノイドと同じように、意識を入れる器として、いろいろな宇宙種族が使用しているボディで、バシャールもゼータレチクルです(詳しく知りたい方は、リサ・ロイヤルの「プリズムオブリラ」や「バシャールシリーズ」をお読みください)。

3次元で実際にコンタクトすることを目的にしたセッションですが、彼らによれば、時期尚早ということで、この日は「密」なエネルギー的コンタクトをしてきたようです。
しかし、考えてみれば、宇宙の存在は、物質的であれ、非物質であれ、すべてエネルギーでできているので、写真に撮ったり、目撃したりするより、より直接的な体験といえるのかもしれません😁


4日目の午前中は、3本のプログラムが用意されていました。1本目はフォーカス49フリーフローでしたが、「何もやらなくてよい。ゆっくりしていなさい。」という指示で、クリックアウトはしませんが、ヒーリングエネルギーに包まれてまったりと過ごします。

★銀河系コアとクラスターカウンシル(4日目午前の2本目)

銀河の中心部を訪れて、近くにあるスターゲートを観察し、その役割を調べる、というセッションです。ヘミシンクのガイダンスで、スターゲートの役割は何かを調べましょう、ということだったので、過去、何回もデートを通過したことはありますが、クラスターカウンシル(自分の属する意識集団を統括する評議会)に改めてその意義を聞いてみたところ、「地球(ガイア)がスターゲートをくぐるのだ」という意外な答え。
ガイアが物質的なエネルギーやその環境で育む生命体も含めて、スターゲートを超えるというのは、いったいどういうことになるのか?

Q.「何が起こるのか、全く想像できません」
A.「ガイアがスターゲートを超えることをあなた方は『アセンション』と呼んでいる。3次元的な頭で考えてもキャパを超えており無駄。心配することはない。百聞は一見に如かずだ。このために、あなたはそこにいる。」
Q.「不要なエネルギーを削ぎ落す、というようなイメージですか?」
A.「存在するエネルギーが消滅することはない。組み換え、という言葉のほうが近い。」

そりゃそうですね。すべては意味があって存在しているので、不要なエネルギーなどありません。改めて気付かされ、妙に感動します。そういえばバシャールが「針の目」を通るとかいっていたなぁ。
一体、いつ、何が起こるのか、期待が膨らみます💛

★スターゲートを超えて(4日目午前の3本目)

セッションが始まるや否や、膨大なエネルギーが電流のように体を貫きます。えっ、何が始まったの?? 続いて、一瞬で大きな「愛」のエネルギーに包まれ、全身全霊が大感動の嵐状態となってしまい、涙がボロボロ、ハナミズがジュルジュル。何だ、こりゃ~!!!

Q.「何が起こっているのですか?」
A.「これからガイアとともにスターゲートを超えるのだ」
Q.「いや、あの、そんなこと、わたくしにはとても・・・・」
A.「あなたひとりでやるわけではない。多くの仲間がいるではないか。」

瞬間的に今回の参加者、過去の参加者、エネルギー的に繋がっているすべての人、存在、また5次元以上の支援者たち、そして昨晩のゼータレチクルたち。次々とイメージが浮かび、それらすべての存在と、愛のエネルギーでつながります。そのたびに、愛の波動が強まり、ボロボロ、グシャグシャの波が押し寄せます。

Q.「いや、ヒック、皆さんの、ズルッ、許可を、グエッ、もらってませんが、ズルズル・・・・」
A.「すべての存在が本質的な部分、潜在意識でガイアのアセンションに同意している。心配はない。」
ビエーン😢😢😢

冷静に読まれている方は、「この人、大丈夫かな?」と思われるかもしれませんが、言葉だけでは、このエネルギーをそのままお伝えできないのが本当に残念です😩
そのうち、こういうエネルギーを直接、転写することができるようになると思います!(3次元的テクノロジーではなく、意識の使い方で😇)
そしてセッションが終わるころには、「安心しなさい。ガイアは無事ゲートを超えました。」とのお言葉が。

