AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

アクアヴィジョン・タイムズAquavision Times

アクアヴィジョン・タイムズ

新☆アクアヴィジョン・タイムズ VOL.034

2020年7月30日 05:04

カテゴリ:新アクアヴィジョン・タイムズ

2020年7月

第15回 エクスプロレーション27

 

. 

 

x27_2020.jpg

 

みなさん、こんにちは。

「新☆アクアヴィジョン・タイムズ」です。

今号は、7月3日~7月8日に開催された「第15回 エクスプロレーション27(X27)」のレポートです。

会場は、女神の森 ホリスティックセンター/ルラシュ(八ヶ岳南麓、小淵沢)

 

今年で15回目の開催となるエクスプロレーション27。

このプログラムでは、フォーカス27を集中的に探索し、フォーカス27のさまざまな機能について学びます。

そして、「地球コア」を訪れて人類意識と地球との結びつきを強くし、さらに、モンローが「大集合(ギャザリング)」と呼んだフォーカス34/35のエネルギーを体験する、壮大な冒険の一週間(5泊6日)。

 

担当トレーナーは、坂本 政道(Mas)尾方 文(Aya)の2人でした。

Mas、Ayaの報告の後、参加者の方々の体験談が掲載されています。

最後まで、どうぞお楽しみください。

新☆アクアヴィジョン・タイムズ編集部

 

【1】久々にルラシュで開催 エクスプロレーション27(坂本:Mas)

【2】喜びのエネルギー(尾方:Aya)

【3】参加者体験談(アンケート抜粋)

【4】編集後記

 

以下の続きを読む をクリックしてお楽しみください。

 

 

 

 

 

【1】久々にルラシュで開催 エクスプロレーション27(坂本:Mas)

 

x27_2020_001.jpg

 

 

エクスプロレーション27(略称X27)を山梨県小淵沢のルラシュで開催しました。

今回は可能な限りのコロナウイルス対策を取っての開催となりました。

 

さて、X27には次のメインテーマがあります。

 

1.フォーカス27の機能(輪廻をサポートする機能、地球全体の計画に関わる機能など)について徹底的に調べる。

2.地球コアとつながる。

3.フォーカス34/35を探索し、そこに集結している地球外生命体とコンタクトする。自分のI/Thereについてより深く知る。

 

このテーマにそってヘミシンクのエクササイズが作られていて、体験を進めていきます。

その中で、自分が今回生まれてくる前に立てた計画を知ったり、自分と関係の深い地球外生命体と遭遇したりします。

 

実は、裏テーマというか、隠れたテーマがもう一つあり、人によってはそれがクローズアップされる場合もあります。

それは愛についてです。

このプログラムは愛に溢れていると言われる方が意外に多いのです。

今回も特に最後のエクササイズでそれがピークに達し、素晴らしい体験でプログラムを締めくくる人もいらっしゃいました。

 

参加されたみなさん、ありがとうございました。

坂本 政道(Mas

 

 

【2】喜びのエネルギー(尾方:Aya)

 

x27_2020_002.jpg

 

 

このタイミングでこのプログラム「エクスプロレーション27」が開催されることは、とても意味のあることなんだろうなと思っていました。

 

というのは、2009年にこのプログラムに参加したとき、フランシーンが「私達は愛において1つであることを実感する…地球への奉仕のプログラムです」と言っていたからです。

 

新型コロナウィルス流行によって、自然と共生する大切さについて改めて気づかされたこのタイミングで、地球への奉仕・・・何ができるのかわからないけれど、できるかぎり貢献したいなという気持ちでした。

 

ちょうどバシャールが、8月がアセンションの分岐点と言っていることもあって、今何が必要なのかな?ということも気になっていました。

 

さて、プログラムが始まってみると、参加者のみなさんの体験や、これまでの人生のお話などにびっくりしたり、坂本さんのダジャレに笑ったり・・・しているうちに、あっという間に5泊6日が過ぎてしまいました。

 

久しぶりに家族以外の人とこんなに話したな~、久しぶりにこんなに笑ったな~と思いました。気楽に笑って過ごしていられたら、それが何よりだなーと、しみじみ思ったり。。。

 

そして小淵沢の自然の中にいることで、木や土や葉っぱや花や、虫や鳥や動物や、雨、風、太陽の光、空、雲、月などの生命力を、とてもリアルに感じました。

 

うわぁ全てが生きてる!と驚きつつ、そんなに生命力が周りに溢れているのに、日頃あまり意識してなかったことに逆に驚いたりも・・・。

 

そういえば、フォーカス27の状態で、モノや自然と会話してみるというエクササイズがあり、私たちが笑ったり楽しそうにしていると、周りのモノや自然も喜んでくれているのがわかったというシェアがありました。

そんなふうにご機嫌な状態でいることが、何より地球への奉仕なのだな~と思いました。

 

