AQUAVISION ACADEMY - アクアヴィジョン・アカデミー -

  • お問い合わせ

03-6804-2001(月火・木金 10:00~17:00)

HOME 体験シェアルーム ETコンタクト・コース

体験シェアルームShared Room

体験シェアルーム

体験シェアルームは、アクアヴィジョン・アカデミーのヘミシンク・セミナーに参加したときの、体験や気づきや、その後の日常生活を通したさまざまな出来事や気づきなどを、発表したり語り合ったり、シェアするための集いの場です。投稿された記事に対して、コメントを投稿することができます。皆さん、どしどし投稿してください。
セミナー会員」であれば、だれでも記事およびコメントを投稿することができます。まだの方は会員登録をお願いします。 初めて投稿するときには、「体験シェアルーム 利用ガイド・利用ルール」に同意していただきます。

「ETコンタクト・コース」の一覧

ニックネーム : ユー

 『新バシャール・コース』に引き続き、11月19日に福井で開催された『ETコンタクト・コース』に参加してきました。このコースは今回2回目の参加です。前回の『ETコンタクト・コース』では、「変身能力をもったかわいい翼竜」に母星に連れていてもらいましたが、今回は違う宇宙人にアンドロメダ銀河に連れて行ってもらいました。また前回のコースでは、幼少期にETにアブダクション(誘拐)された体験を思い出しましたが、今回はその背景をみせてもらいました。今回のセミナーは前回の衝撃体験とは趣が異なりましたが、とても興味深い体験ができました。今回のセミナーでの主な体験を記します。

1.【セッション1.宇宙ステーション内でETと会う】では、トンボの顔をした人型のETに会いました。アンドロメダ銀河から来たということだったので、母星を見せてもらうことにしました。小型宇宙船で2回ワープして着いた星は、メルヘンチックな緑の星でした。その星を案内してもらった後、メッセージを頼んだら、「自然に親しみ、自然を楽しみなさい。それが共鳴につながっていく。」というメッセージをいただきました。アセンションを目指して歩んでいる自分達にピッタリのメッセージであると思いました。

2.そして、やはりこのセミナーのメイン・イベントは、【セッション3.過去のETとの遭遇体験を思い出す】です。前回のセミナーでは、幼少期にETにアブダクション(誘拐)された体験、吊り輪をしている時にUFOを目撃し落下した体験、山の斜面で昆虫採集をしているときにUFOを目撃し斜面をころがり落ちた体験を思い出しました。
 今回はこれら以外の遭遇体験を思い出したいと意図しました。すると、長い時間暗闇しか見えず、その後ようやく物体が見えてきました。その物体とは・・・果物の「梨」・・・・・・ということで、前回の遭遇体験以外には遭遇していないことが判明しました。
 そこで、前回ETに誘拐された体験では、生まれる前にぼくとETとの間で合意ができていたということだぅたので、合意したときの場面を見せてもらうことにしました。すると、暗闇に多数の白いマルとそれをつなぐ白い線でできた大きなネットワークがみえ、いくつかの白いマルが点滅している光景が見えてきました。これはどういうことかとガイドに聞いたところ、これがぼくのI/Thereで、今のぼく自身ではなく、高次の自分が合意したということでした。
 「そうなんだー」と思いつつも、「ちゃんと言ってよねー」とか「ちゃんと今の自分の許可をとってよねー」との思いもあり、割り切れない思いであった。

 ETには会ってみたいと思う反面、実際に会ったら怖いだろうなーという気持ちも捨てきれないでいるが、今回のようなワークを受けるとETが少し身近に感じられるようになった気がします。その点で、非常に有意義なワークであったと思います。昨日に引き続きご一緒させていただいた仲間達、新・坂本さん、新・SONOさん、ありがとうございました。


コメント(4)

ニックネーム : チロてん

 先週末、12/11に札幌 Jade bridge で開催された「ETコンタクト・コース」に参加しました。

 当日はこの時期にしては珍しい大雪で、交通機関が乱れて大変な日でしたが、幸い、坂本さんの到着が少し遅れた程度で、セミナーには大きな影響はなく無事に開催されました。

 坂本さん、早朝からの移動、お疲れさまです。飛行機が飛んでくれて良かったです。キミさん、参加者の皆さん、どうもお世話になりました。ありがとうございます。

 私は、あまりETにも星座にも詳しくなく、UFOを見た経験も(顕在意識の上では)なかったので、ET初体験のつもりで参加しましたが、「過去のETとの遭遇体験を思い出す」セッションで、「3~4歳の頃に、当時住んでいた家で、窓から入ってきた強いオレンジ色の光に包まれた」体験を思い出し、自分でもちょっとびっくりです。実際その時にETに会ったのかどうかまでは、ハッキリとは分かりませんでしたが、何かあったのでしょう。

