AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME Mas日記 記事

Mas日記Diary

Mas日記

ゲートウェイ・ヴォエッジつづき

2011年10月13日 00:28

今日は水曜日、朝から雨が降っています。

昨日、所長のスキップ・アットウォーターによるヘミシンクの説明と研究棟のツアーがありました。

その際、初めて聞いたことがふたつありました。

その一つ目。モンロー研のロゴについて。

渦巻きの中から人が出てくる形のロゴは、一部で体脱マークと呼ばれているので、
みな、これは体脱する様子をロゴにしたのだろうと考えがちですが、間違えだそうです。

モンローの三冊目、「究極の旅」に、輪廻から脱出するのには、脱出スピードに達する必要があるという譬え話が出てきます。

モンロー研のプログラム参加者の中に、それをイラストにした人がいました。その人は3つのイラストを描き、モンローに見せたそうです。その中の一つがこれで、モンローがそれをロゴに採用したということです。

初めて聞いた話の二つ目は、アファメーションの最初の文。
「私は肉体を超える存在です」について。

この意味するところをみな誤解してるとスキップは言いました。

通常はこれは、肉体だけではなく非物質の世界まで自分は広がっているんだ、という意味にとらえますが、そうではなく、

「自分が会ったすべての人、家族、これから会うすべての人は、自分なんだ」
という意味だということです。

これについては、YouTubeで実際にモンローが話している姿が見れるそうです。

more than my phsycal body

単に広がっているというだけではなく、もっと大きな意味だったということです。
TOP