このときのいい状態を、日常でもなるべく保ちたいです(;^ω^)

ご一緒してくださったみなさん、感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。

尾方 文(Aya)

 

x27_2020_005.jpg

 

【3】参加者体験談(アンケート抜粋)

 

セミナーの最終日に書いていただく、参加者アンケートから。

体験談をいくつか掲載します。読みやすいように多少手を加えさせていただいていますが、生の声です。

それでは、お楽しみください。

 

◆◇◆

 

・7月7日の仕上げのセッションがとても良かったです。

愛につつまれて、自分も愛あふれる人になれたと思います。

肉体のつながり(先祖)や、精神のつながり(ガイド、I/There)全てにおいて、感謝の気持ちがあふれてきました。

Have Fun:楽しむ(ファンになってもらえるほどステキになる、ファンで愛をハブ空港から送る)

・コロナでしたが、開催してくださったことに感謝致します。

・5年ぶりの参加でしたが来て良かったですし、みなさんに会えて良かったです。

ありがとうございました。

 

x27_2020_003.jpg

 

・今後、激変していく社会・時代において、意識をどのような方向に向け続ければよいのか把握できた。

・上の見えない存在とのコンタクトは苦手だったが、確実に存在していて100%答えてくれるという体験をし、最後は「自分は常にどこでも見守られている」という体験をした。

・モンロー研F27に行って、そこから各世界に行く、また最後にある「すごいエネルギー」を地球のコアに埋め込むなど実によくできた構成になっていると思った。

・密教と非常に密接な関係にあると思いました。

・坂本さん、あやさん、テルミさん、お世話になりました。

お陰様でとても深く創造的な体験をすることが出来ました。

 

x27_2020_004.jpg

 

・自分の作ったスペシャルプレイスをどんな建物か知らせない状態で訪れて頂き、後のミーティングで答え合わせを行うセッションがあった。

うちお二人が完全に正解だったのでビックリそしてとても嬉しかった。

さらに別の方が、自分が以前に作ってほったらかしにしていた別のスペシャルプレイスを答えたので、それもまた驚き!

・実はメンタルぼろぼろの状態で参加を迷っていましたが、坂本先生、トレーナー、参加者さん、小淵沢のエネルギーを一週間チャージされ、とても元気になりました。

 

x27_2020_006.jpg

 

・F34/35で、宇宙人らしき、カネゴンの親分のガマガエルのような人?に会ったこと。

・地球のコアに行ったこと。

・F27の自分の家に行ったとき、亡くなった身内の者がお留守番をしながら住んでいるようで、とても嬉しかった。

・5日目のお昼休みに、6〜7人でお散歩に行ったことがとても楽しい思い出になりました。

 

・ヘミシンクのやり方・聴き方について、これでいいんだという感じがする。

・主人との関係が分かったような。で、心の変化と目標。

・最後、神が私たちを思う気持ち、どのような感じでみているかが体験できた。

・ありがとうございました。

 

x27_2020_007.jpg

 

・今回はほとんどが顔見知りで、初めての方も初めてと思えない親近感があり、最初からとても和んだ感じで参加することができました。

・EX27は9年前に一度受けての再受講だったが、こんなにF34・35が深いところだったとは!

・ガイド(今回のEX27専任?は天使だった♪)から、タイムリーなメッセージをもらい、忘れずに意識するように!と何度か言われた(よく忘れてしまうので(^_^;))

・参加者のみなさんとの会話も大変たのしく、今回は魔女歴(!?)のある人が何人もいるらしい、という話も出た♪

・初日にあやさんから「フランシーンが『すべてを愛するプログラム』と言っている」と聞いたのもあってか、あるセッションでF34・35に行ったときに愛のエネルギーに満ち溢れていて、メンバー全員でそのエネルギーに浸って立ち尽くしていて、しばらく動けないくらいだった、ということがあった。

・ずっと穏やかで楽しいエネルギーの中で楽しく過ごすことができ、また小淵沢のエネルギーもとても気持ちよくて、いつもに増して去りがたかったです。

・坂本さん、あやさん、てるみさん、参加者のみなさま、ありがとうございました!

 

 

 

x27_2020_008.jpg

 

 

 

【編集後記】

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

壮大なスケールのエクスプロレーション27・プログラムだけあって、参加者の皆さんはみな興味深い体験ができて大満足だったようです。

今回の体験をしっかりと消化して、次のプログラムに進んでいただければと思います!

 

というわけで、次回の発行予定は、2020/7/22(水)~27(月) 第4回 スターラインズ・リユニオン(女神の森ホリスティックセンター/ルラシュ@八ヶ岳南麓、小淵沢)をお届けします。

 

それでは、次号をお楽しみに。

 

 

◆モンロー研究所プログラムのスケジュールはこちら⇒

 

 

TOP