言葉の表現や概念、理論ではなく、現実に「愛において、すべては一つ」なんですね!
愛がこんなにもパワフルで、リアルで、あらゆる壁を乗り越えて一つになるパワーであることを実感できました!!
このような体験をさせていただき、感謝以外のなにものでもありません😢😢

★ETコンタクト(4日目の夜の瞑想)

この日も雨模様だったので、室内で輪になって瞑想を行います。
肩や背中を非物質存在にさすられて、愛の波動でボロボロに崩壊された方、ガイアの精霊や生命体から感謝のエネルギーを受け取られた方、ガイアのアセンションについての祝福メッセージを受け取った方など、参加者それぞれがいろいろな体験をされていました。同じようなエネルギー、「いま、ここ」を共有できて、本当にうれしく思いました🤩

一宮の浜辺でのセッションも良いのですが、現在の波動状態においては、内面に入って集中する今回の形式のほうが、よりコンタクトが密接になるのかもしれません。

翌朝、参加者の方に教えてもらったのですが、プログラム4日目はマヤ暦では「時間のない日」だったそうです。もともと5月開催予定のリユニオンでしたが、コロナ影響もあってこの日程に延期され、縁のあるメンバーが集まったのですね。
「偶然ではなく、すべて計画なんだよね~♪」と意見が一致しました!

★後日談

5月の日程では参加できないはずだったのが、延期されたのでリユニオンへの参加が叶いました。リユニオンに行くまでは、今年のプログラムはこれでおしまい、という予定だったのですが、「8月開催の「地球外の友人とつながるセミナー」にも参加したらどう?」とハイヤーセルフから言われ、「いや、もう地球外の皆さんとは必要があればコンタクトしているし、場合によっては援助してもらえると確信しているので・・・・」と駄々をこねると、「今回もそうだったように、思わぬお土産があるかも」と言われ、「餌につられて善光寺参り」と、すぐに申し込みました。(現在は締切り😩)

坂本さん、達蔵さん、文さんはじめ、参加者の皆さんには大変お世話になりました。今回の人生のなかで忘れがたいプログラムとなりました。
わたくしの場合、モンロー研のプログラムに参加すると、セッション毎の個々の体験もさることながら、セミナー全体を通じたテーマがあり、それに沿ったいろいろな体験を重ねることが多いようです。
そして今回のテーマは、ガイアのアセンションと愛でした😍
改めて皆さまに御礼申し上げます。

なお、文中に記載したブログは
https://gaiatabibito.com/
です。昨年から始めたばかりで、月に1,2回しか更新できていませんが、お暇とご興味のある方は、覗いてみてください。
                                       (おしまい)



コメント(4)
ユーザーアイコン

Mas

ガイアの旅人さん

体験シェア、ありがとうございます。
ガイアごとスターゲイトを超えるのがアセンションだというのは、本当に驚きました。
思わず「いがいや!」って言ってしまいましたね。
「プロのミディアムが教える!地球外の友人とつながるセミナー」で、またお会いできることを楽しみにしています。

2020年8月 2日 10:25

ユーザーアイコン

aya

体験シェア、ありがとうございます♪
読んで改めて、愛だなぁ・・・ほんとにすべて愛だなぁ・・・と、じわ~っときました。
地球のアセンション、エリさんも体験シェアに書いてくれてましたが、今はそのことに尽きるようですね。集まってくれているETのみなさんの盛り上がりもすごかったです。
今このときに、このプログラムでこういうワーク、計画ってなんてうまくできてるのでしょう・・・過去や未来に注意散漫にならずに、ちゃんと今ここにいなきゃ(;^_^Aと思いました。
8月のセミナー、今度はどんな展開に?
シェア楽しみにしてま~す(*^-^*)

2020年8月 2日 11:16

ユーザーアイコン

エリ

ETコンタクトのシェアは、言葉にしようとするとすごく難しいですよね。
さすがセンパイ‼︎
またご一緒できますように^_^

2020年8月 2日 15:52

ユーザーアイコン

Mas

エリさん

今回は、素晴らしいセンパイたちで、マンパイでしたね。

2020年8月 2日 16:14

TOP