AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME Mas日記 記事

Mas日記Diary

Mas日記

30年前

2017年5月15日 18:57

30年前の1987年5月16日は、思いで深い日です。

実は、アメリカに移住するために成田をたった日なんです。

そこまでの経緯は何回か本に書いたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。簡単に書くとこんな感じです。

1986年の10月に池袋であったレーザー関連の展示会で、アメリカのベンチャー企業の研究者が講演をしました。

ちょうど私が開発していた高出力半導体レーザーのライバル会社の発表だったので、講演の後、研究者に会い、質問をしました。

そして、ソニーの方に見学に来ないかと誘ったところ、快諾してくれました。

当日、新橋まで迎えに行くと、その会社の社長もいっしょに行きたいということで、ふたりを厚木までお連れしました。

開発現場や生産ラインなど、見せてOKの部分をお見せすると、社長が「アメリカで働く気はないか」と聞いてきました。

私はその5年前の1980年から81年までトロント大学の修士課程に留学して、向こうでの生活が水を得た魚的な感じがしていたので、興味があると答えました。

決める前に一度見に来ないかということで、12月になって、ソニーにはないしょで、週末にシリコンバレーにあるその会社を見に行きました。

そこですっかり気に入り、働きたい旨を伝えました。

その後、ビザを取るまでに時間がかかり、3月末になって、やっとビザがとれたという連絡があり、上司に退職する旨を伝え、5月9日付で退職しました。

そして、5月16日に成田をたち、同日の午前10時ごろにサンフランシスコ空港に着きました。

空港には社長が出迎えに来ていて、その車でパロアルトに会社が借りてくれた家に行きました。

18日から新しい会社での仕事が始まりました。

1987.jpg社員50名ほどのベンチャーで、新しいものを作りだすんだというエネルギーに満ちあふれた会社でした。

Spectra Diode Labsという名前です。後で社名をSDL,Inc.に変えてます。

親戚からは、なんでソニーを辞めて、そんな50名しかいないベンチャーなんかに行くんだと言われました。つぶれたら、どうするんだと。

ただ、私としては、そういうことはあんまり心配しませんでした。それよりも、面白そうという気持ちの方が圧倒的に強かったと思います。

33歳で、まだ若かったし。




TOP