AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • YouTube
  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

「2021年9月」の一覧

ニックネーム : ヨッシ-改め戒名

2020年5月から続くユ-ロ高に苦しみ、FX戦況好転のため2021年に「お金のセミナ-」part1,2を受講しました。「インナ-チャイルドを癒す」セッションでは、坊主頭&学ランの少年に出会いました。この哀れな少年に何もしてあげられず悲しかったので、帰宅後もF15音源で過去の自分を訪ねて説教を垂れてるうち、下記の通り戦況好転の糸口を掴みました。FX戦況悪化に迫られて救出活動やら神頼みに励んだのですが、思いがけず「時空の本質」に迫ることが出来て驚いています。ヘミシンクは奥が深いですね。

1.銀河鉄道999
ヘミシンクを用いた救出活動はFX戦況好転に一定の効果が認められ、殆ど私の日課となっていました。上記のタイムトラベル妄想に慣れた頃、ヘミシンク中にI-THERE司令部から往年の名作アニメ「銀河鉄道999」を用いて福知山線脱線事故現場に行き、被災者を救出せよとの要請が来た。気乗りしなかったが、やってみると999号は下記の通り優れた救出ツ-ルだった。
・1回で1000人以上救出できる
・被災者のすぐ近くまでアクセスできる。
・捜索せずとも被災者が勝手に寄ってくる。
・不可視のレ-ルを走行してると思えば、列車が空を舞ってるのもさほど奇妙ではない。
他にも様々な現場で救出活動したが、10万人が亡くなったという東京大空襲は被災者
を救出し尽くすのはムリそうだった。

2.東京慰霊堂
その頃はFX戦況好転のため、週末に神社仏閣・パワ-スポットを巡っていたが御利益見られず、心霊スポットも巡礼しようと検討していたので、関東大震災・東京大空襲の犠牲者を祀る東京慰霊堂を参拝し絵馬を奉納した。我がFX口座は証拠金維持率180%を切る戦況悪化であり、怖がってる場合でなかった。
その晩、怖ろしい悪夢を見た。仕事中に外国為替相場が大変動し、我がFX口座が
証拠金維持率150%を切り、強制ロスカットとなる夢だった。職場に故人が登場する気味悪さだった。

3.戦闘再開
あまりの恐ろしさに翌日、強制ロスカット水準を確認してみたら150%ではなく、50%と判明した。そういえば証拠金維持率180%を切ってもマ-ジンコ-ル(追加証拠金請求)など来なかった。相場人生3年目にして知った真実に拍子抜けした。証拠金維持率50%に近づくほどユ-ロが噴き上がる気配はないので、10月振りに売りトレ-ドを再開し相場下落時もしっかり稼いだ。

4.天啓?
2021年6月4日は天安門事件32周年と報じらていた。命日での救出活動の御利益を測定するため、ヘミシンクCD(F34//35)を聴き999で1989年6月5日午後の天安門広場に降り立ち、犠牲者を救出してみた。権力闘争の敗者を悼む気持ちはなかったが、FX戦況悪化著しく、選り好みしてる場合ではなかった。

日常生活で変わったことは何もなかったが、翌日(6/5)「都電荒川線に乗れば相場運が回復するでのはないか」とのアイデアが唐突に閃いた。都電荒川線を10年以上利用していたが、勤務地移転に伴い1年以上利用してなかった。その期間はユ-ロ爆上げでFX戦況が悪化し続けた時期でもあった。もちろん私の都電利用とユ-ロ円相場に因果関係はないが、下記6.の通り考えて早速実行した。

5.潮目が変わった!
その頃は銀行アナリストまでがヒステリックに「ユ-ロは135円を越えて更に上昇する!」と主張しており、ユ-ロ続伸予想が支配的マスコミ論調だった。しかし、その週は不思議と134円台から132円50銭まで下落。次の週からはマスコミ論調も豹変、ユ-ロ下落説が主流となり、一時は127円台まで下落した。狐につままれたかのような展開であった。2021年9月現在もマスコミ論調の主流はユ-ロ下落説である。

6.相場の潮目を変える法?
都電荒川線を利用してなぜ、ユ-ロ円相場が豹変したのか、私は以下の通り考える。現在は迷信とされている「風水」「方違え」に近い考え方かもしれない。
(1)運命のレ-ルはない
相場と向き合い、確信していた予想が次々ハズれるのを目の当たりにすると、有り得ない未来はないと知った。おそらく未来には無数のシナリオがあり、どのシナリオが実現するか誰にも分らないのであろう。漠然と信じていた「運命のレ-ル」は幻だった。映画「あなたの死後にご用心」ラストシ-ンが何を象徴しているのか、ようやく理解できた。

(2)身を置く環境で変わる未来?
どのシナリオが実現するかは、その人が身を置く環境が影響するのではないだろうか。
古い住宅地と霊園ばかりの都電荒川線沿線は、パワ-スポットとは思えない。都電荒川線で通勤するようになって心霊体験するようになったので、どちらかといえば失礼ながら心霊ゾ-ンだと私は思う。都電荒川線で通勤してた時代は、そのショボくれた沿線風景に似つかわしい、相場が低迷し高頻度で円高に崩れる未来が引寄せられたのだと思う。

(3)神田明神の怪
勤務地移転で都電を利用しなくなったのと軌を一にして、ユ-ロ等米ドル以外の外貨が
噴き上がった。これは、低迷相場の未来が引寄せられなくなったと考えれば、辻褄が合う。

新しい勤務地の近くには神田明神がましますので、月に1,2回出勤する都度、参拝してユ-ロ暴落を祈願した。でも出勤日は必ずユ-ロが噴き上がり、あまりの御利益の無さに呆れ果てたものだ。おそらく神田明神には上昇方向の御利益しかないのだろう。もし祈るなら「ユ-ロ暴落」ではなく、「円高になりますように」と祈るべきだったと思う。
合掌



コメント(0)
TOP