 ちなみに、翌日の「新バシャール・コース」で、バシャールに、ETとの遭遇体験について聞いてみたところ「過去に3回ある」とのこと。

 「宇宙ステーション内でETと会う」と「宇宙船に登場する」のセッションでは、いずれもグレイみたい(ETに詳しくないので、自信ありませんが)なETに会いました。テレビか何かの影響で「グレイは人を誘拐するから怖いらしい」と思っていたこともあり、恐怖心が先立ってしまったからか、残念ながらコミュニケーションは上手く取れませんでした。

 しかし、直接?会った印象では、どことなくモモンガに似たかわいらしい感じで、宇宙船内の面会室まで、優しく手を引いて案内してくれて、怖い印象は全くありませんでした。

 自分がグレイに関係があるとは、これまた予想外でした。今回、学んだ方法を使って、体験を深められたらと思います。

 他の参加者やキミさんC1でのUFO遭遇体験談も、大変興味深く聞かせていただきました。

 前日の(職場の)忘年会の影響もあり、最初の方のセッションは半分寝てしまいましたが、それなりに新たな体験もあり、結果的には収穫が多い楽しい一日でした。

 みなさん、どうもありがとうございます。


コメント(1)

ニックネーム : ユー

 『新コスミック・ヴィジョン・コース』に引き続き、10月30日に福井で開催された『ETコンタクト・コース』に参加してきました。このコースが発表された時から、何としてでも参加しなければならないと感じていましたが、実際に参加してみてその理由が分かりました。唖然とするほどの驚くべき理由でした。
 まず【セッション1.宇宙ステーション内でETと会う】では変身能力をもったかわいい翼竜と出会いました。そして、彼らの住む星に案内してもらい、暮らし方や食事、考え方などを教えてもらいました。彼らの星では重力の中心が移動しており、上から下に落ちていた滝が真横になったり、斜めになったり、逆さまになったりしていました。ここでの経験からETに対する恐れが軽減し、また地球と異なった環境をみることによって自分の信念が緩和したように感じました。大満足の30分間でした。この出会いをセッティングしてくれたガイド、ヘルパーに感謝、感謝です。
 そしてその後、本日最大のイベント【セッション3.過去のETとの遭遇体験を思い出す】が待っていました。リサ・ロイヤルによると90%近くの人がすでにETに遭遇しており、このコースをとる人はおそらく全員ETとの遭遇体験がある、という説明を聞き、テンション・マックスでエクササイズに入りました。「ETと遭遇した時間へ続くドア」を開けた瞬間に見えたのは、おそらく3歳くらいの自分でした。京都で家族と一緒に歩いています。自分で言うのもなんですが、なかなかかわいくて利発な顔をしています。その後迷子になり、次の瞬間UFOの中にいました。ぼくの他に子供が2人いて、3人とも怯えきって泣き叫んでいます。ETはグレイの少しかわいいバージョンで小柄であり、4~5人います。ぼくの意識はこの状況を上から見ているのですが、彼らETが戸惑っているようすが伺えます。どうも僕が生前にETのひとり(同じI/There)と約束をしていたようです。地球のアセンションを調査するため僕が地球に生まれ、彼らの調査(地球人の肉体、感情、DNAなどの変化を調べる)に協力するという約束です。そこでETは幼少時のぼくを連れ出し、「久しぶりだね!元気だったかい?」みたいなことを言ったところ、怯えて泣きまくり、ET達が困惑していたようです。その後もETの方から何度もアプローチしていましたが、そのたびに子供たちのパニック度は大きくなり、最後に解放されました。その後、ETの方では方針を変えて、コンタクトできるまで成長するのを見守ろうということになりました。その後2回ぼくは彼らのUFOを目撃し、そのたび毎に大変なことになっていました。1回目は吊り輪をしている時に目撃し、驚いて落下して右腕を骨折しました。2回目は山の斜面で昆虫採集をしているときに目撃し、斜面をかなり長くころがり落ちて、どぶにはまってなんとか助かりました。この2回の失敗の後、UFO側が気を遣って出現しないようにしているみたいです。実はその後、ものすごく大きなUFO型の雲を見ましたが、ガイドによると別のUFOだったとのことです。今回の体験は衝撃でしたが、生前に約束し再会を喜んで出てきたETに悪いことをしたなーと申し訳ない気持ちでいっぱいです。バシャールによると2025年~2033年にETとのオープンコンタクトが起こる可能性が高いということですが、ぼく自身もいつかC1世界で今回のETに会えるような気がしており、楽しみです(今度は泣き叫ばないよう気をつけます)。
 めちゃくちゃ楽しいセミナーでした。坂本さん、SONOさん、(今回は一般参加だった)ヒデさん、参加者の皆さん、ありがとうございました。今回も強力なグループ・エネルギーのおかげでヘミシンク体験を堪能させていただきました。

コメント(2)
TOP