AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME Mas日記 記事

Mas日記Diary

Mas日記

ロックギターソロとエンドルフィン

2017年4月13日 16:02

通常、瞑想というと、静かな環境で、座るか、横になるかして、体を動かさずに、心を静めていきます。

そういうふうにすることで、深い意識へと入ります。

ただ、伝統的には、それと正反対の方法も実践されています。

たとえば、単調なドラムの音に合わせて体を動かしていき、トランス状態へと入る方法です。世界各地のシャーマンが実践しています。

私は学生時代にロックが大好きで、とくにギターソロがたまらなく好きでした。

曲に合わせて体が勝手に動いていくのですが、ともかく気持ちがいいのです。たぶん、エンドルフィンが出まくってたんだと思います。

そのときはわかってなかったのですが、たぶんいくつもの過去世でシャーマンをやっていたようです。

前に『ヴィジョン・クエスト』というメタミュージックを聴いていたら、赤い大地で槍を持って飛び跳ねている過去世が思い出されました。

好きなロックソロの曲として、この前、ピンク・フロイドのMaroonedを紹介しましたが、他にもいくつもあります。
(みな1960年台から70年台の曲で古くてすみません。いまだにこういう時代に生きている?)

たとえば、クリームのCrossroadsとWhite Room。エリック・クラプトンのソロが聴かせます。

Crossroads
White Room

あるいは、レッド・ゼッペリンのStairway to Heaven。

Stairway to Heaven

ジミー・ペイジのソロが6分15秒ぐらいから始まります。

エリック・クラプトンとジミー・ペイジと来ると、次は三大ギタリストの残り一人、ジェフ・ベックと来るはずですが、彼の曲はほとんど知りません。

他には、ロリー・ギャラガーとか、ディープ・パープルのリッチ-・ブラックモアとか、聴いてるとトランスに入りやすい曲が多いです。

Rory Gallagher

ま、こういうのは趣味の話しなので、個人差が大きく、良いと思わない人はまったくだめでしょうが。

今度、こういう感じの体を動かすことでトランスに入ってゆくシャーマン系のセミナーをぜひやってみたいですね。







TOP